QRコード
QRCODE

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
府中店長
府中店長
オーナーへメッセージ

2020年02月13日

時刻表

 友人にヤフオクで落札して貰った時刻表、当たり前ですが実に色々なことが分かりました。

時刻表

 先ず昭和45年(1970年)当時、山陰本線を走る特急列車が2本もあったことに驚きました。一つは京都と博多を結ぶ特急まつかぜ号、そして新大阪と島根県浜田市を結ぶ特急やくも号です。

 正直な感想、それは「こんな田舎に特急が2本も!?」、これでございました。そして急行列車も【さんべ】【だいせん】【石見】【しんじ】【あきよし】、更には懐かしや寝台急行列車【出雲】、都合6本も走っていたのです。

 この出雲号、島根県浜田市と東京を結んでおりまして、私が学生の頃には特別急行列車に格上げとなっていたと記憶しています。しかし時刻表は面白い、名作『点と線』の安田亮子もかくやと存じた次第。(←何のこっちゃ?と思われた方、読み飛ばして下さいね)

 さて肝心のさんべ号、この時刻表から恐らくこれであろうと推測した乗継がございました。

 当時、石見大田駅を 08:20 に出発した【さんべ1号】は熊本ではなく小倉が終着駅でした。小倉着が 14:00、そして36分待ち合わせると小倉始発で長崎行の【急行いなさ5号】が発車するのです。何と言うドンピシャのタイミング、5時間40分の汽車旅に疲れた引率の先生方はホッと一息つかれたことでありましょう。

 一方で恐らく大半が人生初の汽車旅を迎えた子供達は意気軒高、小倉駅のホームで今や遅しと急行いなさ号を待ち構えたことでしょう。そして終着長崎駅には19時ちょうどに到着、これで50年前の旅程の一角を知ることが出来ました。

 途中小倉駅で36分の待ち合わせが有ったとは言え実に10時間40分の列車旅、修学旅行の楽しさ嬉しさが苦痛を大きく上回ったのだと推測します。今となってはとても無理ですがね。face_02


同じカテゴリー(店長日記)の記事画像
手触りが・・・
太っ腹
一票の権利
『このサイトは安全ではありません』
故障?
明日は我が身?
同じカテゴリー(店長日記)の記事
 男たちの旅路 ”車輪の一歩” (2020-09-20 08:07)
 電子マネー決済 (2020-09-18 08:40)
 ネットワークに接続できません (2020-09-17 08:18)
 手触りが・・・ (2020-09-15 08:38)
 浜の真砂は尽きるとも (2020-09-14 08:48)
 太っ腹 (2020-09-13 07:28)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。