QRコード
QRCODE

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
府中店長
府中店長
オーナーへメッセージ

2018年10月30日

陸くん、君だったか!?

 先日のドラフト会議で広島東洋カープは高校生の内野手四人を指名、従って現在二軍に在籍する内野手の何人かが戦力外通告を受けるのではないかと推測しておりました。

 27歳という年齢から庄司隼人選手では?と心配しておりましたが、10月28日、第2次戦力外通告選手として発表されたのは青木陸選手(20)でありました。同時に仲尾次オスカル投手(27)も、プロの非情さを改めて感じた次第。



 青木選手には思い入れがございました。

 四番打者として長らく低迷期のカープを支えた栗原健太選手が自由契約から楽天へ移籍したのが2015年、この年のドラフトで入団したのが青木選手です。

 栗原選手と同じ天童市出身、栗原選手が惜しまれて去り入れ替わる様に入団した強打の内野手青木選手、「何れ郷土の先輩を超える四番打者へ」と期待したカープファンは少なからず居たはずです。

 二軍での実働僅か3年、若干二十歳の若者、野球を続けるのか新たな道を歩むのか、ともかく青木陸選手の前途に幸あれと祈らずにはいられません。

 来る者あれば去る者あり、プロは厳しいですね。
  


Posted by 府中店長 at 07:51Comments(0)広島東洋カープ

2018年10月29日

二つ、でしたよね?

 9月30日までタバコを買いにコンビニに寄るとメビウスを2箱とコーヒー、これを常としておりました。

 440円×2箱+100円=980円

 千円札でお釣りが20円だったのですが、10月1日のタバコ値上げでこの「千円札でお釣り」の法則が崩れてしまいました。

 480円×2箱+100円=1,060円

 そこで考えました、「これからタバコは1箱ずつ買おう」と。なまじ2箱買うから一日に1箱以上喫ってしまう、無ければ喫えない、経済的にもベター、そう決めてから日本財団の大昔のテレビCM「一日一善」ならぬ「一日一箱」を続けて参りました。

 480円×1箱+100円=580円

 然るに昨朝、6時過ぎに近所のコンビニへ行きますとオーナーの方がレジ前に、やはり深夜のアルバイト募集がままならずご自身がその任に当っていらっしゃるのでしょう。

 「ご苦労様です」と心の中で声を掛け、「メビウスのワンとホットコーヒーを」と申し上げたのですよ。すると「二つ、でしたよね?」と二箱を手に取られレジ打ち、更にコーヒー100円、当たり前ですが「1,060円です」と仰います。

 そうかあ、今月に入ってからお会いしていなかったな。だから以前の様に二箱手に取られたんだな。沢山のお客さんを相手にされながら「この男はメビウス二箱」とインプットしておられたとは商売人の鏡、いや~素晴らしい。それにオーナー故の深夜勤務、ここは微力ながら売り上げに貢献しよう、そう思いました。

 結果、昨日は一箱半喫ってしまいましたとさ。face_02
  


Posted by 府中店長 at 09:30Comments(0)店長日記

2018年10月27日

シリーズ開幕

 今朝の地元紙、番組欄を見ると地上波もBSも日本シリーズの放映無し、『近県のテレビ欄』によると広島ホームテレビのみとなっています。

 広島ホームテレビはテレビ朝日系列、残念ながら島根県にはこの系列のテレビ局はございません。ケーブルテレビに加入すると見られるそうですが、我が家では月々の料金に鑑み、夫婦で未加入を即決した経緯がございます。

 しかし『やっててよかった、公文式!』ならぬ『契約しててよかった、プロ野球セット!』、スカパーのお蔭で楽しむことが出来るのですよ、いや~ありがたいありがたい。まっ、毎月3,980円も払ってますけどね。

 さてカープ先発大瀬良大地、初戦を取れば良い勝負が出きるでしょうが大瀬良で落せば4連敗の目も。

 而して願うはこれ。

 大地、我慢!!
  


Posted by 府中店長 at 08:56Comments(0)広島東洋カープ

2018年10月26日

ドラフト会議 その2

 昨夜、帰宅すると妻が興奮気味に「ねえねえ、今日のカープ、凄かったよ!」と申します。「ちょっと待った、一杯飲んでから」と焼酎をグビッ、やおら彼女の話に耳を傾けました。

「大阪桐蔭の根尾君は4球団が指名してね」
「で、何処に決まったん?」
「あれ、何処だったかな?」
「まあ良いわ。で、カープは?」
「それそれ、カープは報徳学園の選手を指名したんだけどね、その人も4球団が重複したんよ」
「何処と何処?」
「えーとね、ロッテ・・・じゃなくてオリックスと横浜、それとソフトバンク」
「へ~ソフトバンクねえ、それで?」
「カープは最後にくじを引いたんよね」
「そりゃそうじゃろ、カープはセ・リーグの優勝チームだけえの」
「で、残り物に福!」
「え?その選手はカープが取ったんか。で、名前は?」
「ん~とねえ、忘れた」

 仕方無いので今朝ほどネットで調べましたらそれは小園海斗選手、遊撃手とのことでございました。

 私が実際にこの目で見ているカープの歴代遊撃手は先ず現スカウト統括部長の苑田聡彦さん、ミムこと三村敏之さん、高橋慶彦、野村謙二郎、梵英心、そして田中広輔。

 そうかあ、カープは広輔の後釜を指名したか。4球団重複、一体どんな選手なんだろ?

 それにしても記事によるとカープが指名したのは7人、その内ドラ1含め内野手が3人、ふ~む。

 庄司隼人選手、戦力外通告、受けねば良いが。
  


Posted by 府中店長 at 08:02Comments(0)広島東洋カープ

2018年10月25日

ドラフト会議

 昨夜、駒を並べながら『第8期女流王座戦五番勝負第1局』の棋譜を追っておりましたら、居間でテレビを観ていた妻が「ねえ、ドラフトは何時?」と問います。そこで棋譜を一旦置き、ネットで調べますと25日の17時からと知れました。

「明日夕方の5時から、テレビで中継するらしいで」
「大阪桐蔭の内野手が一番人気らしいよ」
「ふ~ん、名前は?」
「根尾君、四番バッターの外野手より評価が高いって」
「大阪桐蔭の四番?名前は?」
「えーとねえ、・・・分からん」
「ふ~ん」
「カープは誰を指名するかねえ」
「誰かのぉ」
「何かねえ、報徳学園の内野手って話もあるみたいだよ」
「ふ~ん、名前は?」
「名前までは知らんけどね」

 ドラフトは光と影、笑う選手も居れば泣く選手もまた。

「選手はドキドキで今夜は眠れんだろうね」
「う~ん、指名を待つ選手もそうだけどなあ」
「ん?」
「2軍の選手はもっとドキドキじゃろう」
「2軍の選手?」
「例えばカープよ。今年で新井と天谷が引退、投手の佐藤と辻、そして野手の土生が戦力外通告、今のところ五つしか空きが無いのよ」
「うんうん」
「それでドラフトで6人指名してみいや、誰か一人は首を切られにゃあならん、『ひょっとして?』と今夜はおちおち寝とられんわな」
「がんちゃん、大丈夫かねえ?」
「う~ん、大丈夫と思うけどのぉ」

 がんちゃんこと岩本貴裕選手32歳、地元広島出身、亜細亜大学から2008年ドラフト1位で入団。強肩強打で将来の四番と言われておりましたが近年は若手の台頭もあり、出番がめっきりと減ってしまいました。

「がんちゃんはのぉ」
「ん?」
「がんちゃんはトレードで他球団へ行った方が良いかもしれんで」
「何でね」
「残念ながら今のカープだと出番が無い、けどここぞの打撃と一塁の守備はピカイチじゃけえな」
「だけどねえ、カープでこそのがんちゃんでしょうが」
「う~ん、自他ともに認めるカープファンだしなあ」
「難しいねえ」
「ああ、何れにしてもドラフト次第じゃろ」

 今日もまた、悲喜こもごものドラフト会議が展開されそうです。
  


Posted by 府中店長 at 07:49Comments(0)広島東洋カープ

2018年10月23日

懐かしの面々

 昨夜の『家族に乾杯』、最初から最後まで見入りました。さすがに自分の故郷が舞台、旧知ながらも久しくお会いしていない方々の姿に「うんうん」と見続けました。

 ガソリンスタンドのコーちゃん、番組のほぼ全編に渡り出演の那須のヒー坊さん、父の存命中には度々牌を囲んだ鳥屋ケ原さん、「あれ?これ誰だったかなあ?」と思う間もなく画面から遠ざかる顔また顔、いや~懐かしゅうございました。

 ところで上記の『鳥屋ケ原』さん、三文字目の『ケ』は発音せず『とやばら』さんと読みます。これは非常に珍しい名前、読み方とご本人から伺ったことがございます。

 さて番組開始前に「ここは撮影されているだろうな」と予想していた千年杉の由來八幡宮と大しめ縄館は登場しましたが、「ここも間違いないだろう」と思っていた造り酒屋の『赤名酒造』さんはとうとう画面に現れませんでした。繁忙期で取材を断られたのかな?

 その代りを務めたのが島根県立飯南(いいなん)高校、山間の小規模校ですが都会の子が寮に住んで高校生活を送っていることは初めて知りました。

 結構な数の生徒さん達が親元を離れわざわざ島根の、それもこんな田舎の高校に来てくれていることに感激致しました。皆さんありがとうね。

 あっと言う間の1時間強、「みんな観てたかな?」と幼馴染みのあの顔この顔を思い浮かべた昨夜の『家族に乾杯』でございました。

 しかしナレーターの久米明さん、お元気でご活躍中なんですねえ。今朝ネットで調べたら何と御年94歳、久米さんへも乾杯だ!face_02
  


Posted by 府中店長 at 09:47Comments(0)店長日記

2018年10月22日

家族に乾杯 in 島根県飯南町

 昨日、父の十三回忌法要のため妻と帰省しました。父の葬儀の日を思わせる晴天、亡くなって間もなく12年、光陰矢の如しを改めて感じた次第です。

 菩提寺にて午前10時から法要、途中10分ほどの休憩を挟み終わったのが12時過ぎ、その後予て予約していた「道の駅とんばら」へ向いました。

 ここはレストランや産直市を備え、また道の駅としては珍しく宿泊設備が整い、大小の会合などが出来る部屋もあるため利用する人が多く私も同窓会や還暦祝いの宴などで何度か訪れています。

 母、兄夫婦、私達夫婦、そして甥や姪の家族たちを含めて総勢12人での昼食会は午後2時頃まで続きました。最年長は当たり前ですが母で昭和4年生まれの89歳、最年少は姪のところの長女、「わかなちゃん何歳?」と聞くと指を二本立てて「2歳」と可愛らしく答えます。

 さて送迎用のマイクロバスで実家着、すると母が「あたりやへ電話してごせや」と申します。「あたりや」は頓原唯一の居酒屋、実家から徒歩2分、頼めばオードブルなども作ってくれるお店です。

「あたりや?何で?」
「ちらし寿司とオードブルを頼んどるけえな」
「え?まだ食べるん?」

 しかし理由を聞いて納得、各々が夕方家に帰り着いてから夕食の支度をしなくて済むようにと一升のちらし寿司、そして甥や姪の家の子供達が喜ぶような唐揚げなどを頼んだと申します。

 さっそく「あたりや」さんへ電話、受話器を取った小母さんに「今帰ったけえ頼みます」とお願いしたら5分後には料理が到着しました。おそらく「あたりや」の小母さんは「今や遅し」と待ち構えていたのでございましょう。

 料理を運んで来た小母さんが「たかちゃん、祭りには帰るんか?」と聞きますので「うん、幸い定休日だけえね」と答えました。

 頓原の由來八幡宮の秋祭りは毎年11月の7日と8日、今年は7日が水曜日、これを逃す手はありません。その頃には既に日本シリーズも終わっているので憂い無し、今からとても楽しみにしております。

 さて昨日菩提寺のご院家さんも「皆さん、お見逃し無き様に」と念を押された『家族に乾杯 in 島根県飯南町』、本日19時30分よりの放送です。

 「頓原が一杯映りますけえね」とのこと、旧島根県飯石郡頓原町出身者の皆様、ぜひご視聴を。
  


Posted by 府中店長 at 08:12Comments(0)店長日記

2018年10月21日

紙吹雪の女

 穂積隆信さんが亡くなられたそうですね。名前の読みが自分と同じなので、とても親近感を抱く俳優さんでした。

 訃報は『積木くずし』の著者としての穂積さんを多く紹介していましたが、私は映画『砂の器』での新聞記者役が強く印象に残っています。

 出演シーンは本のワンカット、森田健作さん演じる吉村刑事に自らの随筆について尋ねられた穂積さんが「何ならご紹介しましょうか?いや~、偶然なんだなあこれが」と如何にも記者然とした演技に「さすが」と思ったものでございます。

 一体にこの『砂の器』には名脇役さんが多数出演されています。

 前大蔵大臣役の佐分利信さん、被害者三木謙一の元同僚役の花沢徳衛さん、本浦千代吉役の加藤嘉さん、国立国語研究所の技官役の信欣三さん、捜査一課長役の内藤武敏さん、捜査係長役の稲葉義男さん、商店街組合長役の殿山泰司さん、本浦千代吉の縁者役で菅井きんさん、ホステス役の夏純子さん、旅館の女中役の春川ますみさん、そして算盤業を営む桐原小十郎役の笠智衆さん等々、枚挙に暇が無いとはこのことです。

 思えばこの『砂の器』に出演された役者さん達も次々と鬼籍に入られ、ご存命なのは森田さんや島田陽子さん、そして松山省二さんなど数えるほどになってしまいました。

 それもそのはず、この映画が封切られたのは昭和49年、1974年ですから私が高校3年生の時、今から40年以上も前のことになるのですから。

 穂積隆信さん安らかに、合掌。
  


Posted by 府中店長 at 06:13Comments(0)店長日記

2018年10月20日

苦言

 「もう、阿部や坂本は何をやっとるね!」、テレビを観ていた妻が突然怒り出しました。

 8回、菊池の超美技も見た。岡田やイッチー、フランスアの安心投球も見た。カープの日本シリーズ進出を見届け二人でハイタッチもした、でも怒ったのですよ。

 それは試合終了後、高橋由伸監督が巨人ファンの元へ挨拶に出向こうとベンチを出て、選手達を促すような仕草で歩を進めようとしていた場面でした。

 一人先頭に立ってビジターパフォーマンス席の方向へ向かう高橋監督、その後を力無い足取りで続く選手達、しかし「それじゃあダメ」と妻が申します。

「気持ちは分るけど阿部や坂本はそれじゃあダメ。監督と一緒に並んで歩き、真っ先にファンの元へ行かんと」

 おそらく彼女は阿部選手と坂本選手に露払いと太刀持ちの役割を率先して務めて貰いたかった、それがチームの中心選手の責務なのだと感じたのでしょう。

 へ~、良いこと言うねと妻を見直しました。

 勝てば選手の力、負ければ監督の責任、それが勝負の非情なところです。この試合を最後にユニフォームを脱ぐ高橋監督にせめて最後の土俵入りを、その思いはマツダスタジアムを埋めたファンも同じだった様です。

 呪縛から解き放たれたかのような高橋監督の笑顔、そして去る高橋監督にカープファンから由伸コール、爽やかな感動を覚えた昨夜のCSファイナルステージ第3戦でございました。
  


Posted by 府中店長 at 08:56Comments(0)広島東洋カープ

2018年10月19日

悔やまれる勝負球

 CSファイナルシリーズ第2戦、店を閉め家に帰って即テレビのスイッチオン、時刻は7時10分頃であったと思います。

 しかし画面を見ると両チームの選手がベンチで待機中、「ありゃ、雨で中断か?」と思いましたが然に非ず、何と試合は既に5回を終わってグランド整備中でございました。開始1時間で5回終了、稀に見る好試合です。

 見始めて直ぐに坂本選手がヒット、解説を聞くとこれがジャイアンツの初ヒットとか、更に巨人の田口投手も被安打1とのこと、手に汗握る投手戦です。

 一塁手メヒア選手のミスで場面は二死二塁へ、ここでマギー選手の適時打が出て巨人が1点を先取しました。今までのジョンソン投手であれば味方のミスに冷静さを欠き、嘘のように連打を浴びるところですがここは何とか踏ん張りました。「ジョンソンも少し大人になったな」、そう思ったものでございます。

 さて7回裏、巨人は被安打1、投球数67、無失点の田口投手から畠投手へと継投策に出ました。

 代り端、畠投手は丸選手を三球三振、最後の内角ストレートは目を見張るものがございました。丸選手がバットを振ることなく見逃したこの球に「こりゃあ打てんわ」と脱帽した次第。

 そして8回裏、一死から代打で登場の西川龍馬選手も同じ内角ストレートで見逃し三振、手も足も出ません。二死無走者、ここに至り夫婦の会話。

「打てんねえ」
「ああ、今日の畠は最高じゃ」
「誰か打ってくれんかねえ」
「う~ん、まっちゃんのアンパンチに賭けるしかないのぉ」
「まっちゃん頑張れ!」

 夫婦の淡い期待を受けた松山選手が打席へ、しかしここから畠投手がガラッと変わってしまいます。何故だか分りませんがあれ程の直球、スピードも威力もあるあの内角直球を松山選手へは一球も投じませんでした。結果四球、思わず「何でストレートを投げんのかな?」と呟いておりました。

 代走上本選手、代打新井選手、この日一番の盛り上がりです。

 上本選手が盗塁し二死二塁へ、一打同点のチャンス、ここでも「エッ?」と声を上げました。

 何と勝負球がフォークボール!

 あのストレートはどうした!?内角高めに投げ込めばおそらく新井選手のバットは空を切ったはず、何とも不思議な配球でございました。

 続く田中選手へもフルカウントから変化球、それが外れて四球、二死一・二塁とピンチが広がります。この場面でも一緒なことを感じました、「何で直球を投げ込まないんだ?」と。

 最後は菊池選手に逆転の3点本塁打、これまた変化球、妻とハイタッチをして雄叫びを上げましたが、一方で「何であのストレートを?」と不思議な心持ちがしておりました。

 畠投手に聞いてみたい、「何であの凄いストレートを勝負球にしなかったの?まっちゃんの時も新井の時も」と。

 9回表、昨夜の中﨑投手は最低の出来でした。球は高く浮き時に真中に集まる、一死一・二塁から放った阿部選手の打球がホームランにならなかったのは僥倖以上の神がかりと申せましょう。

 最後の打者は亀井選手、フルカウントからボール球を打ちセカンドゴロ、あれを見逃されて二死満塁となっていたら恐らくは逆転の憂き目を見たことでございましょう。

 昨夜絶好調だった畠投手、片や最低の出来だった中﨑投手、でも終わってみれば 巨1-4広。

 「野球は分からんのぉ」、そう妻に声を掛けた昨夜のCSファイナルシリーズ第2戦でございました。
  


Posted by 府中店長 at 09:39Comments(0)広島東洋カープ

2018年10月18日

三試合目にして

1試合目 4月4日
 対東京ヤクルトスワローズ2回戦、高橋昂也投手プロ初登板初先発。

2試合目 9月5日
 対阪神タイガース19回戦、この日、新井貴浩選手が今シーズン限りでの引退を表明。

3試合目 10月17日
 CSファイナルシリーズ、対巨人一試合目。

 以上、今年私が開始から終了まで見届けた試合、無論スカパー観戦です。

 4月4日は ヤ8-5広、9月5日が 神11-3広。

 ここまで二連敗も昨日はやっと勝ちました。エースが投げて主砲が打つ、カープにすれば満点の試合でした。巨1-6広。

 しかし余りにも理想的な試合、初めに良い試合をし過ぎましたねえカープは。

 さあ今夜、ここで勝てば日本シリーズも視野に入るのですが。

 ジョンソンの力投、まっちゃんのアンパンチに期待。
  


Posted by 府中店長 at 09:43Comments(0)広島東洋カープ

2018年10月16日

はっとうじ大発生

 中国地方の一部ではカメムシのことを「はっとうじ」と呼びます。まっ、故郷頓原ではそのままズバリ「屁こき虫」とも言っていましたが。

 そのはっとうじ、秋に大量発生すればその年は大雪になる、これが昔からの言い伝えとなっています。それは一体何故なのか?

 残念ながら科学的根拠は無いそうですが昔の人の言う事に間違い無し、また今夏の猛暑にも鑑み、今冬の大雪は避けられないところと言えそうです。

 では何故猛暑の年は大雪となるのか?

 これも科学的に証明はされておりませんが、頼母子講のメンバーであるFさんによれば「平均気温が年により大きく変動することは無い、それは歴史が証明しとる。地球も考えとる、夏暑ければ冬寒い、帳尻を合わせる訳よ」とのこと、正に真理と感服した次第。

 さて私の故郷、旧島根県飯石郡頓原町、以前は県内でも有数の豪雪地帯でした。今でこそ往時ほどではありませんがそれでも正月など一晩に40~50cmも積もり、「起きてビックリ」なんて事が往々にしてあるのですよ。

 雪国で生まれ育った人は寒さに強いとか申します。確かに子供の頃は冬になって雪遊びをするのが好きだった、しかし今、寒いのはとても苦手になりました。

 また若い頃はそうでもなかったのですが、近年高い所がとてつもなく嫌になり、それは歳を重ねる毎に顕著になって参りました。

 今存在するかどうか知りませんが、大学受験で初めて上京した折、「東京なんて二度と来ることが無いかもしれん」と霞が関ビルへ行き最上階?の回転展望レストランに入ったことを思い出します。

 あの時は何とも感じませんでしたが、今思い返すとそれだけで鳥肌が立ちます。

 また某CMで有名になったベタ踏み坂、先日も仕事でこの橋を渡りましたが、心の中で「なんまんだぶ なんまんだぶ」と唱えるのみでございました。



 閑話休題、ともかく寒いのは嫌、大雪はもっと嫌、でもはっとうじ大発生。

 ホント、嫌だよなあ。
  


Posted by 府中店長 at 08:04Comments(0)店長日記

2018年10月15日

初受給

 今朝、ネットバンキングで調べました。

 本日付でシンコクミンコウセイから金66,801円也の入金、シンコクミンコウセイとは新国民・厚生年金の略か?

 人生初の年金受給、8月生まれの私は9月分から。

 つまりは一月分、これを以て通常二か月分の年金受給とは過去二か月分であり、この先二か月分ではないという事が判明しました。

 今月21日は父の十三回忌、いや~助かりますわ。face_02
  


Posted by 府中店長 at 07:17Comments(0)店長日記

2018年10月14日

金本解任

 金本監督の辞任を知り、カープの選手だった故もあり会見で何をどう話したのか知ろうと思いました。

 ところが『金本辞任』と入力、『動画』をクリックしてもそれは見つかりません。「おかしいな?」、そう思っていました。

 然るに今朝、こんな記事が目に飛び込んで来たのです。

『11日の金本退任会見は甲子園の球団事務所プレスルームで、一人きりの立ち話だった。記者30人ほどが取り囲んで話を聞く「囲み」と言われる簡易会見だった。混乱を避けるためか、テレビや写真撮影はNGという何とも質素なものだった。』スポニチ配信

 記事によれば辞任ではなく、電鉄本社の指示を受けた突然の解任劇であった由。

 「そりゃ無いじゃろ」、正直そう思いました。

 金本監督は嘗て広島東洋カープのスター選手でした。その彼が阪神へFA移籍、本ブログで何度も書きましたが往時のカープ球団には銭が無く、彼等一流選手の給料を賄えるだけの財源がありませんでした。

 従ってファンは残念な気持ちと共に「致し方無し」の思いで何人もの選手を送り出して来た歴史があります。しかし移籍しても、彼らの動向を気に掛けていたファンもまた多いはずです。

 私もその一人、星野監督に請われて阪神へ移籍した金本選手が堂々と虎の四番を張り、当時のカープでは到底経験出来ないリーグ優勝を飾った時には「阪神へ移籍して良かったな、おめでとう金本」と思ったものでございます。

 そして監督に就任する時、阪神球団は彼に三顧の礼を尽くし猛虎の再建を託したのではなかったのか?ファンもまた万雷の拍手でそれを迎えたのではなかったのか?

 それが会見も無くテレビも写真撮影もNG、これでは金本監督が余りにも気の毒です。そんな仕打ちを受け傷心の彼に「広島に帰っておいで」と言いたくもなります。

 阪神球団にお願いしたい、せめて彼に最後の花道をと。
  


Posted by 府中店長 at 08:15Comments(0)店長日記

2018年10月13日

298円!?

 昨日、スーパーでとんかつ弁当を買いました。

 何と298円!、何がどうなって298円なのか?

 「う~む、昼飯業界は恐ろしいことになっとるのぉ」と独り言ちた次第。

 で、そのお味は?



 大変美味しゅうございました。face_02
  


Posted by 府中店長 at 07:29Comments(0)店長日記

2018年10月12日

本末転倒

 金本監督辞任を今朝の新聞報道で知りました。監督に就任して3年目の今季は残念ながら最下位、勝負の世界ですから致し方無し、捲土重来を期し今はゆっくりと休んで貰いたいもの。

 それにしてもカープ出身者で他チームの監督を務めた人はどれ位居るんだろう?

 阪急の黄金時代を築いた上田利治さん、大洋の古葉竹識さん、ロッテの山本一義さん、そして楽天のマーティ・ブラウンさんなどが頭に浮かびます。

 閑話休題、その金本辞任を報じる記事の中で「あれ?」と思う記述がございました。何と金本監督の最終試合は明12日に行われる対中日戦とのこと、明日はCSのファーストステージが開幕するはず、「何のこっちゃ」とびっくりしました。

 片っ方でCSやってるのにこっちでは公式戦、たまたま対戦相手が中日だっただけでこれがCSへ出場を決めたヤクルトや巨人が相手だったらどうするつもりだったのか?

 更に言えば、この阪神・中日が最終試合にCS出場を賭けていたらどうなっていたのか?

 実際2015年シーズンの広島カープは勝つか引き分けでCS、負ければ4位の公式戦最終試合を迎えました。場所は本拠地マツダスタジアム、先発はマエケン、必勝態勢も大瀬良大地投手が涙の敗戦投手となり道を断たれたのです。

 シーズンが完全に終わっていないのにCS、こんな日程はメチャクチャです。

 確かに今年の阪神は雨天中止が多かった、また西日本豪雨の影響でカープ三連戦が自粛中止された経緯もあった、しかしそれをきちんとするのがNPBの責務でしょう。パ・リーグも同様、こちらは楽天・ロッテ戦が組まれています。

 危機管理能力の欠如を露呈したNPB、それを強く感じる今朝でございます。
  


Posted by 府中店長 at 08:49Comments(0)店長日記

2018年10月11日

爪先立ち&スナット?

 昨10日は月に一度の頼母子講、今月は特別に会席料理、それ故か全員出席と大盛況の酒宴でございました。

 私の対面に座られたのがこのお店の大将、I社長です。私より九つ年長ですから御年71歳、無論今でも現役で包丁を握っておられます。そのI社長との会話。

「この歳になるとキーワードは健康、これに尽きるね」
「社長も70を過ぎられたのにお元気ですよね」
「うん、今やってるのは爪先立ちとスナット」
「爪先立ち?」
「あんたもやってごらん、日に20回で良いから」
「で、効果は?」
「ふくらはぎと腿の裏側がつったような感じになるんよ」
「はあ」
「それが足腰の衰えを防いで姿勢も良くなるんだわ」
「はあ、なるほど」

 その他寝る前にスクワットと腕立て伏せをされるとか、「へ~凄いなあ」とビールとワインで赤らんだI社長のお顔を見直した次第。

「で社長、そのスナットってのは何ですか」
「スナット?」
「さっき言われたじゃないですか、爪先立ちとスナットって。サプリメントですか?」
「違う違う、スナットじゃなくて酢納豆よ」
「酢納豆?」
「ワシの晩飯は酢納豆と決めとるのよ」
「は~酢納豆ねえ」
「うん、何かで読んだ。まあ酢も納豆も体に良いから」

 酢納豆、一体どんな味なんだろう?face_02
  


Posted by 府中店長 at 08:40Comments(0)店長日記

2018年10月09日

高が40円 されど40円

 10月1日より煙草値上げ、私の愛煙するMEVIUS ONEは440円から480円へと40円も高くなりました。

 思えば喫煙を始めた40年ほど前、ハイライト80円、チェリー・ハイライト100円、エコーは60円位じゃなかったのかな?

 それが40年間に値段が5倍へ、人生師匠ならずとも「責任者、出て来い!」とぼやきたくもなります。

 喫煙者はやがて絶滅危惧種へと、ヤンバルクイナ!
  


Posted by 府中店長 at 09:11Comments(0)店長日記

2018年10月08日

一週間後、運命の日

 8月末、松江年金事務所へ行き年金受給の申し込みを致しました。2カ月に一度の年金受給、これが過去2カ月分なのこの先2カ月分なのか定かではありませんが、まあ貰ってみたら分かるでしょう。

 「実際の支給まで2~3カ月ほど掛かります」との説明を受け、「では初回の受給は10月か11月ですね」と確認も致しました。

 年金受給は偶数月と決まっているのですが、「初回に限り奇数月も有り」との返答も受けています。

 待ちに待った初回受給は今月なのかそれとも来月へ持ち越しか?

 運命の10月15日が一週間後に迫って参りました。face_02
  


Posted by 府中店長 at 08:36Comments(0)店長日記

2018年10月07日

落ち葉掃きに1時間半

 台風一過、今朝出社すると店の前を落ち葉が覆い尽くす状態に、早速掃除を。

 6時過ぎに始めて7時40分に終了、その間煙草を一服しただけ、もう腰が痛ーて痛ーて。

 後は店の後ろか、まあこっちは30分もあれば終るでしょう。

 ブログも更新、さてと。
  


Posted by 府中店長 at 08:44Comments(0)店長日記