QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
府中店長
府中店長
オーナーへメッセージ

2019年02月25日

二代目『郷土の誇り』

『島根県の浜田署が市内の交通安全団体とともに、浜田市金城町出身でプロ野球・広島東洋カープで1軍投手コーチを務める佐々岡真司さん(51)をモデルにした飲酒運転根絶ポスターとチラシを作成した。

 ポスターとチラシは、佐々岡さんが審判のアウトのポーズをした写真を中央に配置し、「飲酒運転アウトだけえ!」と石見弁で呼び掛けている。

 同署交通課の小川一也課長は「地元のスターの協力を得て、飲酒運転ゼロを目指したい」と話した。』山陰中央新報 2/25配信



 私的『プロ野球版郷土の誇り』、初代は元広島東洋カープの大野豊さん、二代目がこの佐々岡さん、三代目はホークスの和田毅投手です。

 そして先輩諸氏に続こうと横浜DeNAの梶谷隆幸外野手、イーグルスの福山博之投手、タイガースの糸原健斗内野手が虎視眈々とランクインを狙っています。

 現在島根県出身の現役プロ野球選手は和田投手以下4名、贔屓球団の枠を超え、彼らには是非活躍をと願っております。

 オープン戦も始まりキャンプも佳境、プロ野球ファンにとって待ち遠しい開幕まで一月余りとなりました。
  


Posted by 府中店長 at 08:06Comments(0)広島東洋カープ

2019年02月17日

また一人

 昨日、広島カープは山口翔投手(19)が「インフルエンザA型」に感染したと発表、また一人期待の若手がリタイアです。



 人生62年で初のインフル発症となった私に人のことは言えませんが、それでも山口君、君はアスリートなんだからきちんと手洗いうがいをしなくちゃね。

 初の一軍キャンプ、そんなプレッシャーもあったのかな?

 三日ほど寝て後は調整練習、開幕一軍は遠のいたのかな?

 まあ先は長い、ともかく今年こそ一軍デビューを。
  


Posted by 府中店長 at 08:40Comments(0)広島東洋カープ

2019年02月16日

焦らず治療を

『広島は15日、3年目左腕の高橋昂也投手(20)が14日に左肘関節内側側副じん帯再建術と尺骨神経剥離術を受けたと発表した。今季中の実戦復帰は絶望となった。』スポーツ報知 2/15 12:43配信



 一昨年の床田寛樹投手と全く同じ手術、従って順調に回復しても二軍戦での復帰までに一年以上は要することでありましょう。

 2016年ドラフト2位、花咲徳栄高校から入団した高橋君には今期のブレイクを期待しておりましたがケガとあれば致し方無し、まだ若いのですから焦らずじっくりと治療に専念して貰いたいもの。

 1月5日の本ブログで『今年のキーマン』の一人として取り上げた高橋投手、本人に取っても誠に残念な離脱となりました。けど焦らんでね、君は未だ若いんだけえね。
  


Posted by 府中店長 at 07:51Comments(0)広島東洋カープ

2019年02月01日

球春

 いよいいよ今日からプロ野球キャンプイン、2019年シーズンが始まります。

 毎年この時期願うこと、それはキャンプ中はなるべく故障者が出ぬ様に、そしてシーズンに入ったら最下位だけは免れて欲しい、実にこの二点に尽きるのですよ。

 そんな中、今年はルーキーイヤー2017年以来の復活をかける床田寛樹投手(23)に期待、カープの左腕投手には稀な小気味良い投球テンポ。左肘の手術を経て経過は順調とのこと、故障上がりなので過分な成績は望みませんが何とか一軍に留まって欲しいもの。



 そして1月5日の本ブログで取り上げた高橋大樹外野手(24)、丸選手が抜けて今年は大チャンス!、そう思っていましたが何と巨人から長野選手が移籍して来ました。



 外野手で同じ右打者、片や実績十分の長野選手、せっかく丸選手が居なくなったのに難敵降臨とは、プロは厳しいですね。

 しかしそれにめげる事無く、レギュラー目指して頑張って貰いたいもの。高橋選手が外野の一角を占めるようになったらカープはきっと強くなる、そう思うのですがねえ。
  


Posted by 府中店長 at 08:32Comments(0)広島東洋カープ

2019年01月10日

勝負手

 7日夕刻、ネットの『丸の人的保証に長野』の記事に「ながの?誰?良う知らんけど頑張ってごしないや」とPCをシャットダウン、そのまま帰宅しました。「長野」を「ながの」と判読、未だ見ぬ巨人二軍選手の「ながの」君に期待を寄せた訳ですよ。

 まあ何といっても大竹投手の人的保証でカープにやって来たイッチーこと一岡竜司投手、聞いた時には全く知らない名前でしたので「大竹の代わりが一岡?そりゃ誰じゃい?」てなもんでございました。

 その後の一岡投手の活躍は周知の通り、ですから今回も「おそらくカープファンには無名の巨人二軍選手が指名されるだろうな」との思い込みがあり、結果「長野」を「ながの」と読み誤ったのです。

 翌朝、何時もの様にネットの記事を拾おうとPC起動、そこでやっと無名の「ながの」君ではなくあの「ちょうの」選手と知りました。

 まあ、一言でいえばビックリですわ。

 ともかく縁あって入団する長野選手、当然の権利を行使してFA移籍した丸選手、両選手の活躍に期待することに致しましょう。

 去る者追わず来る者拒まず、その観点から今期巨人との開幕カードを観戦予定であるカープファンに是非お願いしたい。

 それは丸選手へのブーイングは厳にこれを謹んで頂きたい、この一点です。

 丸選手はリーグ三連覇の立役者であり、カープ球団にとって大いなる功労者であることは間違いありません。彼のお陰で望外の優勝シーンを見せて貰えた、それも三度もです。

 丸選手は去った、そして巨人軍は長野選手をプロテクトしないとの勝負手を打ってきた、これで良いじゃないですか。丸選手へブーイングするより長野選手に声援を送った方が遥かに宜しいかと。

 野球はねえ、本来楽しく観るものなのですよ。face_02
  


Posted by 府中店長 at 09:08Comments(0)広島東洋カープ

2019年01月05日

広島東洋カープ 今年のキーマン

 2019年、私が期待する選手を取り上げます。

 先ずは床田寛樹投手(23)、2016年ドラフト3位。手術後の経過も順調とのこと、ぜひ先発の枠に食い込んで貰いたいもの。


 続いて同じく2016年ドラフト2位、高橋昂也投手(20)。上記床田投手と同じく左腕、この二人がローテに入ってくれば投手陣も安心です。


 そして将来のエースと私が見込む逸材、熊本工業出身で2017年ドラフト2位の山口 翔投手(19)。今期は何とか一軍デビューを。


 まだまだ老け込む年ではない、ガンちゃんこと岩本貴裕外野手(32)。新井選手の引退で手薄の代打陣、ここはガンちゃんの勝負強いバッティングに期待。何せ2008年ドラフト1位ですからね。


 取りはこの人、高橋大樹外野手(24)、2012年ドラフト1位。この年のドラフト2位が鈴木誠也選手、潜在能力は彼に引けを取らないはず。丸選手の抜けた穴は高橋が埋める、いや埋めて欲しいなと。


 中でもガンちゃん、今年はあんたに期待しとるけえね。あの巨人戦での2本のホームラン(解説は安仁屋さんと衣笠さん)、あれが忘れられんのよねえ。face_02
  


Posted by 府中店長 at 09:51Comments(0)広島東洋カープ

2018年12月23日

鉄人の訃報

 本日天皇誕生日、平成30年も間もなく暮れようとしています。

 今年4月、元広島東洋カープの衣笠祥雄さんが逝かれました。まだ71歳、あの訃報は本当に堪えました。

 弱小時代のカープにあって投の安仁屋さんと外木場さん、打の山本一義さん、浩二さん、そして衣笠さんは紛うことなきスター選手でした。



 現役引退後一度もユニフォームに袖を通さなかった衣笠さん、ファンとしては何とも心残りを感じますが、それでも衣笠さんは野球を愛し続けた一生を送られたのであろうと拝察する次第。

 背番号28、そして3、現役時代のフルスイングを懐かしく思い出す今朝でございます。
  


Posted by 府中店長 at 09:11Comments(0)広島東洋カープ

2018年12月02日

2018年の広島カープを振り返る

 2月2日の本ブログ、今年の注目選手として永川勝浩投手(37)、戸田隆矢投手(24)、辻 空投手(23)、美間優槻内野手(23)と四人の名を挙げました。

 永川投手は見事復活、ベテランの味を充分に発揮してくれましたが戸田投手は鳴かず飛ばず、一体何年彼に期待を寄せ続けて来たことか。

 辻投手は残念ながら戦力外通告、育成から支配下選手の座を勝ち取りましたが一軍のマウンドを一度も経験する事無くチームを去って行きました。辻君の今後に幸あれ、そう祈らずにはいられません。

 美間内野手は今シーズン途中、曽根選手とのトレードでソフトバンクへと移籍しました。大型三塁手として将来は中軸を担うであろうと思っていましたのでこれには正直がっくり致しました。しかしホークスに望まれての移籍、カープに来た曽根選手共々頑張って貰いたいもの。

 そして新井選手、天谷選手が引退。ジャクソン投手とエルドレッド選手が退団、また福井優也投手が楽天へトレード、トリに丸選手が巨人へFA移籍。

 新井・天谷両選手の引退、カープを支えてくれたジャクソン・エルドレッド両外国人選手の退団、そして丸選手のFA移籍と話題の多いシーズンでしたが、こうして見ると私的には永川投手の復活が一番の見所であったと言えそうです。



 貫録の四凡(四者凡退)、キレのあるスライダー、ストッパー時代を髣髴とさせるフォークボール、そして何と言っても直球の威力には目を見張りました。

 来シーズン、永川投手が投げる姿を見る機会がございましたら是非注目して頂きたい、それは一・二塁間へゴロが飛んだ時の永川投手の動作です。

 長い手足を繰り、素早く一塁カバーに入ろうとする必死さ、あれは永川ファンとして見逃せない好場面です。あれはねえ、後ろで守る野手達にも「あっ、永川さん一生懸命だな」と伝わる姿だと思うのですよ。

 カープ唯一の松坂世代、間も無く38歳、残された時間は短いかもしれませんが来シーズンもその雄姿を拝ませて頂きたい、いや後2年くらいは大丈夫、そう思わせる永川投手の復活劇でございました。
  


Posted by 府中店長 at 09:30Comments(0)広島東洋カープ

2018年11月15日

FAの季節

 金額面で、おそらくカープは他球団に敵いますまい。親会社を持たず資金に限りがある以上致し方無し、況してやFAは選手が勝ち取った権利ですからファンがとやかく言うことではありません。

 またカープ球団は「マネーゲームには参加しない」のを建前としていますが、ファン、特にオールドファンは「参加しない」のではなく「参加出来ない」のが実情であることを承知しています。

 丸 佳浩選手、広島東洋カープの看板選手ではありますが丸選手が獲得したFA権は彼だけの物、他の誰の物でもありません。

 それにしても『巨人が丸に史上最高5年30億』などの報道に接すると「良くぞそこまでの選手に成長してくれたな」の感強く、彼の不断の努力に改めて敬意を表する次第。

 千葉か讀賣かはたまた残留か、去る者追わず来る者拒まず。
  


Posted by 府中店長 at 07:27Comments(0)広島東洋カープ

2018年11月04日

お疲れ様

 日本シリーズも終りましたね。1勝4敗1分け、まあ昭和50年の対阪急戦では4敗2分けだったので良しとしましょう。

 昨夜、ゲームセットを見届け夫婦で顔を見合わせ言葉を交わしました。

「お疲れだったね」
「ああ、今年のシーズンも十分楽しませて貰ったよ」
「それにしても長かったね」
「ほうよのぉ、3月終りから11月初めまで、ざっと7カ月じゃけえな」
「これで明日からはゆっくり眠れるね」
「そのことよ」

 ホークスファンの皆様、誠におめでとうございます。福岡は優勝記念セールで大賑わいかな?

 ともかく今日は早めに床に就き、今シーズンの疲れを癒そうと思います。

 それにしても、ホント長かった~。
  


Posted by 府中店長 at 08:32Comments(0)広島東洋カープ

2018年10月30日

陸くん、君だったか!?

 先日のドラフト会議で広島東洋カープは高校生の内野手四人を指名、従って現在二軍に在籍する内野手の何人かが戦力外通告を受けるのではないかと推測しておりました。

 27歳という年齢から庄司隼人選手では?と心配しておりましたが、10月28日、第2次戦力外通告選手として発表されたのは青木陸選手(20)でありました。同時に仲尾次オスカル投手(27)も、プロの非情さを改めて感じた次第。



 青木選手には思い入れがございました。

 四番打者として長らく低迷期のカープを支えた栗原健太選手が自由契約から楽天へ移籍したのが2015年、この年のドラフトで入団したのが青木選手です。

 栗原選手と同じ天童市出身、栗原選手が惜しまれて去り入れ替わる様に入団した強打の内野手青木選手、「何れ郷土の先輩を超える四番打者へ」と期待したカープファンは少なからず居たはずです。

 二軍での実働僅か3年、若干二十歳の若者、野球を続けるのか新たな道を歩むのか、ともかく青木陸選手の前途に幸あれと祈らずにはいられません。

 来る者あれば去る者あり、プロは厳しいですね。
  


Posted by 府中店長 at 07:51Comments(0)広島東洋カープ

2018年10月27日

シリーズ開幕

 今朝の地元紙、番組欄を見ると地上波もBSも日本シリーズの放映無し、『近県のテレビ欄』によると広島ホームテレビのみとなっています。

 広島ホームテレビはテレビ朝日系列、残念ながら島根県にはこの系列のテレビ局はございません。ケーブルテレビに加入すると見られるそうですが、我が家では月々の料金に鑑み、夫婦で未加入を即決した経緯がございます。

 しかし『やっててよかった、公文式!』ならぬ『契約しててよかった、プロ野球セット!』、スカパーのお蔭で楽しむことが出来るのですよ、いや~ありがたいありがたい。まっ、毎月3,980円も払ってますけどね。

 さてカープ先発大瀬良大地、初戦を取れば良い勝負が出きるでしょうが大瀬良で落せば4連敗の目も。

 而して願うはこれ。

 大地、我慢!!
  


Posted by 府中店長 at 08:56Comments(0)広島東洋カープ

2018年10月26日

ドラフト会議 その2

 昨夜、帰宅すると妻が興奮気味に「ねえねえ、今日のカープ、凄かったよ!」と申します。「ちょっと待った、一杯飲んでから」と焼酎をグビッ、やおら彼女の話に耳を傾けました。

「大阪桐蔭の根尾君は4球団が指名してね」
「で、何処に決まったん?」
「あれ、何処だったかな?」
「まあ良いわ。で、カープは?」
「それそれ、カープは報徳学園の選手を指名したんだけどね、その人も4球団が重複したんよ」
「何処と何処?」
「えーとね、ロッテ・・・じゃなくてオリックスと横浜、それとソフトバンク」
「へ~ソフトバンクねえ、それで?」
「カープは最後にくじを引いたんよね」
「そりゃそうじゃろ、カープはセ・リーグの優勝チームだけえの」
「で、残り物に福!」
「え?その選手はカープが取ったんか。で、名前は?」
「ん~とねえ、忘れた」

 仕方無いので今朝ほどネットで調べましたらそれは小園海斗選手、遊撃手とのことでございました。

 私が実際にこの目で見ているカープの歴代遊撃手は先ず現スカウト統括部長の苑田聡彦さん、ミムこと三村敏之さん、高橋慶彦、野村謙二郎、梵英心、そして田中広輔。

 そうかあ、カープは広輔の後釜を指名したか。4球団重複、一体どんな選手なんだろ?

 それにしても記事によるとカープが指名したのは7人、その内ドラ1含め内野手が3人、ふ~む。

 庄司隼人選手、戦力外通告、受けねば良いが。
  


Posted by 府中店長 at 08:02Comments(0)広島東洋カープ

2018年10月25日

ドラフト会議

 昨夜、駒を並べながら『第8期女流王座戦五番勝負第1局』の棋譜を追っておりましたら、居間でテレビを観ていた妻が「ねえ、ドラフトは何時?」と問います。そこで棋譜を一旦置き、ネットで調べますと25日の17時からと知れました。

「明日夕方の5時から、テレビで中継するらしいで」
「大阪桐蔭の内野手が一番人気らしいよ」
「ふ~ん、名前は?」
「根尾君、四番バッターの外野手より評価が高いって」
「大阪桐蔭の四番?名前は?」
「えーとねえ、・・・分からん」
「ふ~ん」
「カープは誰を指名するかねえ」
「誰かのぉ」
「何かねえ、報徳学園の内野手って話もあるみたいだよ」
「ふ~ん、名前は?」
「名前までは知らんけどね」

 ドラフトは光と影、笑う選手も居れば泣く選手もまた。

「選手はドキドキで今夜は眠れんだろうね」
「う~ん、指名を待つ選手もそうだけどなあ」
「ん?」
「2軍の選手はもっとドキドキじゃろう」
「2軍の選手?」
「例えばカープよ。今年で新井と天谷が引退、投手の佐藤と辻、そして野手の土生が戦力外通告、今のところ五つしか空きが無いのよ」
「うんうん」
「それでドラフトで6人指名してみいや、誰か一人は首を切られにゃあならん、『ひょっとして?』と今夜はおちおち寝とられんわな」
「がんちゃん、大丈夫かねえ?」
「う~ん、大丈夫と思うけどのぉ」

 がんちゃんこと岩本貴裕選手32歳、地元広島出身、亜細亜大学から2008年ドラフト1位で入団。強肩強打で将来の四番と言われておりましたが近年は若手の台頭もあり、出番がめっきりと減ってしまいました。

「がんちゃんはのぉ」
「ん?」
「がんちゃんはトレードで他球団へ行った方が良いかもしれんで」
「何でね」
「残念ながら今のカープだと出番が無い、けどここぞの打撃と一塁の守備はピカイチじゃけえな」
「だけどねえ、カープでこそのがんちゃんでしょうが」
「う~ん、自他ともに認めるカープファンだしなあ」
「難しいねえ」
「ああ、何れにしてもドラフト次第じゃろ」

 今日もまた、悲喜こもごものドラフト会議が展開されそうです。
  


Posted by 府中店長 at 07:49Comments(0)広島東洋カープ

2018年10月20日

苦言

 「もう、阿部や坂本は何をやっとるね!」、テレビを観ていた妻が突然怒り出しました。

 8回、菊池の超美技も見た。岡田やイッチー、フランスアの安心投球も見た。カープの日本シリーズ進出を見届け二人でハイタッチもした、でも怒ったのですよ。

 それは試合終了後、高橋由伸監督が巨人ファンの元へ挨拶に出向こうとベンチを出て、選手達を促すような仕草で歩を進めようとしていた場面でした。

 一人先頭に立ってビジターパフォーマンス席の方向へ向かう高橋監督、その後を力無い足取りで続く選手達、しかし「それじゃあダメ」と妻が申します。

「気持ちは分るけど阿部や坂本はそれじゃあダメ。監督と一緒に並んで歩き、真っ先にファンの元へ行かんと」

 おそらく彼女は阿部選手と坂本選手に露払いと太刀持ちの役割を率先して務めて貰いたかった、それがチームの中心選手の責務なのだと感じたのでしょう。

 へ~、良いこと言うねと妻を見直しました。

 勝てば選手の力、負ければ監督の責任、それが勝負の非情なところです。この試合を最後にユニフォームを脱ぐ高橋監督にせめて最後の土俵入りを、その思いはマツダスタジアムを埋めたファンも同じだった様です。

 呪縛から解き放たれたかのような高橋監督の笑顔、そして去る高橋監督にカープファンから由伸コール、爽やかな感動を覚えた昨夜のCSファイナルステージ第3戦でございました。
  


Posted by 府中店長 at 08:56Comments(0)広島東洋カープ

2018年10月19日

悔やまれる勝負球

 CSファイナルシリーズ第2戦、店を閉め家に帰って即テレビのスイッチオン、時刻は7時10分頃であったと思います。

 しかし画面を見ると両チームの選手がベンチで待機中、「ありゃ、雨で中断か?」と思いましたが然に非ず、何と試合は既に5回を終わってグランド整備中でございました。開始1時間で5回終了、稀に見る好試合です。

 見始めて直ぐに坂本選手がヒット、解説を聞くとこれがジャイアンツの初ヒットとか、更に巨人の田口投手も被安打1とのこと、手に汗握る投手戦です。

 一塁手メヒア選手のミスで場面は二死二塁へ、ここでマギー選手の適時打が出て巨人が1点を先取しました。今までのジョンソン投手であれば味方のミスに冷静さを欠き、嘘のように連打を浴びるところですがここは何とか踏ん張りました。「ジョンソンも少し大人になったな」、そう思ったものでございます。

 さて7回裏、巨人は被安打1、投球数67、無失点の田口投手から畠投手へと継投策に出ました。

 代り端、畠投手は丸選手を三球三振、最後の内角ストレートは目を見張るものがございました。丸選手がバットを振ることなく見逃したこの球に「こりゃあ打てんわ」と脱帽した次第。

 そして8回裏、一死から代打で登場の西川龍馬選手も同じ内角ストレートで見逃し三振、手も足も出ません。二死無走者、ここに至り夫婦の会話。

「打てんねえ」
「ああ、今日の畠は最高じゃ」
「誰か打ってくれんかねえ」
「う~ん、まっちゃんのアンパンチに賭けるしかないのぉ」
「まっちゃん頑張れ!」

 夫婦の淡い期待を受けた松山選手が打席へ、しかしここから畠投手がガラッと変わってしまいます。何故だか分りませんがあれ程の直球、スピードも威力もあるあの内角直球を松山選手へは一球も投じませんでした。結果四球、思わず「何でストレートを投げんのかな?」と呟いておりました。

 代走上本選手、代打新井選手、この日一番の盛り上がりです。

 上本選手が盗塁し二死二塁へ、一打同点のチャンス、ここでも「エッ?」と声を上げました。

 何と勝負球がフォークボール!

 あのストレートはどうした!?内角高めに投げ込めばおそらく新井選手のバットは空を切ったはず、何とも不思議な配球でございました。

 続く田中選手へもフルカウントから変化球、それが外れて四球、二死一・二塁とピンチが広がります。この場面でも一緒なことを感じました、「何で直球を投げ込まないんだ?」と。

 最後は菊池選手に逆転の3点本塁打、これまた変化球、妻とハイタッチをして雄叫びを上げましたが、一方で「何であのストレートを?」と不思議な心持ちがしておりました。

 畠投手に聞いてみたい、「何であの凄いストレートを勝負球にしなかったの?まっちゃんの時も新井の時も」と。

 9回表、昨夜の中﨑投手は最低の出来でした。球は高く浮き時に真中に集まる、一死一・二塁から放った阿部選手の打球がホームランにならなかったのは僥倖以上の神がかりと申せましょう。

 最後の打者は亀井選手、フルカウントからボール球を打ちセカンドゴロ、あれを見逃されて二死満塁となっていたら恐らくは逆転の憂き目を見たことでございましょう。

 昨夜絶好調だった畠投手、片や最低の出来だった中﨑投手、でも終わってみれば 巨1-4広。

 「野球は分からんのぉ」、そう妻に声を掛けた昨夜のCSファイナルシリーズ第2戦でございました。
  


Posted by 府中店長 at 09:39Comments(0)広島東洋カープ

2018年10月18日

三試合目にして

1試合目 4月4日
 対東京ヤクルトスワローズ2回戦、高橋昂也投手プロ初登板初先発。

2試合目 9月5日
 対阪神タイガース19回戦、この日、新井貴浩選手が今シーズン限りでの引退を表明。

3試合目 10月17日
 CSファイナルシリーズ、対巨人一試合目。

 以上、今年私が開始から終了まで見届けた試合、無論スカパー観戦です。

 4月4日は ヤ8-5広、9月5日が 神11-3広。

 ここまで二連敗も昨日はやっと勝ちました。エースが投げて主砲が打つ、カープにすれば満点の試合でした。巨1-6広。

 しかし余りにも理想的な試合、初めに良い試合をし過ぎましたねえカープは。

 さあ今夜、ここで勝てば日本シリーズも視野に入るのですが。

 ジョンソンの力投、まっちゃんのアンパンチに期待。
  


Posted by 府中店長 at 09:43Comments(0)広島東洋カープ

2018年10月02日

究極のファンサービスか?

『広島の赤松真人外野手(36)が来季も現役を続行することが1日、分かった。昨年1月に胃がんの摘出手術を受け、今季は2軍で55試合に出場。打率・237、5打点、5盗塁だった。体は順調に回復しており、グラウンドに立ち続ける意欲は失っていない。1軍昇格を目指した戦いは来季も続く。』デイリースポーツ 10/2 6:01配信

 新井貴浩選手の人的補償でタイガースからやって来た赤松選手、走塁と守備は超一流、「赤松が守っている所へ球が飛んだら大丈夫」、ファンにそう思わせる名脇役です。



 そんな彼に病魔、一昨年暮れに胃がんを公表し翌年1月に胃の半分を摘出、復活を目指し今年から2軍に合流しています。「もう一度マツダのグランドに立って欲しい」、そう熱望するファンは多いはず、ともかく「頑張って」としか言えません。

 さてそんな赤松選手の古巣タイガース、昨夜の阪神-横浜23回戦をテレビ観戦致しましたが本拠地甲子園で 0-10 の大敗、安打数1、阪神ファンには何ともやるせない一戦となりました。

 しかしそんな中、9回表のマウンドに才木浩人投手(19)が上がりました。高卒2年目、カープ戦に先発して力投する姿を何度か目にしていましたので「この場面で才木?」と驚きました。

 解説によれば藤川球児投手の故障により先発から中継ぎへと配置転換されたとか、「勿体無い」と心底思いましたねえ。

 順調に育てば藤浪晋太郎投手との二枚看板も夢じゃない、そう感じていた才木投手ですからあのまま先発で頑張って欲しかったのですが。

 そして思いました、これは金本監督からのファンサービスではないのかと。

 「地元でこんな試合をして申し訳ありません。見るべきところは何も無い試合でしたが最後に期待の星、才木の投球を観て帰って下さい」、金本さん、そう思ったんじゃないのかと。
  


Posted by 府中店長 at 09:13Comments(0)広島東洋カープ

2018年09月30日

安定安心の四凡

 野球用語に「三者凡退(さんしゃぼんたい)」がありますがこれは一回の攻撃が打者三人で終ることを言い、つまりは投手がきっちりと三人で抑えその回を無得点に封じる状態を言います。

 一方正式用語ではありませんが「四者凡退」、通称四凡(よんぼん)と言うのがあります。ランナーを一人出しながら結果的に0点に抑えることなのですが、広島カープの四凡投手と言えば先ずこの人、永川勝浩選手に指を折ります。



 永川選手は四凡どころか五凡、更には六凡も得意とする投手でして、カープ暗黒時代、彼の演じる『永川劇場』に一喜一憂したことを覚えているファンも多いことでしょう。

 さて昨夜の巨人-広島23回戦、妻の「7-4で勝っとるよ」の声にテレビの前に座りました。しかし私のテレビ観戦を待っていたかのような7回裏の巨人の逆襲、坂本選手のツーランホームラン、阿部選手のタイムリーヒットと出てたちまち 7-7 の同点となり場面は二死満塁へ、ここでアドゥワ投手から永川投手に交代しました。

 マウンドに上がる永川投手を見ながら、「打たれるんならあっさりホームラン、そして打たれても毅然としている何時もの態度をアドゥワに見せてやってくれ。良く見ておけよアドゥワ!」と心の中で呟きました。

 この回から救援に立ったアドゥワ投手はリードの3点を守れず、更に二死一二塁から長野選手に四球を与えがっくりと来たのか表情にも態度にもそれを出してしまいました。

 未だ19歳、アドゥワ投手にそれを求めるのは酷かもしれませんがマウンドに立つプロの投手であれば常に堂々とあるべきです。そして永川投手は打たれても表情を変えず、次打者に向かい闘志満々と投げ込む選手なのです。

 亀井選手への二球目、内角のカットボールでしょうか、あわや満塁ホームランの当りもライトフライに打ち取り、次の8回裏は二死から坂本選手にヒットを許すも続く田中選手をセンターフライに打ち取り見事四凡。

 あの場面、二死無走者で打者坂本選手、「ホームランと四球は不可、ヒットならOK」との観る側の思い通りの投球でした。「いや~良いものを見せて貰った。安定安心の四凡じゃのう」と勝敗を見届けること無く眠りに就きました。

 で、朝新聞をみると9回表に1点取って 8-7 と勝利、「ちゅうことは勝利投手は永川かいな?」。

 永川投手でした、これで今季2勝目、四凡の勝利と言えそうです。
  


Posted by 府中店長 at 08:38Comments(0)広島東洋カープ

2018年09月29日

中国新聞

 これが広島の地元紙です。





 凄いですよね。face_02
  


Posted by 府中店長 at 08:45Comments(0)広島東洋カープ