QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
府中店長
府中店長
オーナーへメッセージ

2018年02月19日

三段リーグの壁

『将棋の里見香奈女流名人(25)=女流王座、女流王位、女流王将、倉敷藤花=が18日、大阪市の関西将棋会館で行われた棋士養成期間「奨励会」第62回三段リーグの15・16回戦で連敗し、通算成績7勝9敗となって今期限りでの退会が確定した。』スポーツ報知 2/18 17:08配信

 女性初のプロ棋士を目指し女流棋戦と並行して三段リーグを戦って来た里見香奈三段でしたが、残念ながら7年間に渡る彼女の挑戦が終りを告げました。


 お疲れ様、そしてありがとうと申し上げたい。

 夢を見せ続けて頂いた7年間でございました。
  


Posted by 府中店長 at 07:06Comments(0)里見奨励会三段

2018年02月05日

9連覇

 『将棋の「第44期女流名人戦」五番勝負第3局が4日、千葉県野田市の関根名人記念館で行われ、後手の里見香奈女流名人(25)=女流王座、女流王位、女流王将、倉敷藤花=が挑戦者の伊藤沙恵女流二段(24)に104手で勝ち、3連勝で自らの記録を更新する9連覇を達成した。』スポーツ報知 2/5 7:08配信

 リーグ戦を9戦全勝で勝ち上がった最強の挑戦者、伊藤沙恵女流二段相手にあっさり三連勝、第44期女流名人戦は里見さんの強さが際立ったシリーズでした。

 受け将棋の伊藤さんが受け切れない速攻の寄せ、『出雲のイナズマ』の本領発揮、この調子で今週末(10日)の第62回奨励会三段リーグ戦第13・14回戦に臨んで貰いたいもの。

 現在里見さんは7勝5敗、残り6局を3勝3敗の五分なら10勝8敗で勝ち越し、そうなればリーグ戦残留、出雲の神々よ御加護あれ。
  


Posted by 府中店長 at 09:35Comments(0)里見奨励会三段

2018年01月29日

9連覇へ王手

 第44期女流名人戦五番勝負第2局は91手で伊藤女流二段が投了、シリーズ成績は里見女流名人の2連勝となり、名人位防衛(9連覇)に王手を掛けました。終局時刻は15時49分、消費時間は▲里見女流名人2時間8分(残り時間52分)、△伊藤女流二段2時間57分(同3分)。


 『暗雲が上空を覆った午後3時過ぎ。「出雲のイナズマ」が切り裂いたのは空ではなく盤上だった。相手玉を背後から最短距離で襲う▲3一角。「攻めが調子良く続くと思ってました。一番いいかな、と思って指しました」。鮮烈すぎる一手が勝局の象徴となった。

 終盤の入り口、65手目だった。先手玉は安泰で、後手玉は風前のともしび。戦力も十分。セオリーなら安全勝ちを目指したい局面だが、里見は指先を駒台の角に伸ばし、大胆にも3一の地点に打ち込んだ。素人目には△同玉とされてタダで角を献上するように映る一手だが、終わってみれば最速の寄せ。鬼の終盤力を披露した。』スポーツ報知 1/29 7:05配信

 昨夜棋譜を見ながら駒を並べてみましたが確かにこの▲3一角は圧巻、解説を読むと誠に厳しい一手と知れました。正に『里見強し』、伊藤さんは為す術無しの感。

 第3局は2月4日、千葉県野田市の「関根名人記念館」で行われます。次局こそ伊藤さんの華麗な受け将棋が炸裂か、はたまた里見さんが一気の三連勝で防衛か、第44期女流名人戦は興味尽きぬ展開となって参りました。
  


Posted by 府中店長 at 07:58Comments(0)里見奨励会三段

2018年01月28日

本日第二局

 里見香奈女流名人に伊藤沙恵女流二段が挑戦する第44期女流名人戦五番勝負第2局が、本日里見さんの地元でもある島根県出雲市の「出雲文化伝承館」で行われます。


 箱根で行われた第1局はまさかの展開、「受け将棋」と自他共に認める伊藤さんが98手で投了、終局が14時43分とあっけない幕切れとなりました。

 それだけに今日の伊藤さんは捲土重来を期し、「里見名人何するものぞ」と迫力ある指し手を展開することでありましょう。また一方の里見さん、地元出雲で地の利を得、連勝で防衛に王手を掛けたいところ。

 里見さんの先手番で開局は午前9時、何れ好勝負必至、今日が水曜日なら間違いなく出雲へ出掛けるのですが。
  


Posted by 府中店長 at 07:56Comments(0)里見奨励会三段

2018年01月23日

7勝5敗

 昨日配達から帰ったのが12時20分、「飯よりこっち!」とばかりお気に入りの中の『第62回奨励会三段リーグ戦』をクリック、祈るような気持ちで見入りました。

 リーグ戦の名簿は順位順、つまり前リーグ戦の成績順に名前が並び、最終的に昇段可能な成績、例えば12勝6敗で並んだ場合は順位の上の人が昇段します。

 さて1月21日、里見さんが最初に対戦したのが三浦孝介三段(順位5位)、続いて甲斐日向三段(同1位)、リーグ戦表の一番上と5番目に名前が載る実力者です。

 因みに里見さんは23位、ですから画面をスクロールして里見さんの星取りを見るまでも無く1番目と5番目を目にすれば事が足りるのです。

 恐々薄目、正にこれでございました。

 だってねえ、ここで連敗を喫し5勝7敗となれば奨励会残留は赤信号、1勝1敗でも黄信号、相手は順位表の1位と5位、『祈る様な』とはあんな気持ちを言うのでしょうね。

 然るに目に飛び込んだのがこれ!

 『甲斐日向 ○井田 ●里見』

 えっ!、里見さん、甲斐三段に勝ったのか!?

 そしてこれ!

 『三浦孝介 ●里見 ●黒田』

 ひゃー、里見さん連勝だがな!!

 で、しっかり確認。

 『里見香奈 ○三浦 ○甲斐』

 ここに来て初の連勝、結果里見さんは7勝5敗に。私、大国主命を始め出雲の神々に心から感謝申し上げました。

 残すところ6戦、3勝3敗で10勝8敗、リーグ戦勝ち越しが現実のものとして視野に入って参りました。勝ち越せばリーグ戦残留、出雲の神々よ、もう一踏ん張りのご加護を。
  


Posted by 府中店長 at 08:30Comments(0)里見奨励会三段

2018年01月21日

正念場

 第62回奨励会三段リーグ戦は本日第11・12回戦、ここまで5勝5敗の里見香奈三段は瀬戸際の戦いが続きます。

 今日の対戦相手は三浦孝介三段(19)、そして甲斐日向三段(25)。

 三浦三段はここまで4勝6敗、甲斐三段は7勝3敗。

 甲斐さんは前リーグ戦で次点、昇段叶わず涙を呑みそして里見さん同様現在25歳ですから年齢制限の壁が立ちはだかります。

 今日の対戦がおそらく里見さんの命運を分けるかと存じます。以前にも申し上げましたが出雲の神々に祈るのみ、ファンにはそれしかございません。
  


Posted by 府中店長 at 08:41Comments(0)里見奨励会三段

2018年01月14日

5勝5敗

 1月7日に行われた第62回奨励会三段リーグ戦の第9・10回戦で里見香奈三段は1勝1敗、これで通算成績は5勝5敗となりました。

 現時点で8勝2敗・3名、7勝3敗・5名、6勝4敗・8名、従って里見さんより上位の方が16名の状態ですので成績上位者2名のみが手にする四段昇段へはかなり厳しい状況となってしまいました。

 残る8局を5勝3敗と勝ち越せば奨励会に留まることが出来ますが、逆に4敗目を喫した時点で年齢制限により奨励会からの退会を余儀無くされます。

 1月21日 第11・12回戦
 2月10日 第13・14回戦
 2月18日 第15・16回戦
 3月 4日 第17・18回戦

 しかも今後の対戦相手が皆手強いのです。

 三浦孝介  4勝6敗
 甲斐日向  7勝3敗
 貫島永州  7勝3敗
 服部慎一郎 8勝2敗
 藤田彰一  5勝5敗
 冨田誠也  6勝4敗
 本田 奎  2勝8敗
 関矢寛之  6勝4敗

 実に現時点で里見さんより成績上位者が8名中5名、特に甲斐・貫島・服部の各三段は充分昇段圏内の成績を収めています。

 そして本日より第44期女流名人戦五番勝負が始まります。里見香奈女流名人に挑戦するのは伊藤沙恵女流二段、両者は今期だけで女流王位戦、女流王将戦、倉敷藤花戦に続きタイトル戦で4度目の顔合わせとなりました。

 1月14日 名人戦
 1月21日 奨励会
 1月28日 名人戦
 2月 4日 名人戦
 2月10日 奨励会
 2月13日 名人戦
 2月18日 奨励会
 2月25日 名人戦
 3月 4日 奨励会

 可哀相なくらいタイトなスケジュール、もはや出雲の神々に祈るのみ。
  


Posted by 府中店長 at 08:32Comments(0)里見奨励会三段

2018年01月07日

祈るのみ

 第62回奨励会三段リーグ戦は本日第9・10回戦、ここまで4勝4敗の里見香奈三段は正念場を迎えました。

 ともかく18戦して最低でも10勝8敗、それ以下の成績では奨励会からの退会を余儀無くされるのです。

 今日を含めて残り10戦、何とか6勝4敗でと願っております。
  


Posted by 府中店長 at 10:35Comments(0)里見奨励会三段

2017年12月23日

防衛

 昨日行われた第7期女流王座戦五番勝負の最終第5局は105手で加藤桃子女王が投了、里見香奈女流王座(25)=女流名人、女流王位、女流王将、倉敷藤花=が2連敗からの3連勝で逆転防衛を果たしました。


 昨夜棋譜を見ながら駒を並べてみましたが里見さん自身が優勢を意識したのは95手目の▲8一飛車打ち、確かにその時点で先手の玉は遠く、後手玉へはじわじわと攻め駒が迫って来る展開となっておりました。

 加藤さんにとって2連勝スタートが却ってあだになってしまったのか、誠に惜しいタイトル戦となってしまいました。それにしても2連敗後の3連勝ですか、『出雲のイナズマ』強しの感。

 さてこれで五冠を維持したまま来年一月から始まる第44期女流名人戦五番勝負に臨む里見さんですが、挑戦者はあの伊藤沙恵女流二段(24)です。

 伊藤さんは今期女流王位戦、女流王将戦、倉敷藤花戦で三度里見さんに挑みましたが何れもタイトル奪取には至っていません。

 歴代最多8連覇中の里見香奈女流名人 VS 女流名人リーグを9戦全勝で制した伊藤沙恵女流二段、里見さんの9連覇か伊藤さん悲願の初タイトル奪取か、1月14日の第1局を今からとても楽しみにしております。
  


Posted by 府中店長 at 08:24Comments(0)里見奨励会三段

2017年12月21日

最終局

 挑戦者加藤桃子女王の2連勝でスタートした第7期女流王座戦五番勝負は第3局、第4局と逆に里見香奈女流王座が連勝、対戦成績が2勝2敗のタイとなり、雌雄を決する第5局がいよいよ明日東京将棋会館で行われます。さすがにタイトル保持者同士、女流棋界最高峰の女流王座戦に相応しいタイトル戦となりました。

 加藤さん2連勝を受け、如何な里見さんでも挽回は叶わぬであろうと思いました。最後の1勝の難しさを改めて痛感させられる本タイトル戦となりましたが、実は里見さんは過去にも2連敗スタートのタイトル戦を経験しています。

 それは昨年の1月から2月にかけて行われた第43期女流名人戦五番勝負、挑戦者は上田初美女流三段でした。この時も上田さん2連勝から里見さんが巻き返して第5局へ進んだのですが、その最終局が素晴らしかった。

 何せ指し手が202手、午前10時に始まり終局が午後6時49分、両者がっぷり四つに組んでの熱戦は僅かに里見さんに軍配が上がり女流名人8連覇を達成したのです。

 あの時の様に2連敗後の3連勝で里見さんが防衛か、それとも加藤さんがタイトル奪取で悲願のクイーン王座獲得か、何れ好勝負必至の最終局、特設サイトは【こちら】です。 
  


Posted by 府中店長 at 08:14Comments(0)里見奨励会三段

2017年12月11日

26歳の壁

 奨励会に年齢制限有り、このことは本ブログで何度か申し上げて参りました。

【満21歳の誕生日までに初段、満26歳の誕生日を迎える三段リーグ終了までに四段に昇段できなかった者は退会となる。ただし三段リーグで勝ち越し(10勝8敗以上)を続ければ満29歳を迎えるリーグ終了まで延長して在籍できる。】

 私は今まで来年3月に26歳となる里見香奈三段のことばかり心配して来ましたが、ふと、進行中の第62回奨励会三段リーグ戦に参戦中で現在25歳の方は何人居るのだろうと思い調べてみました。

 甲斐日向:5勝3敗
 藤田彰一:3勝5敗
 坂井信哉:4勝4敗
 慶田義法:5勝3敗
 黒川智記:2勝6敗
 里見香奈:4勝4敗
 
 今25歳なら当たり前ですが来年の今頃は26歳。

 誕生月で明暗が分かれますが早い人は里見さん同様今回のリーグ戦まで、9月生まれ迄の人は次回リーグ戦、そしてそれ以降に誕生日を迎える方でも第64回リーグ戦までに昇段出来ないと退会となってしまいます。

 1期に二人しか昇段出来ない三段リーグ戦、甲斐三段以下6名の方々の内一体何人が栄冠を手にするのか。

 全く存じ上げない方ですが黒川智記三段の2勝6敗、この数字が目を射る今朝でございます。
  


Posted by 府中店長 at 09:26Comments(0)里見奨励会三段

2017年12月09日

逆王手

 昨日の第7期女流王座戦五番勝負第4局は里見王座が巻き返しに成功、2連敗からの2連勝で対戦成績を五分に戻し、決着は12月22日に行われる最終局へともつれ込みました。

 昨夜は島根県唯一の硬式野球クラブ『MJG島根』の納会が地元の和食の店『京らぎ』さんで開催され、私もファンクラブの一員として出席しました。従って昨夜中に駒を並べてみることは叶わず、今朝方出社してじっくり特設サイトに見入った次第です。

 何時ものことですが解説を読んでもサッパリ分りません、76手目の△3七馬の手に「後手(里見さん)が優勢から勝勢という局面ですね」の解説にも「へ~これで勝勢?」ってな按配です。

 僅かに84手目、里見さんの△8九桂成に加藤さんが同玉と応じ穴熊が崩れた場面で「後手良し」と感じました。穴熊は非常に固い守り方ですが一旦崩れると割と脆い、これはしばしば目にするところです。

 それから8手目、里見さんの△6七角で加藤さんが投了、終局は16時21分とのことでございました。

 勢いのまま里見さんの防衛か或いは加藤さんが復位を果し「クイーン王座」の称号を得るのか、何れ好勝負は必至、22日の対局を今から楽しみにしております。
  


Posted by 府中店長 at 08:12Comments(0)里見奨励会三段

2017年12月08日

第7期女流王座戦

 里見王座の1勝2敗で迎えた第7期女流王座戦は本日第4局、タイトル保持者同士の一戦は佳境に入って参りました。

 加藤桃子女王が勝って復位となれば王座位通算5期となり「クイーン王座」の称号を獲得、そうはさせじと里見さんが踏みとどまって第5局に持ち込むのか、何れ見応えのある対局となりそうです。

 さて先日羽生善治棋聖が竜王位を奪取、これで前人未到の永世七冠を達成されました。一部報道で「国民栄誉賞もの」と言われていますが宜なるかなの感、王さんのホームラン数に匹敵する、いやそれ以上の偉業と申せましょう。

 私、ちょっと興味がありましたので永世称号をお持ちの棋士を調べてみました。

永世竜王:渡辺明・羽生善治
(連続5期または通算7期)

永世名人:大山康晴・中原誠・木村義雄・谷川浩二・羽生善治・森内俊之
(通算5期)

永世王位:大山康晴・中原誠・羽生善治
(連続5期または通算10期)

名誉王座:中原誠・羽生善治
(連続5期または通算10期)

永世棋王:羽生善治
(連続5期)

永世王将:大山康晴・羽生善治
(通算10期)

永世棋聖:大山康晴・米長邦雄・中原誠・羽生善治・佐藤康光
(通算5期)

 改めて羽生さんの強さに敬服した次第、「凄い」の一言でございました。


【第7期女流王座戦五番勝負第4局の棋譜はこちら
  


Posted by 府中店長 at 09:01Comments(0)里見奨励会三段

2017年12月05日

4勝4敗

 12月3日に行われた第62回奨励会三段リーグ戦の第7・8回戦で里見香奈三段は1勝1敗、通算成績は4勝4敗となり現在までの全体成績は以下の様になっています。

 6勝2敗 長谷部浩平三段以下5名
 5勝3敗 甲斐日向三段以下10名
 4勝4敗 冨田誠也三段以下7名
 3勝5敗 三浦孝介三段以下9名
 2勝6敗 本田 奎三段以下4名
 1勝7敗 横山友紀三段

 本ブログで何度か申し上げましたが、奨励会は満26歳を迎えるリーグ戦終了時までに四段に昇段出来なければ退会との年齢制限があります。但しそのリーグ戦で10勝8敗以上の成績で勝ち越せば奨励会に延長して在籍出来るという制度もあり、里見さんには何とか10勝8敗以上の成績をと願っています。

 しかしさすがに『地獄の』と形容される三段リーグ戦、過去の里見さんの成績は昇段には程遠い厳しいものでした。

 第58回 5勝13敗
 第59回 7勝11敗
 第60回 8勝10敗
 第61回 7勝11敗

 ご覧の様に過去4回のリーグ戦は最高でも8勝10敗、五分の成績すら残していません。これで「何とか10勝8敗」と言うのも酷な気がしますが、ここは出雲の神々のご加護を信じ見守ることに致しましょう。

 一方、挑戦者加藤桃子女王の2連勝でスタートした第7期女流王座戦五番勝負は第3局で里見さんが踏み止まり、成績を1勝2敗として12月8日の第4局に臨みます。

 里見王座が逆王手を掛けるか、はたまた加藤女王の復位成るか、注目の一戦となりました。
  


Posted by 府中店長 at 08:07Comments(0)里見奨励会三段

2017年11月27日

倉敷藤花戦

『第25期大山名人杯倉敷藤花戦三番勝負(岡山県倉敷市など主催)の第2局は26日、同市で行われ、里見香奈倉敷藤花(25)が挑戦者の伊藤沙恵女流二段(24)に121手で勝ち、2連勝で3連覇、通算8期目の獲得を達成した。

 里見は女流王座、女流名人、女流王位、女流王将とともに5冠を守ったが、進行中の女流王座戦五番勝負では加藤桃子女王(22)の挑戦を受けて現在1勝2敗のカド番に立たされている。』毎日新聞 11/26 19:50配信

 両者は来年1月14日から始まる第44期女流名人戦での対戦も決まっており、挑戦者の伊藤さんにすれば今回の敗戦を糧に女流名人戦に臨みたいところでしょう。

 里見さんの今後の対局は先ず12月3日に第62回奨励会三段リーグ戦の第7・8回戦、そして12月8日が第7期リコー杯女流王座戦五番勝負第4局となっています。

 今期の三段リーグ戦、里見さんはここまで3勝3敗、出来ればここで2連勝して貰いたいもの。来年3月まで続くリーグ戦で18局を指し、最低でも10勝8敗と勝ち越さねば退会となる里見さん、「頑張って下さい」としか言い様がございません。

 一方の王座戦、2連敗から1勝を返した里見さんですが8日の対局に勝ち、何とか12月22日の第5局に持ち込んで貰いたいと願うのみ。

 先の九州場所では久し振りに健闘を見せた隠岐の海が11勝4敗で敢闘賞を獲得、これが吉兆となってくれれば有難いのですが。
  


Posted by 府中店長 at 09:00Comments(0)里見奨励会三段

2017年11月21日

2連敗&3勝3敗

 第7期女流王座戦五番勝は第一局に続き第二局も加藤桃子女王が連勝、タイトル奪取に王手を掛け明日の第三局に臨みます。

 逆に里見王座は2連敗スタート、土俵際まで追い込まれる苦しい展開となりました。幸い明日は定休日、ネット中継でじっくり観戦したいと思います。

 三連勝で一気に加藤さんが王座返り咲きか、それとも里見さんが一矢報いるか、注目の対戦となりました。

 一方、第62回奨励会三段リーグ戦の第5・6回戦が11月19日に行われ里見さんは1勝1敗、通算成績が3勝3敗となりました。

 年齢制限により今期が四段昇段へのラストチャンスとなる里見さん、こちらも苦しい星取りとなりました。しかし10勝8敗と勝ち越せば次回リーグ戦に参加する資格を得ることが出来、来期へと希望が繋がります。

 瀬戸際に立たされた里見さん、『出雲のイナズマ』の底力に期待。
  


Posted by 府中店長 at 08:50Comments(0)里見奨励会三段

2017年11月04日

第7期女流王座戦五番勝負第2局

 加藤さん先勝で幕を開けた第7期女流王座戦は本日第2局、加藤さんが一気に王手を掛けるか、或いは里見さんがタイに持ち込むのか、10時の対局開始を「今や遅し」とお待ちの将棋ファンも多いことでしょう。

 第1局は156手まで、さすがにタイトル保持者同士の熱戦となりました。今回加藤さんがタイトルを奪取すると女流王座位が通算5期となりクイーン王座の称号を得ることになります。一方の里見さんは通算2期、つまり過去6回は加藤さんと里見さんの二人が本タイトルを独占して来たことになります。

 今日も熱戦必至、特設サイトは【こちら】です。
  


Posted by 府中店長 at 09:03Comments(0)里見奨励会三段

2017年10月26日

女流王座戦

 里見香奈女流王座に加藤桃子女王が挑戦する第7期リコー杯女流王座戦五番勝負は本日第1局、タイトル保持者同士の熱戦が展開されそうです。

 里見さんは現在女流五冠、女流棋戦6タイトルの内残る女王を保持する加藤さん、そして第1局の立会人は谷川浩司九段。

 豪華な顔ぶれによる第一局、特設サイトは【こちら】です。
  


Posted by 府中店長 at 07:59Comments(0)里見奨励会三段

2017年10月24日

1勝1敗スタート

 21日に行われた第62回奨励会三段リーグ戦の1・2回戦で里見香奈三段は1勝1敗、厳しいスタートとなりました。

 今リーグ戦内に満26歳となる里見さん、年齢制限により今期が最後の参戦となります。但し10勝8敗以上の成績で勝ち越せば奨励会に延長して在籍出来るという制度もありますので、何とか五分以上の成績をと願っております。

 一方もう一人の女性三段、西山朋佳さんは2連勝と上々のスタートを切りました。西山さんは22歳、前期も9勝9敗の好成績でしたので今季こそはの期待が掛かります。

 さてCS、昨夜も横浜ベイスターズが勝って3連勝、3勝2敗として今日にも日本シリーズ進出が決りそうです。果たしてカープの粘り腰は見られるのか、注目の一戦となりました。
  


Posted by 府中店長 at 08:12Comments(0)里見奨励会三段

2017年10月20日

女流王将戦

 昨日第39期女流王将戦三番勝負の第2局が行われ、第1局に続き連勝した里見王将が3連覇を達成しました。


 いよいよ明日から、第62回奨励会三段リーグ戦が始まります。「何とか良いスタートを」と願いながら新聞を眺める今朝でございます。

 さてCS第二戦は横浜が6-2で勝利、面白くなって参りました。今夜勝った方が日本シリーズへ進みそうな、そんな気が致しております。
  


Posted by 府中店長 at 08:37Comments(0)里見奨励会三段