QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
府中店長
府中店長
オーナーへメッセージ

2018年11月01日

敗着

 敗着(はいちゃく)とは『囲碁・将棋で敗因となった着手』のことであり、その一手は終局後の検討を経て初めて分かることも多いと聞きます。

 一方敗因というのもありますがこれはそのまま負けた原因、しかしこちらの方は明確に「これ」と判断出来ない場合が多いと思います。

 昔、野球解説者で小西得郎(こにし とくろう)さんという方がいらっしゃいました。60代以上の方はご記憶でしょうが、氏の「何と申しましょう」は未だに耳に残っています。

 ある試合のこと、勝因・敗因を聞くアナウンサーに小西さんはこう答えました、「何と申しましょうか、強いものが勝ち、弱い者が負けるんですなあ」と。

 私、子供心にも妙に納得したのでございます。勝負は強い者が勝つ、ただそれだけのこと、蓋し名言と申せましょう。

 ですから昨夜の日本シリーズ第4戦はホークスが力強く勝ち切りカープは力及ばず負けた、それだけのこと、タラレバが入り込む余地など無いのですよ。

 しかし囲碁・将棋で言うところの敗着はあったかもしれない、そう感じます。

 場面は5回表カープの攻撃、一死から會澤選手がストレートの四球、続く安部選手のカウントが 3-0 となりました。ここまでスコアは ソ3-1広、展開次第ではカープが追いつく可能性もありました。

 しかし4球目、東浜投手の投げ込んだ一球に夫婦は目を見張りました。

「何で!何であんないい球を振らんの?」
「う~ん、ベンチから『待て』のサインでも出たんかな?」
「負けとるのに、そりゃあ無いでしょ!」
「ワシに怒っても仕方無い、けどまあ、あんたの言う通りよのお」

 あそこは攻めの姿勢を見せる絶好の場面、タラレバを言うつもりは毛頭無し、しかし好球必打で流れを呼び込む作戦が勝っていたのでは?

 もしあれが『待て』のサインだったら、結果はどうあれ、それが敗着と映りました。
  


Posted by 府中店長 at 08:52Comments(0)広島東洋カープ

2017年03月13日

あと一人

 『右脇腹の違和感で出遅れていた広島・大瀬良大地投手(25)が12日、教育リーグ・阪神戦(鳴尾浜)で今季実戦初登板を果たした。3回を投げて1安打無失点。圧巻の投球で完全復活へ、のろしを上げた。マツダスタジアムで報告を受けた緒方監督は13日からの1軍合流を即決。開幕ローテ入りへ、大瀬良が大きく前進した。』デイリースポーツ 3/13配信

昨日の試合で力投する大瀬良投手

 映像でも確認しましたが速球に威力あり、贔屓目かもしれませんがこれで大瀬良投手の開幕1軍はOKかと。

 ジョンソン、野村祐輔、岡田明丈、九里亜蓮、そして大瀬良大地とローテーションピッチャー6人の内5人が固まった模様、残る椅子はあと一つ。

 ルーキーの加藤拓也と床田寛樹に注目が集まっていますがここは何とか福井優也に意地を見せて貰いたいところ、カープOB会長安仁屋宗八さんも一押しの投手です。

 開幕まで2週間余り。福井君、期待に応えて下さいね。
  


Posted by 府中店長 at 09:14Comments(0)広島東洋カープ