QRコード
QRCODE

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
府中店長
府中店長
オーナーへメッセージ

2017年11月20日

定宿が全室禁煙へ

 福岡出張の定宿、ホテルサンルート博多さんが今年6月に全館フルリニューアルして全室禁煙のホテルに生まれ変わったそうです。

 それを知ったのはつい先日、来年1月10日から11日まで開催される大川新春展へ向けそろそろチケットの予約をとパソコンでチェックしている時に分りました。

 痛いなあ、これは痛い。

 実は博多駅周辺のホテルで私のベストワンは『ホテルアクティブ博多』さん、そしてNo.2がこの『ホテルサンルート博多』さんだったのですよ。

 しかし私が利用する日本旅行の『山陰発 博多ビジネスプラン』の対象ホテルにアクティブさんは含まれておらず、最初は仕方無くサンルートさんを利用しました。

 と申しますのも仕事柄利用するホテルのベッドが気になるものですから、サンルートさんがシモンズを採用していることを知り泊まってみる気になったのです。

 すると駅近で立地は抜群、フロントの対応も合格クラス、コンビニも近い、そして何よりホテル2階にある和食の店『博多松月亭』が誠に便利だったのです。

 大川から博多に戻るのが20時を過ぎると、さすがに外に飲みに出ようという気も薄れます。そんな時にはこの『博多松月亭』さん、馬刺しに芋のロック、刺身一人前には福岡の地酒、地鶏ももの炭火焼に生ビールで大体8,000円位、少し贅沢ですが年一度の事と楽しんでいたのです。

 ふ~む全室禁煙ねえ、これで定宿の一つが利用不可だわなあ。

 痛いなあ、これは本当に痛い。

 人生師匠、何とか言っておくんなはれ。
  


Posted by 府中店長 at 09:00Comments(0)店長日記

2017年11月19日

祝宴&同窓会

 私、普段外で飲むことは滅多にございません。まあ飲むにしても町内まで、松江市の繁華街などそれほど行く機会は無いのですよ。

 しかし今年の後半はちと多い、先ず9月10日に兵庫県は伊丹市から帰省の幼馴染みと一献。今月10日には千葉県習志野市から帰省されたH先輩を囲んで一献、そして今週は宴会が二つもあるのです。

 その1(22日)、町内の三原住設工業さんの設立40周年記念パーティーにお招きを頂きました。

 当初三原社長直々のお電話に「遠慮」と申し上げたのですが、「是が非でも」のお言葉に快諾した次第です。祝宴会場は市内西川津町、繁華街からは外れておりますが何れ二次会などで市中心部へと足を運ぶことになりそうです。

 その2、先日市内で生花店を営む友人Hから電話を受けました。

「お前なあ、25日の土曜日は何しとる?」
「何って、昼間は仕事して夜は晩酌、そんで寝るってとこかな」
「5~6人位で高校の同窓会をやるけん出て来んか?」
「時間と場所は?」
「19時、駅前通りの焼き鳥番吉」
「承知」

 Hによれば広島県庄原市に住む同級生が来松、それに合わせて有志が数人集まる会とのことでございました。まあこちらも2~3軒のハシゴは必定、何とか12時前には帰宅しようと思っております。

 『人間誘って貰う内が花』、妻には不可解なこの心情、体と懐が許す限りは従う所存。face_02
  


Posted by 府中店長 at 08:34Comments(0)店長日記

2017年11月18日

高齢者の犯罪

 一昨夜、高1の姪が帰宅途中の松江駅で不審な男性に声を掛けられたと申します。二人連れの高校生の女の子に話し掛ける、それだけで彼の飲酒は確定でしょう。

 姪によると「おっちゃんより年上、60代の後半だと思うわ」とのこと、一杯ひっかけて女子高校生に卑猥な言葉を掛けるとは相当鬱屈した精神状態だったのか、「まあそんな時は駅の交番か駅員さんに通報するのよのお」と教えてやりました。

 すると今朝の地元紙に66歳だか67歳だかの男性が県迷惑条例違反で昨夜逮捕との報、しかも現場は松江駅、姪が言ってたのはこの男性のことだなと確信しました。

 記事によれば手口は全く一緒、男性に卑猥なことを言われた女子高校生が駅員さんに通報、警官が駆けつけ逮捕されたとのこと。

 また今朝の新聞よれば昨年刑務所に入所した受刑者の数が戦後最少となるも入所する高齢者の人数や高齢者率がこの20年で大幅に増加し、昨年は2498人で再犯入所者はその7割にも達するとの報道です。

 師走が近付き、山陰も寒くなり明日は雪との予報も出ています。ひょっとしてこの男性、寒い時期を刑務所でと目論みわざとこの様な行動に出たのではないのか、連夜の行為はまるで「早く捕まえてくれ」と言っている様なもの、そうとすれば漫ろ哀れを感じる今朝でございます。
  


Posted by 府中店長 at 08:59Comments(0)店長日記

2017年11月17日

横田慎太郎外野手

 『阪神は16日、脳腫瘍からの復活を目指している横田慎太郎外野手(22)と育成契約することで合意したと発表した。リハビリに専念させるための措置で、年俸は現状維持の870万円。横田は「野球で恩返しができるように必死にやろうと思う」と支配下への復帰を目指す。

 2月のキャンプ中に体調不良でチームを離脱。入院と加療を経て症状が消えて安定した状態となる「寛解」と診断され、9月に球団寮に戻っていた。』スポニチアネックス 11/17 6:00配信

 全く存じ上げない横田選手ですが、この記事を読み「何とか頑張って復帰して欲しい」と強く思いました。

 プロ野球選手の脳腫瘍は32歳で逝った炎のストッパー津田恒実(元広島東洋カープ)、再発した腫瘍のため45歳で旅立った奇跡のリリーバー盛田幸妃(元大洋・近鉄)、この二人の名選手を思い出します。

 横田選手にはこの二人の先輩が乗り越えられなかった壁に打ち勝ち、何時の日か甲子園のグランドでカクテル光線を浴びて欲しい、切にそう願います。

 また阪神球団は年俸現状維持のまま育成契約との報に拍手、球団として「良くぞ」の感。
  


Posted by 府中店長 at 08:37Comments(0)店長日記

2017年11月16日

12球団合同トライアウト

 昨日、戦力外通告を受けた選手達を中心に12球団合同トライアウトが行われました。

 昨年はカープの中東選手が挑みましたが獲得球団無し、あのシュアなバッティングと堅守を誇る中東選手でも採用されなかったことに、改めてトライアウトの厳しさを見せつけられる思いが致しました。

 そして今年、前西武ライオンズの木村昇吾内野手(37)が参加しました。

 『02年度ドラフトで11巡目指名で横浜に入団。07年シーズン後、トレードで広島へ移り、15年シーズンオフにFA宣言。だが、獲得意思を表明する球団がなく、“行き場のない”状態となった。そんな木村昇に、西武が翌16年2月の春季キャンプで入団テストを行うことを発表。FA選手が入団テストを受けるという、極めて珍しいケースとなった。

 テストで合格を勝ち取り西武に入団。だが、6月に右膝前十字靱帯(じんたい)を断裂し、シーズン後に戦力外通告を受けた。11月に育成選手として再契約。背番号は0から121の3ケタとなる。今年6月に再び支配下登録選手となったが、今季は3試合で打率.167。戦力外を受けて再出発を目指すこととなった。』デイリー 11/15 21:51配信

 松坂世代と言われる1980年生まれ、常に守備位置まで全力疾走、キムショーの愛称で親しまれたカープ時代を知る者にとって何とかもう一度グランドに立って貰いたいと願う選手の一人です。

 そして自由契約となった前カープの梵 英心選手、こちらも松坂世代の37歳、早く移籍先が見つかると良いのですが。
  


Posted by 府中店長 at 08:51Comments(0)店長日記

2017年11月14日

不可解な告発

 『横浜市の林文子市長の名前を出して市に本拠地があるプロスポーツチームの試合に花輪を贈ったのは公選法違反(寄付行為)の疑いがあるとして、市議が横浜地検に同法違反罪で告発したことが13日、分かった。市議側の代理人弁護士によると、地検は10月31日付で受理した。』産経ニュース 11/13 18:57配信

 記事によれば横浜市長は平成27年2~10月、プロ野球DeNAやサッカーJ1の横浜F・マリノスなどの試合に花輪を贈った際に自身の名前を記載したそうですが28年以降は贈呈を取り止めたとのこと。横浜市は非を認め昨年からは中止、それを今になって告発とは。

 横浜とは何の縁も無い者が言うのも何ですが、市議さんとしてやるべき仕事は枚挙に暇がないはず、無益とは申しませんが「そんな些末なことで」の感は否めません。

 国会もまた然り、野党は未だに加計学園問題の解明を叫び一向に国防に対する議論を深めようとは致しません。そもそも公的議事録を顧みることをせず、ただ一方の当事者のメモを振りかざして一体何の国益か、マスコミも同罪と申せましょう。

 石原慎太郎氏の『天才』、彼のロッキード事件が米国の仕組んだでっち上げであったことが良く分かる佳作です。あれを読んで学習して欲しい、特にマスメディアに携わる人々は。
  


Posted by 府中店長 at 09:10Comments(0)店長日記

2017年11月13日

卒寿

 昭和4年生まれの母は来年数えで90歳になります。

 本当は正月二日にでも家族でお祝いしたいところですが何せ故郷頓原は一晩であっと驚く大雪となる土地柄、私達子供は這ってでも帰りますが孫やひ孫達にそれを求めるのは酷というものでしょう。

 それに今年はカメムシが多いのですよ。頓原ではヘコキムシと呼ぶのですが彼が多い年は雪が沢山降る、昔からそう言い伝えられています。

 亡き父の誕生日である11月30日、この日までには指針を示さねばと思う今日この頃です。
  


Posted by 府中店長 at 08:31Comments(0)店長日記

2017年11月11日

『東京五輪音頭』作詞者

 昨夜は千葉習志野から帰省中のH先輩を迎え、高校時代を同じ下宿で過した県下の4名が松江市に集結、計5名での楽しい時間となりました。

 会食場所は松江駅近くの『魚料理かねやす』、近況や高校時代の話に興じる内、ふと煙草を一服と思いましたが部屋に灰皿がございません。

 そこで料理を運んでこられた若女将さんに尋ねますと「今夜は隣の部屋が空いていますのでそちらでどうぞ」と仰います。同じ愛煙家のFさんと共にふすまを開けて隣の間へ、煙草をくゆらせておりますと長押に掛かる扁額が目に入りました。


 若女将さんの言によればこれは当時の常連、島根県庁にお勤めであった宮田隆氏の作とか、更に伺うとこの宮田さんは彼の東京五輪音頭の作詞者とのことでございました。

 席に戻り同輩のAにその旨を伝えますと、「お前知らんかったんか?有名な話だで」と申します。

 東京五輪音頭の作詞者が島根県出身の方であった、楽しい時間と共に一つ利口になった昨夜でございました。
  


Posted by 府中店長 at 08:43Comments(0)店長日記

2017年11月09日

ふ~ん、出雲の人だったんだ

 今朝の地元紙、てるみくらぶ山田社長逮捕の記事を割りと大きく掲載しています。と申しますのも、私は初めて知ったのですが山田社長は出雲市出身とのこと、同級生の声などにもスペースも割いていたからでございます。

 この春頃からこの会社の話題が紙面を騒がせていましたが私は海外旅行とは無縁の身、従って余り関心を寄せてはおりませんでした。然るに社長さんは出雲市出身、記事に見入ってしまいました。

 記事によると氏は出雲市内の高校を卒業後に神奈川の大学へ進学、卒業後に旅行代理店に入社し若くして社長に就任、現在に至るとのこと。

 「出雲の人だもの、最初から騙す気なんて無かったろうに」、そう思い思い新聞を眺める今朝でございます。
  


Posted by 府中店長 at 08:41Comments(0)店長日記

2017年11月06日

秋の大祭

 毎年11月の7日・8日は故郷頓原の氏神様、由來八幡宮(ゆきはちまんぐう)の秋の大祭です。

 子供の頃、このお祭りは正に桃源郷でございました。普段見ることの無い玩具や当てクジ、そしておでんやソース煎餅などの食べ物、何時の頃からか裸電球に変わったけど夜遅くまで屋台を照らすカーバイトの匂い、お馴染みの香具師の小父さん達の顔、今でも懐かしい思い出です。

 然るに数年前、久しぶりに見たお祭りでは出店が僅か3軒のみで境内には一軒も無し、隔世の感とはあのことを言うのでしょう。子供の頃はそれこそ参道から境内まで所狭しと並んでいたのにあれから幾星霜、あの香具師の小父さん達も鬼門に入られたことでしょう。

 今年は運良く8日は水曜日、定休日を幸い帰省することに致します。秋祭りが終ると頓原は冬支度、季節の移ろいを感じるお祭りです。
  


Posted by 府中店長 at 09:19Comments(0)店長日記

2017年11月05日

お詫び

 昨日の本ブログ、誤った記載をしておりました。第7期女流王座戦五番勝負第2局の開催は昨日ではなく今度の土曜日、11日の誤りでございました。カレンダーへの誤記入がその因、訂正して深くお詫び申し上げます。

 61歳3カ月、歳かなぁ?
  


Posted by 府中店長 at 07:03Comments(0)店長日記

2017年11月04日

第7期女流王座戦五番勝負第2局

 加藤さん先勝で幕を開けた第7期女流王座戦は本日第2局、加藤さんが一気に王手を掛けるか、或いは里見さんがタイに持ち込むのか、10時の対局開始を「今や遅し」とお待ちの将棋ファンも多いことでしょう。

 第1局は156手まで、さすがにタイトル保持者同士の熱戦となりました。今回加藤さんがタイトルを奪取すると女流王座位が通算5期となりクイーン王座の称号を得ることになります。一方の里見さんは通算2期、つまり過去6回は加藤さんと里見さんの二人が本タイトルを独占して来たことになります。

 今日も熱戦必至、特設サイトは【こちら】です。
  


Posted by 府中店長 at 09:03Comments(0)里見奨励会三段

2017年11月03日

梵 英心選手

 コーチへの就任を固辞、出場機会を求める彼の強い意向を尊重し球団は自由契約に、しかし梵英心(そよぎ えいしん)選手の移籍先は未だに決まりません。

 カープ低迷期、溌剌としたプレーでファンを魅了した梵選手、東出選手との二遊間は他チームに誇れるコンビでした。

 嘗ての新人王も今シーズンは一軍出場無し、しかし2013年のCS、勝てばファイナル進出の大事な試合で見事タイムリー3ベースヒット、普段は冷静な梵選手のガッツポーズを覚えているファンも多いことでしょう。

 そして今も目に焼き付くサヨナラホームラン、あれは何時のことだったのか、延長となった横浜戦でのパンチショットに「ヨギ~!」と叫んだものでございます。因みに、ヨギとは梵選手のニックネームなのですよ。

 カープがあの苦しい時代を乗り越え、今や連覇を達成する程のチームになったのは梵選手の存在があったればこそ、私はそう思います。

 幾多の悔しさをファンと共有し戦い続けてくれた梵英心選手、新天地が早く見つかりますようにと祈るのみ。
  


Posted by 府中店長 at 09:22Comments(0)広島東洋カープ

2017年11月02日

羽根屋本店~立久恵峡~キララ多伎~出雲市駅

 昨日は帰省していた親戚(博多に住む義母の妹と姪)の滞在最終日、昨日は定休日でしたので「何処でも好きな所へ連れて行ってあげるよ」と朝からアッシー君を自認しておりました。

 然るに中々行くところが決らない、叔母は大山の紅葉を希望しますが義理の従妹は難色を示します。「じゃあワシはちょっと出て来るけえ皆で相談しときんさい」と散髪へ、その後クリーニング屋、そしてスーパーで牛乳と焼酎を買い込んで再び義母の家へ。

 すると先ずは出雲市の『羽根屋本店』で昼食に衆議一決したとのこと、二人と義母、そして私と義妹の一行は一路出雲市を目指すことになりましたが、ここは献上蕎麦で知られる老舗の蕎麦屋さんです。

 11時開店を確認して10時20分に出発、11時5分頃に着きましたが何とその時点で満席の盛況ぶり、県外からのお客さんも多い様で駐車場は他県のナンバーがずらりと並んでおりました。

 何時もの様に私は釜揚げそばと割子そば、「さすがは羽根屋さん」と舌鼓を打って店を出たのが12時前、そこから叔母達が乗る特急スーパーおき5号の出雲市駅発15時27分までの時間をどうするのか、皆の一任を取り付けて『立久恵峡(たちくえきょう)』へと向かいました。

 残念ながら紅葉には今一歩、それでも喜んでくれましたのでそこから道の駅『キララ多伎』へ、ここでお土産にキララベーカリーのパンを購入、たこ焼きも購入、コーヒーを飲みながら私も久し振りに日本海の景色を楽しみました。

 その後海岸線を大社方向に走り、途中から右折して出雲市駅方面へ、駅に着いたのは発車の40分ほど前でありました。

 出雲市駅の駐車場、別れを惜しむ義母は車を降りず、少し震える声で「また帰っておいで」と二人に声を掛けておりました。

 文句無い秋晴れ、しかし義母にはちょっと寂しい一日ともなりました。
  


Posted by 府中店長 at 09:39Comments(0)店長日記

2017年10月30日

初ベスト

 「今日の最高は14℃、ベスト着た方が良いよ」、この妻の言に従い今季初ベスト、こんなに暖かいものだったのかと実感しております。

 さて、今朝の地元紙に五輪聖火リレーのコースに関する記事が載っておりました。思い起こせば1964年東京大会、広島と島根を結ぶ国道54号線をランナーが走ったような、そんな記憶がございます。

 もしそうなら故郷頓原もそのコースに入っていたはずですが何せまだ8歳の小学2年生、記憶が定かではございません。しかし当時の54号線は未舗装で峠のトンネルも無し、やはりあれは幻の聖火ランナーだったのか?

 開催まで1000日を切った2020年東京五輪、成功裏にと願っております。
  


Posted by 府中店長 at 08:46Comments(0)店長日記

2017年10月28日

前撮り

 成人式の前撮りのため、深夜バスに乗り今朝ほど姪が京都から帰って来ました。

 髪飾りの花は生花店経営のHに、そして前撮りは写真館店主のIに、二人とも高校時代からの友人ですので快く引き受けてくれました。

 しかしHに電話した時、「成る程なあ」と妙に感心したものでございます。理由を説明し、「じゃあ頼んだで」と電話を切ろうとした私に彼がこう申しました。

「あのなあ、只髪飾りって言われても困るのよ」
「何で?」
「だってどんな着物かも分からないんじゃあ花の選び様が無いがな」
「へ~、そんなもんかね」
「常識だわね常識」
「花なら何でも良いと思っとったわ」
「まっ、お前にゃ縁の無い世界ではあるわなぁ」

 確かに、下駄箱の上の花が変わっていても言われるまで気付きませんし、妻に呆れられることがよくあるのですよ。

 幸い貸衣装屋さんで撮って貰った画像がありましたのでメールに添付して送信、「ワシに任せよ」との返信を受け取った次第。

 前撮りは明日、庭でも撮って貰いたいと言う姪、台風の進路が気に掛かります。
  


Posted by 府中店長 at 09:14Comments(0)店長日記

2017年10月27日

やっぱり凄いのか?

 昨夜、帰宅すると妻がこう申します。

「中村君、カープだよ」
「ん?」
「広陵の中村君、ドラフトだがね」
「ああ、ドラフトは今日だったんか」

 聞くと中日との競合、まあ縁有ってカープに入るからには頑張って貰いたいもの。

 そして今朝の新聞で確認すると早実の清宮選手は7球団が一位指名、それだけ凄い選手ってことなんでしょうね。結果日ハムが交渉権獲得とのこと、北の大地での更なる飛躍を期待します。

 私はアマチュア野球に関しては全く無知、従って今ドラフトで指名された選手のことは殆ど分かりませんが、憧れのプロ野球選手となる選手諸君の健闘を祈りたいもの。

 しかし新しい選手が入って来ると誰かが戦力外通知を受けなければならず、中には他球団からも声が掛からずそのまま引退を余儀無くされる選手も居ることでしょう。

 来る者有れば去る者もまた有り、プロの厳しさを垣間見る今朝でございます。
  


Posted by 府中店長 at 09:31Comments(0)店長日記

2017年10月26日

女流王座戦

 里見香奈女流王座に加藤桃子女王が挑戦する第7期リコー杯女流王座戦五番勝負は本日第1局、タイトル保持者同士の熱戦が展開されそうです。

 里見さんは現在女流五冠、女流棋戦6タイトルの内残る女王を保持する加藤さん、そして第1局の立会人は谷川浩司九段。

 豪華な顔ぶれによる第一局、特設サイトは【こちら】です。
  


Posted by 府中店長 at 07:59Comments(0)里見奨励会三段

2017年10月24日

1勝1敗スタート

 21日に行われた第62回奨励会三段リーグ戦の1・2回戦で里見香奈三段は1勝1敗、厳しいスタートとなりました。

 今リーグ戦内に満26歳となる里見さん、年齢制限により今期が最後の参戦となります。但し10勝8敗以上の成績で勝ち越せば奨励会に延長して在籍出来るという制度もありますので、何とか五分以上の成績をと願っております。

 一方もう一人の女性三段、西山朋佳さんは2連勝と上々のスタートを切りました。西山さんは22歳、前期も9勝9敗の好成績でしたので今季こそはの期待が掛かります。

 さてCS、昨夜も横浜ベイスターズが勝って3連勝、3勝2敗として今日にも日本シリーズ進出が決りそうです。果たしてカープの粘り腰は見られるのか、注目の一戦となりました。
  


Posted by 府中店長 at 08:12Comments(0)里見奨励会三段

2017年10月23日

選挙結果

 私の住む島根1区、今朝の地元紙でその選挙結果に目を通しました。

 細田 博之(73) 自民前 95,513
 亀井亜紀子(52) 立憲新 65,285

 選挙前、民進から出馬予定であった亀井氏は希望入りが叶わず、已む無く立憲からの立候補となりましたがその後の立憲への追い風にも乗り6万5千票余りを獲得しました。

 希望から排除されたことが却って利となった亀井氏、派閥領袖の細田氏へ3万票差に迫る健闘を見せました。

 結果比例復活当選、保守王国島根にも立憲旋風が吹き荒れた選挙結果となりました。
  


Posted by 府中店長 at 09:20Comments(0)店長日記