QRコード
QRCODE

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
府中店長
府中店長
オーナーへメッセージ

2016年10月31日

女流王座戦

 10月26日に行われた第6期リコー杯女流王座戦五番勝負第1局は106手で加藤桃子王座が投了、里見香奈女流四冠先勝のスタートとなりました。

 どうも70手目の△7五角が勝敗を分けたようですが、残念ながら素人には全く分かりません(棋譜はこちら)。それでも90手目の△同玉あたりで「これはどうも里見さんが良さそうじゃないのか?」と見続けておりました。

 加藤王座が防衛してクイーン王座を射止めるか、あるいは里見さんが五冠に復帰か、注目の第2局は11月3日に大阪市で開催予定です。
  


Posted by 府中店長 at 09:11Comments(0)里見奨励会三段

2016年10月30日

2分4敗

 日ハムのファンの皆様、優勝おめでとうございます。カープも頑張りましたが及ばず、2勝4敗での決着となりました。

 まあしかし昭和50年初優勝の時の日本シリーズは阪急ブレーブス相手に2分4敗、それを思えば良しと致しましょう。

 しかし10月末まで野球漬け、正直疲れました。face_02
  


Posted by 府中店長 at 09:27Comments(0)広島東洋カープ

2016年10月29日

減少一途

 本ブログで何度か申し上げましたが、島根県民歌「薄紫の山脈(やまなみ)」の歌詞の中に『九十万の県民の』との一節がございます。この歌は昭和26年、サンフランシスコ講和条約の締結を記念して県民歌として制定されたのですがその頃は島根に90万の人々が暮していたのです。

 私が生まれたのは5年後の昭和31年(1956年)、それから僅か60年、島根県の人口が69万人を割ったとの報道です。


 しかも5年間で2万3千人の減少とか、飯南町も5千人を切って4948人となりました。

 飯南町は平成の大合併により故郷頓原町と赤来町が合併して出来た町ですが、私が子供の頃、頓原だけでも6千人近い人が暮していたと記憶しています。

 飯南町のホームページで確認しますと、昭和35年の国勢調査では当時の頓原町と赤来町を合わせて1万3千人の人口と記されています。それが今ではたった4948人、8千人も減って県内でも有数の超過疎地となってしまいました。

 昭和38年のいわゆるサンパチ豪雪、高度成長期に伴う都会への人口流出など様々な要因があったのでしょうが、それにしてもこれほど人口が減少するとは思いもよりませんでした。

 あと20年、30年も経つと頓原は無くなってしまうのではないか?

 『故郷消滅』、そんな言葉が頭を過ぎる今朝でございます。
  


Posted by 府中店長 at 08:35Comments(0)店長日記

2016年10月28日

訃報

 今朝の夫婦の会話。

「くたびれたねえ」
「ああ、くたびれたよのぉ」

 カープ三連敗に関するものでございました。

 閑話休題、一昨夜県西部の浜田市に住む友人Aからメールが届きました。それによると父上が23日に亡くなられ、通夜も葬儀告別式も済ませたとの内容でございました。

 全く知りませんでしたので昨朝弔電を打ち、昨日の内に香典を現金封筒で送った次第です。

 当地では地元紙の地方欄に「おくやみ」欄があり、通常それに目を通し亡くなった方を知ることになります。経験上、掲載された日かその翌日が葬儀の場合が多いのですが彼の父上の名前が載ったのは昨日の事でございました。

 23日に亡くなり27日掲載、多くの方が父上の死去を知ったのは葬儀が終った後になったのです。私思いますにこれはAがその旨を新聞社に依頼したのではないか、彼はある医療法人の理事長、立場上色々なことに配慮したのではないか、そう感じました。

 しかし困る、これは全く困ります。

 長年の恩義を思えば葬儀への参列は必須、Aの気持ちも分からなくは無いのですが。
  


Posted by 府中店長 at 09:37Comments(0)店長日記

2016年10月27日

タブレットの魔力

 一昨夜日本シリーズ第3戦の中継はテレビ朝日のみ、こちら山陰ではテレビ朝日系の民放局はありません。但し松江市のCATVである『マーブルテレビ』に加入していると観れるらしい、しかし我が家は出費を避け未加入なのです。でも私は安心していました、だってスカパーのプロ野球セットを契約していますからね。

 然るに家に帰ってスカパーを付けてもやってない、三越の岡田さんじゃあないですが「なぜだ!」と途方に暮れてしまいました。色々試すこと30分、しかしやってないものはやってない!

 「黒田の最後のマウンドなのに」、そう落ち込む私に中3の姪がこう申します、「それ、ひょっとしたらタブレットで観れるかもよ」と。

 これを摩訶不思議と言うのでしょうねえ。ホンの数秒で札幌ドームのマウンドに立つ黒田の姿が、こりゃあ魔法ですわ。

 「だんだんね~」と見続けておりますと隣家の友人FよりTEL。

「おい、日本シリーズはどこのチャンネルでやっとるだ?」
「あんなあ、どっこもやっとらんのよ。お前んとこ、マーブル入っとらんの?」
「お前と一緒で銭の掛かることはせん事にしとる」
「じゃあタブレットにせい、これなら観れるで」
「そんなもん、家には無いがな」
「じゃあなあ、稲葉君の所へ電話してみ。あっこがマーブルに入っとったらカウンターに座って観れるがな」
「おおそうか、じゃあそうしてみるわ」

 稲葉君の所とは近所の居酒屋「いな葉」さん、そこはカウンターの右上部にテレビがありますのでそう勧めた訳でございます。

 今確認すると二度目の電話は20時42分着信。

「おい、稲葉君のとこマーブルだって」
「そりゃあ良かったがな、お前今すぐ行って飲んだらの」
「うんそうする。で、カウンター席を二つ予約したけん」
「は?」
「いや、だけん二つ予約したのよ」
「は?」

 私、その時点で妻から「あんた、いい加減にしたらね」と言われる位飲んでおりました。しかし友人からの誘い、「人間、誘って貰える内が花」とばかり腰を上げた次第。

 結果敗戦、そして昨夜も敗戦。

 2勝2敗となり、これで広島に帰って来ることが決定しました。

 7戦までもつれたら、ひょっとして黒田がもう一度?face_02
  


Posted by 府中店長 at 09:20Comments(0)店長日記

2016年10月25日

リプレイ検証

 日本シリーズ第二戦、6回裏カープの攻撃、無死二塁から菊池選手のヒットで田中選手が本塁突入もジャッジはアウト、しかしビデオ判定の結果判定が覆りカープは貴重な勝ち越し点を入れました。

 昨夜は妻とこの場面を振り返り、ビデオ判定の是非について話しておりました。

「ビデオ判定なんかしたら野球の醍醐味が無くなる、達川(カープOB:野球解説者)がそう言っとるらしいわ」
「でもセーフはセーフだけんね、それに日本シリーズだし」
「うん、でもあれはアウトに見えるよなあ」
「まあ、達川さんの言う事も分からんこと無いけどね」

「そう言やあ昔、戸田が大鵬に勝って連勝が止まったことがあっただろ」
「あったね、そういう事」
「あれから大相撲もビデオ判定を始めたんだけんなあ」


 今朝の新聞でその戸田さんの旅立ちを知りました。

 妻と戸田さんの話をした翌朝その訃報を目にする、何となく不思議な心持ちがする今朝でございます。合掌。
  


Posted by 府中店長 at 09:05Comments(0)店長日記

2016年10月24日

思わず拍手

 9回表一死、ランナー一塁二塁、代打大谷。

 痺れるような場面、カウント1-2から内角ストレート、大谷選手のバットは空を切り中﨑投手に軍配が上がりました。

 思わず夫婦で中﨑投手へ拍手、「ザキ、よくやった!」と叫んでおりました。

 昨夜は野村祐輔が粘投、「祐輔、我慢!!」に見事応えてくれました。

 これで対戦成績は2勝0敗、明日から札幌ドーム、北の大地で輝けカープ!
  


Posted by 府中店長 at 08:53Comments(0)広島東洋カープ

2016年10月23日

夢心地

 だってねえ、大谷投手から点を取るなんて誰も思わんもん。ともかく耐えて守って終盤まで0-0、延長に入ったらさすがに大谷投手は交代するだろうからその時こそ1点をもぎ取って1-0で勝利、勝つパターンはこれしか思い描けませんでしたからねえ。

 それとまさかのエルドレッドの一発、スライダーが甘くアウトコースに入って来て振ったバットにボールが当たればひょっとして?、まあこれは無茶苦茶望み薄だと端から諦めておりましたが。

 しかし野球は分かりませんねえ、あの大谷投手から3点も取るなんて如何なカープファンとて想像出来ませんもの。

 1点目は「なるほど、大谷から点を取るのはこういうパターン(日ハムのサインミス?)しか無いわなあ」とある程度納得出来ましたが、松山・エルドレッドのホームランには鳥肌が立つ思いが致しました。

 開幕戦で大谷投手からまさかの勝利、今日の先発は野村祐輔。

 祐輔、我慢!!
  


Posted by 府中店長 at 09:18Comments(0)広島東洋カープ

2016年10月22日

平成12年以来

 平成12年(2000年)10月6日、これは山陰両県に甚大な被害をもたらした鳥取県西部地震が発生した日です。

 その日、私は東京におりました。出身大学の設立100周年記念式典に出席するためOB会島根支部の先輩方と始発の飛行機で東京へ向かい、会場となったホテルオークラで式典の後の立食パーティーの真っ最中であったことを思い出します。

 宴たけなわ、後輩Y君が血相を変えて私に近付き「先輩、今千葉の実家から電話があったんですが、何か島根で大きな地震があったそうですよ」と申します。

 聞くと近年に無く大きな地震で被害も甚大、テレビはその実況を流し続けているとのこと、先輩方にも緊張が走りました。

 ホテルの方に事情を説明しテレビが見れる場所(確かホテル内のバーであったと記憶しています)を確保して画面に見入り、各々が島根へ連絡を取ろうとしますが電話が中々繋がりません。

 その内に今日の最終便で帰ろうと衆議一決、しかし山陰への交通機関は全て不通となっていて帰ろうにも帰れない状況と知れました。仕方無くその日は予定通り新宿の京王プラザホテルに宿泊、一夜気を揉んだことを思い出します。

 あれから16年、昨日またしても山陰両県を大きな地震が襲いました。


 行方不明者1名との報、何とか無事でと祈ります。
  


Posted by 府中店長 at 08:06Comments(0)店長日記

2016年10月21日

奥出雲乾燥しいたけ

 毎月JAFから送られて来るジャフメイト、これは毎号全国の観光地や特産品などを紹介する小冊子です。

 この冊子はJAF会員限定で送られているのでしょうが我が家のJAF会員は唯一義母のみ、その義母が今朝「これを是非入手してくれ」とジャフメイトに同封されていたチラシを示します。


 「丁度しいたけが切れたとこでね、電話して5袋ほど買って送って貰ってごしない」と申します。

 私も最初はネットで購入できると思いましたので「承知」と答えましたが、事務所に出てじっくり見たらどうもネットや電話での購入は無理らしい、実際にその直販所まで来た人用のサービス品の模様です。

 奥出雲乾燥しいたけが700円なら確かに安い、しかし本町からJR木次線出雲坂根駅までは2時間弱、ここは無難にスルーですな。face_02
  


Posted by 府中店長 at 08:49Comments(0)店長日記

2016年10月20日

黒田二戦目?

 15日の本ブログに『ラストマウンドになるかもしれない投球を見逃し残念至極』と綴りました。この時点でカープの3勝1敗、横浜が盛り返せばまだまだ勝負の行方は分からないと考えておりました。

 「横浜が日本シリーズへ進出すれば二度と黒田の投球を見る事は叶わない」、そう危惧しておりましたがお蔭様でカープが勝利、「もう一度黒田を見ることが出来る」と安堵しておりました。また同時に、「黒田は三戦目、投げるのは札幌ドームだろうな」とも思っておりました。

 しかし先日引退会見、ここに至り地元マツダスタジアムでの登板が現実味を帯びて参りました。この引退発表まで、私は日本シリーズの先発を以下の様に予想しておりました。(赤:マツダスタジアム、青:札幌ドーム)

 ジョンソン→野村→移動日→黒田→岡田→ジョンソン→移動日→野村→福井orヘーゲンズ

 ここは黒田に、地元マツダスタジアムで最後の雄姿を見せて頂くことに致しましょう。而して、先発予想は如何。

 ジョンソン→黒田→移動日→野村→岡田→ジョンソン→移動日→福井orヘーゲンズ→黒田

 短評:中4日でのジョンソン快投が鍵!
  


Posted by 府中店長 at 09:09Comments(0)広島東洋カープ

2016年10月18日

家庭用精米機?

 昨日、幼馴染みのKから『家庭用精米機』なるものの存在を知らされました。事の起こりは、私が県西部の浜田市に住む友人Aに新米を送った経緯からでございました。

 送るお米はこれも幼馴染みのチーちゃんが作る『カモしゃん米』、このお米は合鴨農法によるもので「アイガモ」が稲を「しゃん」と育てた米だから『カモしゃん米』と命名されたチーちゃん自慢の逸品です。

 で、私が玄米30キロを送ろうとしましたら妻がこう申します。

「30キロだとAさんがコイン精米所に持って行くのが大変だがね」
「そうかぁ、ワシだって何時も30キロ持って行っとるがな」
「Aさんはお医者さんだけん忙しいわね、精米してある10キロのを送ったら」

 「30キロだとAが大変だ」との論法ですが、それじゃあ配偶者のワシは大変じゃ無いってことかいな?まっそれはさて置き、Kに以上の顛末を申し述べたとお思い願います。

 するとですねえ、「そんなの、精米機を買やー良いがな」と言うのですよ。精米機を買う?、何のこっちゃと思いますがね。しかし彼の説明によると精米機は家電量販店で売ってるらしい、「そんな事も知らないのか」との口調でございました。

 私は母や伯母から新米を送って貰いますし、もちろんチーちゃんの『カモしゃん米』も買わせて頂いております。

 それは全て30キロ入りの玄米、従ってお米が無くなったらコイン精米所へ持って行き30キロをいっぺんに精米します。料金は確か300円、何時も「こんなんで商売になるんかいな?」と不思議に思いますがそれを聞いたKは即座に「300円?そりゃ高い!」と申します。

 而して、彼の説明は誠に納得の行くものでございました。

 「30キロをいっぺんに精米したら食べ切るまでに劣化する可能性がある」→「それはもったいない」→「従って食べる分だけ精米すればずっと美味しいお米が食べられる」。

 K式三段論法、目から鱗の昨日でございました。
  


Posted by 府中店長 at 09:09Comments(0)店長日記

2016年10月17日

国籍法

『第14条 外国の国籍を有する日本国民は、外国及び日本の国籍を有することとなつた時が20歳に達する以前であるときは22歳に達するまでに、その時が20歳に達した後であるときはその時から2年以内に、いずれかの国籍を選択しなければならない。

2 日本の国籍の選択は、外国の国籍を離脱することによるほかは、戸籍法の定めるところにより、日本の国籍を選択し、かつ、外国の国籍を放棄する旨の宣誓(以下「選択の宣言」という。)をすることによってする。』

 申し上げるまでも無く、国政選挙における被選挙権は『日本国籍を有する者』と定められています。

 国籍法第14条の2項で、日本の国籍の選択は『外国の国籍を離脱することによるほかは、戸籍法の定めるところにより、日本の国籍を選択し、かつ、外国の国籍を放棄する旨の宣誓(以下「選択の宣言」という。)をすること』と明記されています。

 報道によると蓮舫氏は台湾国籍を離脱しておらず、且つ国籍選択宣言を行ったのが今年の10月7日であったとのことですが、これは過去3回の選挙において『日本人では無い』状態で立候補し当選したことになります。

 これは明らかな公職選挙法違反であり、過去に学歴詐称で国会議員が辞職した例がありますが国籍詐称はそれより遥かに重いと言わざるを得ません。

 この問題をうやむやに済ますことは立法府として許されません。各党各会派には徹底した審議を求めたいもの。
  


Posted by 府中店長 at 09:18Comments(0)店長日記

2016年10月16日

着信17:06

 「時あたかも午後5時18分であります!」、実況の上野アナの絶叫を思い出します。

 私が覚えている位ですから各メディアでも紹介されたと思いますが、昭和50年(1975年)10月15日は広島東洋カープがセ・リーグ初優勝を成し遂げた記念すべき日なのです。その同じ日に日本シリーズ進出決定とは、カープファンにとって10月15日は更に忘れられない日となりそうです。

 私がカープの勝利を知ったのは友人からのメール、上野さん風に申し上げると時あたかも午後5時6分でありました。


 また中国新聞とデイリースポーツを送ってくれるのかな?

 Iよ済まん、楽しみに待っとるけえね。face_02
  


Posted by 府中店長 at 09:25Comments(0)広島東洋カープ

2016年10月15日

黒田で完敗

 満を持して黒田先発、しかし帰宅した時点で6回表、テレビの解説で黒田降板を知りました。

 この先どうなるか分かりませんが、仮に横浜が日本シリーズへ進出すれば彼の投げる姿を見る事は叶わなくなります。

 またカープが日本シリーズへと駒を進めても、日程の都合上黒田投手がマウンドを踏むのはパ・リーグの球場となるはず、仕事とは言え地元広島で最後になるかもしれないマウンド姿を見逃したのは痛恨の極みでございました。

 彼がカープを去った時、「これからのカープは一体どうなるんだ」と暗澹とした心持ちになったことを思い出します。その思いがあったからこそ、一昨年の復帰宣言にカープファンは感動したのです。

 地元のラストマウンドを見逃し残念至極。
  


Posted by 府中店長 at 09:03Comments(0)広島東洋カープ

2016年10月14日

王手

 ファイナルステージ第2戦はカープが3-0で勝利、日本シリーズ進出へ王手を掛けました。

 昨夜は試合中盤から観戦、ともかく先発の野村投手に「祐輔、我慢!」と声を掛け続けておりました。その甲斐あってか6回を0封、7回今村、8回ジャクソン、9回中﨑とランナーは出すものの危なげ無い投球で逃げ切りました。


 この2試合、何と言っても投手陣が筒香選手を抑えているのが大きい、そう感じています。

 今日はおそらく黒田先発、もう少し筒香選手には眠っていて貰いたいもの。face_02
  


Posted by 府中店長 at 10:28Comments(0)広島東洋カープ

2016年10月13日

防衛

 11日、第38期女流王将戦三番勝負第2局が行われ、里見王将が121手で挑戦者の香川愛生女流三段を破り2連勝で女流王将を防衛、これで里見さんは通算5期目となり「クイーン王将」の称号を獲得しました。


 クイーン王将は過去に二人、林葉直子さんと清水市代さんで里見さんは三人目となります。また里見さんはこれまでに得ていた「クイーン名人」と「クイーン倉敷藤花」の二つに加えてこの度「クイーン王将」と三つ目のクイーン位、これからも彼女の快進撃が続くのでしょうか。

 一方棋士を目指す第60回奨励会三段リーグ戦は現在1勝1敗、こちらも目の離せない戦いが続きそうです。

 さてクライマックスシリーズ第一戦、昨日は定休日を幸い試合開始から見続けました。

 と言いたいところですが、何とスカパーの調子がおかしいのですよ。電波の受信量は充分なのにチャンネルが映らない、スカパーに連絡して女性のオペレーターの方の指示により何とか復旧したのは3回裏広島の攻撃中、2-0とリードした場面でございました。

 「どうやって2点取ったの?、まあリードしてるから良いけどね」とテレビ桟敷に陣取りました。結果はお蔭様で5-0で勝利、ジョンソン完封、もう言うことございません。

 ところで昨夜、妻の口からしばしば「大洋」の文字が漏れました。やはり広島カープと暗黒の時代を共に過ごした「大洋ホエールズ」の印象が今でも強く残っているのでしょう。

 私が最もセ・リーグで仲間意識を持つ横浜ベイスターズ、従って先日も申し上げましたが日本シリーズへの進出はカープがベターですが横浜でも可、而してもうしばらくスカパーのお世話になる日々が続きそうです。face_02
  


Posted by 府中店長 at 09:21Comments(0)里見奨励会三段

2016年10月11日

夢の対決

 横浜ベイスターズのファンの皆様、誠におめでとうございます。

 大洋時代から長らくカープと最下位争いをして来た横浜ベイスターズ、従ってセ・リーグの中で私が一番親近感を持つベイスターズ、この両チームによるファイナルステージが行われるとはホント夢のようですね。

 ともかく、昔からカープと大洋は弱かったけえね。それぞれが一瞬だけ強い時代もあったけど、揃ってAクラス入りしてファイナルステージとは、繰り返しますが夢のようですわ。

 貧乏で弱かった戦友同士、それが金満家の中日・阪神・巨人を押しのけて日本シリーズ進出をかけて戦う、三度書きます「夢のようだ」と。

 もうこうなりゃね、カープの勝利が望ましいがベイスターズでも可、お互いセ・リーグの代表目指して頑張りましょう。

 「それにしてもカープとベイスターズがなあ」と、往時を偲び感慨一入の今朝でございます。
  


Posted by 府中店長 at 08:44Comments(0)店長日記

2016年10月10日

1勝1敗

 パ・リーグはソフトバンクが2連勝でファイナル進出、一方セ・リーグはジャイアンツが巻き返して1勝1敗、今日は両チームのファンにとって期待と不安が入り混じる大一番となりました。

 しかし菅野投手は一体どうしたのか?第一戦の先発は100%彼だと思っていましたが二戦目になっても出て来ない、故障でもしたのでしょうか?

 さて本日体育の日、東京オリンピックの日ですね。

 昭和39年(1964年)、アジアはもちろん有色人種国家で初めて開催された東京オリンピック、子供心にも大変な感動を受けたことを思い出します。

 当時小学校の2年生だったのですがアベベ選手の力走や女子バレーボールの金メダル、体操の遠藤選手、後にプロへ転向したボクシングバンタム級の桜井選手、重量挙げの三宅選手、陸上の女子ハードルでこめかみに絆創膏を貼って頑張った方(お名前失念)、マラソンの円谷選手などなど、とても懐かしい思い出です。

 記憶違いでなければ、当時未舗装であった国道54号線を聖火ランナーが走ったような気も致します。また後日作られたドキュメント映画を学校の体育館で観た記憶もございます。

 あれから実に52年、『少年老い易く学成り難し』を実感する今朝でございます。
  


Posted by 府中店長 at 09:45Comments(0)店長日記

2016年10月09日

これがクオカードってやつかいな

 昨日、幼馴染みの一人が店にやってきました。「これ」と手渡された封筒、「快気祝いよ」と申します。

 8月10日の同窓会の前日に退院、「酒は絶対飲まぬ」と誓いましたので出席を許可しましたが、本人も「ワシ、ちょっとでも飲んだら即肝硬変よ」とこの度の入院を肝に銘じた様子でございました。

 さて彼が帰ってその封筒を開けましたら中には礼状と共に何やらテレフォンカード状の物、「こりゃ何なら?」と思いましたが良く見るとどうもクオカードってやつらしい、60年の人生で初めて手に致しました。


 右上に【FamilyMart】の文字、ってことはファミマでしか使えない?その上【利用除外品】の項目にタバコと書いてある、愛煙家は使うなってことかいな?

 還暦のおっさんが得意そうにクオカードを出す、するとレジ係のおねえちゃんが「お客さん、これ使えませんよ」と「常識でしょ」的な顔付きで突っ返す、周りの若いお客の軽蔑的視線。ワシ、そんなの嫌だなあ。

 それになSよ、これって頓原じゃあ使えんで。ちっと故郷の事も考えんさいや。
  


Posted by 府中店長 at 09:40Comments(0)店長日記