QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
府中店長
府中店長
オーナーへメッセージ

2022年01月24日

防犯カメラ

 池袋ホテル刺殺事件は 21 日の 20 時頃発生、翌 22 日の午前中には被疑者の身柄が確保されたそうです。確保場所は八王子とか、新宿まで山手線で行って中央線に乗り換えたのかな? まあ何れにしろ電光石火の逮捕劇でございました。

 警察は防犯カメラの映像を順々に辿り確保に至ったのでしょうか? だとすると防犯カメラの威力って凄いですね、お釈迦様より上じゃないのか?

 それにして凶器がカッターナイフとは、決して鋭利とは言えない刃物での刺殺は被害者の方に苦痛と恐怖を強いたことでありましょう。容疑者は「ホテルでトラブルになり、カッとなって刺した」と供述しているそうですが、相手は 82 歳のお爺さん、自分は女性とは言え 24 歳の若者、いくらでも逃げることが出来たでしょうに。

 防犯カメラの有能さを改めて感じると共に、「何も殺さなくても」の思いが致します。

 若い身空で懲役確定かぁ、漫ろ哀れの感。
  


Posted by 府中店長 at 09:41Comments(0)店長日記

2022年01月22日

インディアン うそつかない

『 6 年半前に女子高生を殴り現金を奪ったとして、警視庁新宿署は 21 日、島根県雲南市木次町、自称家業手伝い、加納和通容疑者( 29 )を強盗傷害容疑で逮捕したと発表した。逮捕は 19 日。』讀賣新聞 1/22 6:33 配信

 記事の見出しが『歌舞伎町のホテルで女子高生の顔殴り金奪う…別の事件で DNA 型一致した男を逮捕』、クリックして目を通すと逮捕されたのがお隣 雲南市の若者、昨年別のわいせつ事件の捜査で島根県警が採取した DNA が歌舞伎町の事件の遺留物と一致したそうです。

 まあ DNA は嘘つかないってことでしょうかね。

 にしても島根県警、やるじゃないか。face_02
  


Posted by 府中店長 at 08:18Comments(0)店長日記

2022年01月19日

お別れ

 昨日は T 先生の御葬儀がご家族で執り行われ、その他一般の人は流れ焼香でお別れを致しました。

 流れ焼香は 9:45 ~ 10:15 の 30 分間、雪模様のため少し早く出て 9 時半には式場に着きました。それにしても流れ焼香の時間は 30 分間っていうのが多いですね、何か理由があるのかな?

 さて受付で奥様とお嬢様にお悔みを申し上げ焼香台へ進みますと、「直接お別れをなさりたい方は前方へお進み下さい」との張り紙がございました。

 えっ?先生にお会い出来るのか !?

 てっきりお骨になられたと思っておりましたが有難いことに先生のお顔を拝見出来、手を合わせながら心の中でお別れを申し上げました。

 奥様に伺うと最後は家族に看取られ苦しむことなく逝かれた由、厳しくもあり優しくもあった先生は穏やかなお顔でございました。

 T 先生安らかにお眠り下さい。合掌。
  


Posted by 府中店長 at 08:00Comments(0)店長日記

2022年01月17日

無差別事件

『JR 松江駅構内で女性が刃物で刺された事件で、松江署は 12 日、殺人未遂の疑いで、松江市雑賀町、無職筆谷征一容疑者(38)=銃刀法違反で逮捕、送検済み=を再逮捕した。再逮捕容疑は 1 日午後、駅構内にいた 80 代女性の胸部などを、殺意を持ち、刃物で複数回刺した疑い。同署によると黙秘しているという。』山陰中央新報 1/12 16:25 配信

 元日の松江駅で発生した無差別刃傷事件、このニュースを知った時はさすがにビックリしました。都会で度々発生する無差別事件、それがまさか松江駅で起こるとは驚きです。

 しかし思い返してみれば、何年か前に市内の地下道でご老人が刺殺されるという事件もありましたからね、あれも確か犯人と被害者は全く接点が無い無差別殺人でした。

 無差別事件を起こした犯人達の多くは「死刑になりたい」などとほざきます。死にたいけど自分で死ぬことが出来ないから事件を起こし、挙句に「死刑にしてくれ」とは何という痴れ者の虚言、理不尽の最たるものと申せましょう。

 しかし東大の受験生の方、お気の毒としか言い様がありません。最高学府の頂点、東京大学への入学を夢見て勉学に励んで来られたことでしょうに、一人の馬鹿者が他人の人生を狂わせるなど言語道断です。

 京王線事件、北新地事件、東大事件、そして松江駅刃傷事件。何とも酷い事件が続きます。
  


Posted by 府中店長 at 08:40Comments(0)店長日記

2022年01月14日

また死亡事故

『ボートレース多摩川最終日の 12 日、第 6 レースで小林晋選手=東京支部・ 85 期=が、 2 周バックストレッチ航走中に他艇と接触して転覆。直後に後続艇と接触した。直ちに救急車で府中市内の病院に搬送され、集中治療室で治療が行われたが、同日 15 時 52 分に死亡が確認された。死因は調査中。 44 歳だった。』スポーツ報知 1/12 22:35 配信

 尼崎競艇場で松本勝也選手が亡くなって僅か 2 年、またしてもレース中に死亡事故が発生してしまいました。

 ネットではこのレースの動画がアップされている様ですが、私はとても観る気になれません。常に命を懸けて走っている選手の最後の姿、それを興味本位に観ることは死者を冒涜するような気がするからです。

 44 歳とは正に男盛り、小林選手のご冥福をお祈り致します。

 合掌。
  


Posted by 府中店長 at 09:21Comments(0)店長日記

2022年01月13日

友からの手紙

 凡そ 4 ~ 5 年ぶりになるでしょうか、ある施設に入所している友人 T から手紙が届きました。彼とは高校一年生で同級となり、その後同じ大学へ進み卒業後はお互い島根に帰りましたのでずっと懇志にしておりました。

 しかし彼がアルコール依存症になった前後は何故か疎遠になり、ある時共通の友人からの電話で T の入院を知りました。早速面会に行き 2 ~ 3 時間話したのですが、アルコールによる脳の損傷って怖いですよ、後年、その時の事を T が全く覚えていないことを知り唖然としたことを思い出します。

 私はこれと同じような経験を二度しています。一度は大工をしていた伯父が現場の足場から地面に落ちた時、そして二度目は取引先の社長さんが脳梗塞で倒れられた時、何れも面会時には普通に話したのですが脳がそれを覚えていないのです。

 現場で頭を強く打った伯父、そして脳の血管が詰まった社長さん、何れも脳が大変なダメージを受け一時的に記憶する能力が欠落したのだと後から知りました。

 T も一緒、お医者さんからは記憶が戻ることはほぼ 100% 無いと言われています。ですから T と会って話せた頃は「お前ねえ、あん時の見舞い、返してごせや」と冗談口をたたいておりましたが続くコロナ禍、彼とはもう 3 年会っておりません。

 最後は震える手で書いたと思しき乱れた文字、そんな T からの手紙を繰り返し読み返す昨日でございました。
  


Posted by 府中店長 at 09:45Comments(0)店長日記

2022年01月11日

数の風景

 正月、目はテレビの駅伝を追いつつ兄が私にこう申します。

「清張さんの小説に加藤が出とる、お前知っとるかや?」
「加藤? 加藤って きらく食堂?」
「おお、その きらく よ」
「知らんなあ、それ何て題名の本?」
「ここ(実家)じゃあちょっと分からん、また教えちゃるわ」
「うん頼む。でも本当に加藤なん?」
「頓原のバス停の食堂って書いてある、加藤に間違いない」
「ふ~ん、そうかね」

 しかし古い話だねえ、加藤がバスの待合所だったのは楽に 50 年以上前のことだがね。バス発車まで男は きらく食堂でおでん宛てに酒を飲み、女子供は木の腰掛に座ってジュースを飲んだりドロップをなめたりして待ったんだよなあ。

 そして 8 日夜、兄からの電話でその本の題名は『数の風景』と知れました。

「数の風景? ホントに数の風景なの?」
「おお、今 手に持ってお前に電話しとるがな」
「その本なら確か持っとる、加藤は何頁くらいに出て来るんね?」
「う~んそうよのぉ・・・(暫しの間)、275 ページだな」
「分かった、ありがとう」

『ワシとしたことが、清張先生の本に出て来る ”頓原” の文字を見落とすとは !? 』、そう思いながら書棚を探し慌ただしく頁をめくりました。



 ところが前後の頁を含め再三目を通しましたが読んだ記憶が全く無い、少しは覚えて居そうなものですがそれが皆無の状態なのですよ。これはあれだな、『入手したことに満足しきって読むのを忘れる』典型的なパターンだな、うん、俺には良く有ることよ。

 しかし兄さんや、この食堂、原商店さんだと思うで。あっこは一畑の特急も停まっとったしなあ、うん、原さんだと思うわ。
  


Posted by 府中店長 at 08:05Comments(0)店長日記

2022年01月08日

衣笠祥雄さんの金言

『大相撲の木瀬部屋所属の幕内英乃海と初場所新十両の紫雷が、埼玉県内の違法賭博店に出入りし、賭博に関与した疑いがあるとして、埼玉県警が 2 人を事情聴取したことが 7 日、捜査関係者への取材で分かった。容疑が固まり次第、賭博容疑で書類送検する方針。』共同通信 1/7 22:52 配信

 昨年 12 月に違法賭博関与の疑いが発覚した二力士、仮に不起訴処分になったとしても協会の処分は免れないところでしょう。

 何でそんなことするかなあ?

 遵法精神の欠片も無いってことかな?

 かつて NHK の番組で衣笠祥雄さんが語られた金言、それを思い出す今朝です。

『スポーツの選手はいつも子供の手本でなきゃダメなんです。将来 大きくなって あんな人のようになりたい だからがんばるんだと 思ってくれるような プレーヤーでなきゃいけないんですよ。子供達が見て 正しいと思ってくれる道しか スポーツの選手は歩いちゃダメなんです。』
  


Posted by 府中店長 at 09:29Comments(0)店長日記

2022年01月04日

大阪排ガス規制

 最後に大阪市内へ配達に行ったのは何時だったろう? 間違いなく、10 年以上経ってるとは思うのですが。

 その時 東京の排ガス規制は知っていましたが、大阪も同様に排ガス規制を施行していることは全く知りませんでした。無事婚礼タンスの配達を終えた数日後、或るメーカーの方からそれを聞きました。

「えっ? お宅のトラックで大阪へ?」
「まあ知り合いからナビを借りたんで割と簡単に行けましたよ」
「いえ そうじゃなくて、大阪は排ガス規制なんですよ」
「えっ? 排ガス規制?」
「ええ、普通のディーゼル車は走れません」
「そうなの? じゃ、知らずに走ったら?」
「そりゃ勿論捕まります」

 あの時程安堵したことも有りませんねえ。走行中、荷下ろし中、その何れも御上の目に留まらなかったことは僥倖としか思えませんでした。大阪へ行ったは良いが排ガス規制で U ターン、そんなことになったら目も当てられないところでした。

 それから後、大阪府内への配達があるとヤマトホームコンビニエンス社さんに依頼することにしていますが、実は今日も集荷を依頼しているのです。

 行先は大阪市内のマンション、旅人はこの二人です。



「まあ達者でやりんさい」、そう声を掛け送り出します。
  


Posted by 府中店長 at 08:24Comments(0)店長日記

2022年01月03日

迷い犬

 令和四年、明けましておめでとうございます。
 本年も変わりませず、宜しくお願い致します。

 さて正月元旦、実家で屠蘇を祝っておりますと、令和四年最初の防災無線放送がチャイムの音と共に始まりました。

 この防災無線では町内死亡のお知らせ、また催し物などの案内をしてくれ、町民には欠かせぬニュース源となっています。特に死亡のお知らせは聞き逃せませんので、皆一応に耳を澄ませて放送に聞き入りました。

 すると・・・・・

「迷い犬のお知らせです。昨大晦日、お昼頃にエルシー(農協のスーパー)の駐車場で飼い犬が行方不明となりました。犬の特徴は云々」、一同顔を見合わせ大笑いでございました。

 故郷頓原は予報に反し降雪極少、トップニュースは迷い犬、誠に穏やかな新春を迎えました。face_02
  


Posted by 府中店長 at 09:03Comments(0)店長日記

2021年12月31日

大晦

 今年も拙き本ブログにお付き合い頂き有難うございました。

 来る年が幸多からんことを祈念申し上げます。

 今年のエンディングはこれ、吉右衛門さんに捧げます。
 
 令和三年大晦
  


Posted by 府中店長 at 05:40Comments(0)店長日記

2021年12月29日

彦根と近江八幡

 彦根に 70cm 超えの積雪との報に接し、近隣の近江八幡市に住む従姉に久し振りに電話をしてみました。さぞ雪で難儀しているだろうと思っての事でしたが、電話に出た彼女はあっけらかんとこう云うのです。

「雪?全然有らへんで。お天道はん、しっかり照ってはる」 face_08

 そげか、降っとらんのか。一般道を走っても 30 分ほどの距離とのことでしたが、「何故彦根にあれだけ降って近江八幡には降らないのか?」との問いに、「琵琶湖からの風向き、ちゃうかな?」との言。

「それより頓原が降ってへんか心配で、今朝、叔母さん(母)に電話したわ」
「お袋に?そりゃあ済まんなあ」
「そしたら あんたから電話、以心伝心やな」

 若くして寡婦となり、一人娘を嫁がせた彼女ですが、数年前に娘夫婦が近くに新築し「孫の世話をする機会も増えた」と嬉しそうに話します。

 ビール大好き人間の彼女ですから「年末年始、飲み過ぎんようにな」と言いますと、「あんたもな」と透かさず返されました。

 伯母が逝って 4 年が過ぎ、昔は盆と正月に必ず帰省していた彼女の足が故郷から遠退くようになりました。このまま疎遠になるのは不本意、「たまには電話せんとイケンな」と肝に銘じ、携帯電話の存在に改めて感謝する昨日でございました。
  


Posted by 府中店長 at 08:14Comments(0)店長日記

2021年12月26日

琴引フォレストパークスキー場

 オープン二日目、昨日お昼過ぎの琴引 ↓ 。



 今朝 7 時、随分積もったねえ ↓ 。



 ふ~ん 70cm 。

 さっ、雪掻きだ雪掻き !!
  


Posted by 府中店長 at 07:33Comments(0)店長日記

2021年12月25日

あんたがトップだけえよね

 ふ~ん、6.8 億円ねえ。



 不正受給した子会社の社長に対し、HIS の社長は会見で「むかついている。なんでそんなことをするのか」と罵ったそうですがそりゃそうでしょうよ。

 だってねえ、子分が血税を不正受給したんでしょ。それなのに親分、つまりあんたは引責辞任を考えとらんそうな。

 そんなトップの下だけえね、子会社の社長なんてそんなもんでしょうよ。

 古人曰く、推して知るべし。
  


Posted by 府中店長 at 08:44Comments(0)店長日記

2021年12月24日

しめ飾り

 あれは何時頃までだったでしょうか? 昔はフロントバンパーにしめ飾りを付け、車にも新年の装いを施したものでございました。あれねえ、しめの上だけを針金で車に取り付けますから走っている時のしめ飾りは裏側を見せて宙返り、そんな状態でございました。

 時代は移り、車のしめ飾りが消えて今では玄関に飾る家も少なくなりました。子供の頃は何処の家でもしめ飾りと国旗を掲げて迎春を祝い、除夜の鐘と共に氏神様へと参ったものでしたが今は昔の感が致します。

 さて今朝の地元紙、故郷頓原のしめ縄作りを報じています。



 1 本 1,700 円で 29 日まで販売とか、いよいよ今年も暮れようとしています。コロナに翻弄された令和三年、記事の表題の如く、来る年は平穏な一年であって欲しいと願います。
  


Posted by 府中店長 at 07:54Comments(0)店長日記

2021年12月23日

はがきデザインキットと CSV

 長らくお世話になって来た郵便局の『はがきデザインキット』、何だか良う分からんのですが昨年までの操作が出来なくなり、結果的に年賀状が作れなくなりました。

 で、意を決し楽天市場で『筆結び』 2,049 円(税込・送料込)を購入、昨定休日に年賀状作成に取り組みました。宛名管理をしているのが 150 名ほど、新たに住所録と裏面を作って印刷完了まで「恐らく丸一日を要するであろう」と覚悟を決めておりました。



 先ずコーヒーを入れ未練がましく『はがきデザインキット 2021 』を再訪、すると唯一起動する住所録機能の中に『住所書出』ってのを発見しました。

 宛名住所を『すべて選択』し恐る恐るそれをクリック、するとですねえ、住所録を CSV ファイルに書き出すことが出来ると判明したのですよ。

 まあこの時点で「 CSV ? そりゃ何じゃい!」と思いましたが溺れる者が必死に藁を掴もうと もがいた挙句、どうやらその CSV たら言うモンは『筆結び』で読み込み可能と知れたのです。

「住所録入力だけでも半日以上は掛かるだろう」は杞憂に終わり、ショージ君的に言えば「もうダイジャブ」と作業を進めました。すると 10 時過ぎから始めた作業はお昼前に終了したのです。

 CSV 君ありがとう !! って、未だにあんたの事良う分からんけどね。face_02
  


Posted by 府中店長 at 08:31Comments(0)店長日記

2021年12月20日

年の瀬に

 今年もまた、何人もの方をお見送りしました。

 今朝もお一人、大学 OB 会 T 先輩のご逝去を地元紙のお悔み欄で知りました。長らく地元の地銀に勤務され、竹矢出張所長を最後に退職された T 先輩、まだ 71 歳という年齢に『先輩、早過ぎますよ』と心の中で語り掛けました。

 2 月には大田市にお住まいだった W 先輩も逝かれ、OB 会も寂しくなるばかりです。年の瀬に先輩の訃報、少しく堪えます。
  


Posted by 府中店長 at 09:21Comments(0)店長日記

2021年12月19日

やれんなあ

 島根県 道路カメラ情報、頓原。



 撮影日時: 2021 年 12 月 19 日 07:40 。

 積雪深さ 22cm 。

 お~い、皆 元気かぁ?
  


Posted by 府中店長 at 07:51Comments(0)店長日記

2021年12月17日

あっ、そうかぁ !?

 NHK 連続小説『おちょやん』で若い方にも知られるようになった浪花千栄子さん、私達の年代の者にはオロナイン軟膏の CM でお馴染みでした。「痔ぃでっか?オロナインお付けやす」、「本名はなぁ 南口キクノと言いますねん」、懐かしいですねえ。



 さて今朝、髭剃り後にオロナインを塗りながら『軟膏キクノと言いますねん』と呟いた途端、天啓の様に閃いたのですよ。

 そうかっ、本当はもっと深く『軟膏 効くの』だったんだ !!

 何と言う迂闊、何十年もの間それに気付かなかったとは !?

 当時 浪花さんを CM に抜擢し、このセリフを使った大塚製薬の宣伝部の方は物凄い『気付き』だったんですねえ。こりゃもう、社長賞ものだったことでございましょう。

 時あたかも強い寒波襲来との事、オロナイン付けて頑張らねば。face_02
  


Posted by 府中店長 at 08:46Comments(0)店長日記

2021年12月16日

いたちごっこ

 昨日 松江医療センターで胸部 CT 検査を受けた後、担当の青年医師から説明を受けました。

 彼から何度同じ話を聞いただろう? 曰く、「前回の影は無くなりましたが違う場所に新しい影が見えるんですよねえ。じゃ、三か月後ってことで」云々。

 結核の特効薬となったストレプトマイシン、あんな薬は無いのかねえ?

 まあしかし、毎回「原因が分からないんですよねえ」ってことですから処方箋も書けない、そういうことらしいのですが。

 治癒力に懸けた二年半、結果はイマイチの様ですなあ。
  


Posted by 府中店長 at 08:30Comments(0)店長日記