QRコード
QRCODE

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
府中店長
府中店長
オーナーへメッセージ

2018年06月19日

今日で一週間

『私は大丈夫です。かみさんは東京の娘のところへ行っていたので、こちらも大丈夫!』高校同期Y:大阪府吹田市

『ありがとう。通勤中の揺れで驚いたけど、大事無し、家の方も大丈夫です。』幼馴染みI:兵庫県伊丹市

『マンション7階なのですが、奇跡的にコップ一個のみ、でも周りのマンションは悲惨です。ありがとうございました。』幼馴染みK:大阪府吹田市

 震度6弱、お気の毒なことに三人の方が亡くなられましたね。ブロック塀の下敷きでお二人、書棚の下敷きでお一人、防ぎ得た事故だったのではと誠に残念な心持ちが致します。而してご冥福を祈り合掌。

 さて13日に松江医療センターで胸部のCT撮影を受診して一週間、未だに何の連絡もございません。

 検査を勧められ紹介状を頂いたM医院さんからも、また当の医療センターさんからも一切無し、早く白黒つけて貰いたいんですけどね。

 丁か半か、完封勝ちかコールド負けか、万舟(まんしゅう:競艇用語。1万円以上の配当がついた勝舟投票券)ゲットかボロ負けか、ともかく宙ぶらりんのままでは困るんですよねえ。

 まっ困っていても仕方無い、昨夜高校同期のIから「明日の晩、どげ?」と珍しく飲みの誘い、今夜は松江の町で憂さを晴らすと致しましょうか。face_02
  


Posted by 府中店長 at 07:29Comments(0)店長日記

2018年06月18日

松江でも

 今朝8時頃、当地でも僅かに揺れを感じました。

 大阪で震度6弱とか、大阪の友人、そして大阪と兵庫に住む幼馴染みにメールしました。

 島根まで感じる地震ですから現地では相当揺れたのでしょうね。

 千葉で続く地震、そして今朝の大阪、『地下直下型』或いは『南海トラフ』、この言葉が改めて頭を過ぎる今朝でございます。
  


Posted by 府中店長 at 08:58Comments(0)店長日記

2018年06月17日

県議は?

 昨日国民民主党島根県連の結成大会が開催され、代表に森本秀歳松江市議が選出されました。



 この森本氏は旧八束郡東出雲町議を務め、松江市との合併を機に松江市議となられました。

 同じ東出雲町民ですから存じ上げていますが、氏は確か30代で町議に、そして現在3期目の市議として活動中と承知しております。

 年齢は50代半ばのはず、脂の乗り切った氏ではありますが市会議員が県連代表とは、旧民主党の県議は皆さん立憲へと鞍替えされたのか?

 大役を務めることになった森本さん、「大変だなあ」と紙面を眺める今朝でございます。
  


Posted by 府中店長 at 09:13Comments(0)店長日記

2018年06月16日

鳥肌の朝

 今朝も松江は肌寒い、もう6月も中旬だというのに。

 池波正太郎先生の作品に『梅雨の湯豆腐』あり、確かにこんな日は湯豆腐が恋しい。

 出社した義妹が「どうせ空焚きしなくちゃいけないから」と事務所にファンヒーターを持ち込みスイッチオン、設定温度は17℃。

 今夜は熱燗、行ってみっか。face_02
  


Posted by 府中店長 at 09:17Comments(0)店長日記

2018年06月15日

Ora Orade Shitori egumo とは?

 昨日の本ブログをお読みになった方から「意味不明」とのご指摘を頂きました。「タイトルの『Ora Orade Shitori egumo』とはそもそも何語で、その意味するところは那辺?あれじゃあ全く分からんがね」とのこと、而して本日はその補足を。

 今日は知らず、私が高校生だった40数年前、現国の教科書に宮沢賢治の『永訣の朝』という詩がありました。

 これは最愛の妹だったトシ(作中ではとし子)が24歳の若さでこの世を去る折の賢治の心情を綴ったもので、個人的にこの詩に強く惹かれた私にとって生涯忘れ得ぬ一遍となった作品でございますが、おそらく同年輩の多くの方々も同様と拝察致しております。

 『永訣の朝:朗読』、『永訣の朝:詩』、出来ればウインドウを左右に並べて表示しご覧下さい。

 作品の中で繰り返される(あめゆじゅとてちてけんじゃ)、これは東京五輪マラソン銅メダリスト、円谷幸吉さんの遺書にある(美味しうございました)のリフレインにも似て読む者の胸を打ちます。

(あめゆじゅとてちてけんじゃ)とは、とし子が熱で渇いた喉を潤そうと兄の賢治に「雨雪(あまゆき)を取ってきて下さい」と頼む言葉です。

 そして(Ora Orade Shitori egumo)はローマ字、(おら おらで しとり えぐも)と読み、(わたしは、わたしで、一人で逝きます)の意となります。この詩の中でこの部分だけがローマ字表記となっていますが、これは言葉の音を強く表現するためではないかと言われています。

 そしてもう一つ、
(うまれで くるたて
 こんどは こたに わりやの ごとばかりで
 くるしまなあよに うまれてくる)

 これは(また生まれて来るなら、今度は、こんなに私のことばかりで、お兄さんが苦しまないように生まれてくるね)の意。

 この三つは『永訣の朝』の中でも特に有名な一節で、それ故に『おら おらで ひとり いぐも』の紹介画像を見た瞬間に『Ora Orade Shitori egumo』を連想し、「すわ『永訣の朝』に関する書籍か」と思い込んだのでございます。

 因みに二つの中で異なるのは只一か所、それは(ひとり)と(しとり)、(ひ)か(し)の違いだけなのですよ。

 以上、昨日の補足とさせて頂きます。
  


Posted by 府中店長 at 07:31Comments(0)店長日記

2018年06月14日

Ora Orade Shitori egumo

 昨日、「検査の結果即入院なんて事になったら娑婆で摂る最後の昼餐、さてなにを食べるか」、ちょっと真剣に考えてみました。

 先ずは麺か飯か、麺なら蕎麦かラーメンかはたまたうどんか、飯なら和食系か洋食系か?

 少し悩みましたが麺なら出雲蕎麦、飯ならカツライスと決定、そして「ふむ、やはり最後は故郷頓原の味、一福さんの割子と釜揚げにしよう」と一人重々しく頷きました。

 『一福 一畑店』、昔は魚屋さんだった一福さん、店先で焼きサバを焼く先代の姿がモノクロで目に残る一福さん、それが今では西日本に十数店舗を構える有名店になりました。

 さて時分時を避けるため1時前に出発、一福さんで40分、その後本屋さんで1時間、予約時間の4時には充分間に合う余裕の出足でございました。

 しかしこの男、国道9号線へ右折するために信号待ちをしている時ふと思いました、「まてよ、如何な病院食とは言え大晦日には蕎麦が出るんじゃないか?差し入れでも蕎麦ならOKなんじゃないか?だとしたら、最後に食べるはカツライス!」と急に予定を変更したのでございます。

 しかもこの男、前々から気になっていた町内のパチンコ屋さんの「美味しいカツ丼」の看板が目に入るや慌てて右折、もう今までの思考が何だったのか?と疑いたくなる行動を取ってしまうのです。

 初めて入店したパチンコ屋さんの軽食コーナー、看板に偽り無しと申し上げたいが唯一点、これだけは譲れないと思ったのがこれ、「何でタクワンが付いてない?白菜の浅漬けでも可、ギブミータクワン!」。

 さて紆余曲折の中本屋さんへは予定通り入店、4時予約とは言えおそらく1時間以上は待たされるであろう、何か面白そうな本はと新刊コーナーへ。

 まあ最後の手段は持ってます、私の場合は東海林さだおさんの『あれも食いたい これも食いたい』シリーズ。これさえあればもうダイジャブ、と思っていたら目に留まったのが『長岡弘樹著 教場』、それを手に取りレジに並んだとお思い願います。

 するとですねえ、レジの画面に次々と本の紹介画面が流れて行きましてですねえ、その中に『おらおらでひとりいぐも』ってのがあったのですよ。

 思わずレジ係の女性に尋ねました、「この本は『永訣の朝』について書かれたものですか?」と。

 アホです、大アホ。

 還暦過ぎの女性が芥川賞を受賞された事は存じておりましたが、その著書名が『おらおらでひとりいぐも』とは全く知らなかったのでございます。恥ずかしいのなんのって。

 傷心のまま松江医療センターへ、案に相違し受付からCT検査、そして支払いまで30分弱で終了。「検査結果や如何に?」と待ちましたが「それは紹介された三浦医院さんからお話しがあります」とのこと。

 つまりは執行猶予、今度は何を食べるかな?face_02
  


Posted by 府中店長 at 09:23Comments(0)店長日記

2018年06月12日

いよいよ明日

 里見香奈女流王位に渡部愛女流二段が挑戦する第29期女流王位戦五番勝負第4局は明6月13日、徳島市の「JRホテルクレメント徳島」で行なわれます。

 ここまでの対戦成績は渡部さんの2勝1敗、自身初タイトルの奪取にあと1勝と迫る渡部さんが一気の寄りか、或いは里見さんが粘って最終局に持ち込むか、注目の一戦は午前九時に対局開始です。持ち時間は各4時間、夕方には大勢が判明しそうですが残念ながら見届けることは叶いません。

 と申しますのも、明日の午後は国立病院機構 松江医療センターへ行き検査を受ける事になっているからでございます。健康診断の結果命じられた病院行、予約表によれば放射線科の田邊芳雄医師の診察を受けることになっています。

 私、生まれてこの方大きな病院での受診は初めてのことになります。これまでは全て町医者、田舎とは言え松江にも日赤病院、市立病院、生協病院など大きな病院はそれなりにあります。

 しかし健康診断の度に『要精検』、つまりは「大きな病院で精密検査を受けなさい」との指示を受けても大病院へは行きたくなかった、だってねえ、受診即入院なんて言われたら堪りませんもの。

 これは現在松江日赤病院の副院長を務める高校同期のUから、「お前のように若年から酒・煙草をやっとるモンは『何か初めて検査受けたら即入院、退院出来ずにそのまま逝っちゃったげなよ』と人様から言われるようになるのよ」と、私の行状を知る彼から毎々言い聞かされて来たからでございます。

 となるとだ、明日の昼飯は何にする?

 下手したら最後の昼餐、う~ん迷うよなあ。

 ここは豪勢に『大はかや』の鰻重、いや待て待て、前々から行きたかった宍道湖大橋北詰の『食堂 かまや』の中華そばと半チャンも捨て難い。

 いっそ頓原へ帰って『きらく食堂』の大盛りラーメンはどうだ?、いやこの際トン汁も食べたいからラーメンは普通で行こう。

 待てよ、この間友人に連れて行って貰った『かつふじ』のトンカツ定食、あそこは確か飯、キャベツ、みそ汁がお代り自由、腹いっぱい食えそうなんだよなあ。

 斯くの如く、心は千々に乱れるのでございます。face_02
  


Posted by 府中店長 at 09:44Comments(0)店長日記

2018年06月11日

アワビ

 いや~、アワビって高いんですねえ。

 事の起こりは先日の頼母子講、前々から7月の定例会は納涼会を兼ね『京らぎ 黒田店』さんで開催することに決めていたのですが、最年長のFさんがこう仰るのですよ。

「伊勢海老とは言わないが、ロブスターが食べたいな」
「はい、ロブスターですね」
「時季だけん、岩牡蠣もな」
「はいはい岩牡蠣もと、で他には」
「そりゃあお前、アワビだろ」

 そう言い残し、奥様が迎えに来られた車で家路につかれるFさんでございました。

 ここに至り『京らぎ』のI社長から、この方もメンバーの一人なのですがこんなご指摘が。

「あんなあ、アワビ言うたらうちの仕入れでも相当な値がする、料理して出したら1万円は下らんで」
「ど、どれくらいですか?」
「そうよなあ、その日の相場によっても違うけど、そうよなあ、まっ、1万3千円から1万5千円ってとこかな」
「ひゃ~、アワビっちゃ高いもんですねえ」
「そりゃあお前、トコブシとは違うけんな」

 当初5,000円の会席でやろうと話されていたFさん、まあこれなら一人1万円くらいで済みますわなあ。

 ところがどっこいアワビと来たもんだ。

 途端に単価が大幅アップ、会計の身としては通帳を握り締めたい気分。

 まっ、命まで取られる訳じゃないけえね。face_02
  


Posted by 府中店長 at 09:45Comments(0)店長日記

2018年06月10日

な、生卵・・・ですか?

 昨昼食時、弁当を使いながら8月に訪問予定の徳島市の名物を知ろうと思い【徳島名物】と入力してエンター、すると真っ先に登場したのが徳島ラーメン、しかも生卵入り、「こ、これは?」とパソコンに見入りました。



 考えてみればチキンラーメン、あれには生卵を入れますわなあ。余談ですが近頃のチキンラーメンには生卵用の窪みがありますねえ、最初にあれを見た時には「成る程なあ」と感心致しました。

 生来の麺好き、特に蕎麦には目が無くラーメンもうどんも好き、パスタなんて気取らない昔ながらのスパゲッティも良し、だけどなあ、生卵入りのラーメンってどうよ?

 ここで唐突に思い出しましたが人生初のスパゲッティナポリタンとの出会いは出身大学の軽喫茶コーナー、学生会館の2F、懐かしいなあ。

 さて徳島ラーメン、生卵入りは徳島県人の常識なのか?

 島根県人としては「何だかなあ」と懐疑的。

 吝か指数高けれどここはトライか?face_02
  


Posted by 府中店長 at 08:57Comments(0)店長日記

2018年06月09日

大型台風

『大型の台風5号は、あす10日(日)に沖縄県の大東島地方に最も接近する見込みで、あさって11日(月)には、小笠原諸島や伊豆諸島に接近するおそれがある。月曜日以降は、梅雨前線に台風からの湿った風が流れ込み、東日本や北日本を中心に大雨になる所があるとみられる。』ウェザーマップ 6/9 6:45配信

 今シーズン初となる大型台風、大雨や強風を伴った台風5号が列島に接近中です。進路予想で見る限り10日から11日にかけて九州南部、四国や近畿の太平洋側、そして東日本や北日本は大雨になりそうで災害発生が懸念されます。進路にあたる皆さんは十分ご注意を。

 毎年被害を被る列島、昨日の続きではないですが、国会議員には『強堅な国土』を築く努力を望みたいもの。
  


Posted by 府中店長 at 09:17Comments(0)店長日記

2018年06月08日

強堅な国土を

 7日、土木学会は南海トラフ地震とそれに伴う津波による被害額が発生後20年で約1410兆円に上るとの試算を公表、これは実に国の一般会計総額の14倍強に値する膨大な数値であり、近畿や四国は壊滅的な被害を被るであろうとメディアは報じています。

 またこの南海トラフ地震が30年以内に発生する確率は70~80%との政府予測も改めて紹介され、東日本大震災を経験した日本国に新たな脅威が忍び寄っていることを強く感じさせます。

 土木学会は併せて首都直下型地震の被害額も資産しこちらは同778兆円、国家予算の8倍に当るとも報じています。

 30年以内に発生する確率が70~80%と予測される南海トラフ大地震、また首都直下型地震にどう対応するのかは緊急且つ重大な懸案事項であることは自明の理、国会議員に課せられた使命は国民の生命財産、そして何より国土を守ることにあるはずです。

 敢えて些末とは申しませんが、一年以上に渡り森友だ何だと口角泡を飛ばす姿は不毛としか映りません。必要だと感じたら5年でも10年でも森友と叫ぶが良い、しかし目の前に迫る脅威から国民・国土をどう守るかが遥かに重要であることは論を俟ちません。

 この試算を受け国会議員が何を思うのか、願わくば彼らが本来の使命に思い至ることを望む。
  


Posted by 府中店長 at 07:41Comments(0)店長日記

2018年06月07日

完全否認

 千葉県小3女児殺害事件の初公判が4日千葉地裁で開かれ、被告は起訴事実を「架空で捏造」と全面否認したそうです。

 何が真実なのか、それはこの被告人しか知り得ません。

 もし彼の言が正しければ重大な冤罪事件となりましょうし、また一方、検察の主張通りとすれば自ら犯した罪を全く認めない極悪非道の人非人と言われても仕方無いでしょう。

 真相や那辺に?、裁判の行方が注目されます。
  


Posted by 府中店長 at 08:21Comments(0)店長日記

2018年06月05日

肺に・・・

 健康診断でのレントゲン、「はら、ここの所にぼんやりと何か見えますでしょ」、先生はそう仰いますがこちらは素人、しかとは確認出来ません。

 続けて「私の思い過ごしなら良いのですが、一度大きな病院で診て貰われたらどうでしょう」とのこと、ふむ、「遂に来たか」の感。

 タバコを吸い続けて40有余年、何があっても不思議じゃない、むしろ今まで良く頑張ってくれましたよ。

 紹介された病院の内、松江医療センターを選び紹介状をお願いしました。何でも検査に限り、紹介状があるとかなりスムーズに診察して貰えるとか。

 先生から松江日赤病院の名も出ましたが、これは即座にお断りしました。何せあそこは高校同期のUが副院長、「お前の様に若い時から酒飲んで煙草吸うとるモンは何時か必ず大病する」と常日頃から言われておりますからねえ、「それ見たことか」って言われそうだもん。face_02
  


Posted by 府中店長 at 06:35Comments(0)店長日記

2018年06月04日

マヨレモン

 あれは4月29日、全日本クラブ野球選手権の中国地区1次予選の2回戦第二試合に出場するMJG島根(島根県唯一の硬式野球クラブ)応援のため、山口県は周南市へと出掛けた折のことでございました。

 5-4 と薄氷の勝利を物にした興奮のまま一行は徳山東ICから山陽道へ、ビールと焼肉の祝勝会が待つ本町へと帰路を急ぎました。

 高速に乗って直ぐ、「ところで天皇賞はどうなったん?」とハンドルを握るファンクラブ会長のJ君に尋ねますと、「しまった未だ買ってない!、次のSAに入らせて下さい」と少々焦り気味。

 而して山陽道を走ること僅か4~5分で下松SAへ、J君は早速スマホで馬券購入。ここで運転をファンクラブ幹事長のK君に交代、しかしこのK君も「宮島SAに入らせて貰います」と有無を言わせぬ口調なのですよ。

 下松SAから宮島SAは約40分、休憩を取るのには少し早いのですが何でも『マヨレモン』なる商品を入手したいとのこと、「女房が好きなんですわ」と愛妻家ぶりを発揮するK君の言に従い一行は宮島SAへ。

 K君から「どこでも売ってる商品では無い、あれば幸運」と聞かされた『マヨレモン』、まっしぐらに売店に急いだK君が無事ゲット、「あと1個残ってます、奥さんのお土産にどうですか」と勧められ私も購入、税込540円でございました。



 K君から「タルタルソースの様なもの、白身魚のフライやソテーした肉・魚にも合います」と聞かされた『マヨレモン』、その言葉通りとても美味しい、妻からも私の土産物としては異例の大絶賛を受けたのですよ。

 丁度一月で使い切った『マヨレモン』、じゃあ通販でとアマゾン、ヤフー、楽天と調べましたが1個540円に対し安い所でも送料500円、これはちょっと考えますわなあ。

 今のところ『3,000円以上のお買い物で送料無料』のこちらのお店、『華緑園本舗楽天市場店』さんが一番お得かと。

 540円×6個=3,240円、賞味期限は10カ月だから大丈夫、それにしても一度に6個は買い過ぎか?face_02
  


Posted by 府中店長 at 07:16Comments(0)店長日記

2018年06月03日

逝ったんだね

 今朝の地方紙、おくやみ欄に高校同窓のA君の名前が載っておりました。

 あれは昨初冬、松江市内で生花店を営むHから「ミニ同窓会をやる、お前も出て来い」と言われ出掛けたのですが、そこで久し振りにA君と言葉を交わしました。

 彼の病気は皆周知のこと、しかしビールのジョッキを前に楽しそうな笑顔を見せておりました。

「遅くなって済まん」
「店を閉めてから来たの?」
「うん。それよりお前、元気そうじゃないか」
「まあ職場の人達が気を使ってくれるんで助かってるよ」

 自らの口からステージ4であること、家族と職場に支えられて治療と仕事を続けていること、これから冬へ向かうので体調に気を付けていることなどを屈託の無い笑顔で話してくれました。

 A君、やっと苦しい治療から解放されるんだね。

 お疲れ様、ゆっくり休んで下さいね。

 あれから半年、あの日の笑顔を忘れない。合掌。
  


Posted by 府中店長 at 08:57Comments(0)店長日記

2018年06月02日

大山賛歌 わがこころの山

 お隣鳥取県の霊峰大山(だいせん)、その威容と共に『大山賛歌 わがこころの山』は我々山陰人にとって馴染み深い曲なのですが、昨日ラジオから流れるアナ氏の言葉で初めてこの歌の由来を知りました。

 そもそもこの歌は昭和47年(1972年)に開催された大山国体冬季大会を記念して作られたのですが、その前年、歌詞を公募したところ全国から736点もの応募があったそうです。

 その中から選ばれたのが当時大山中学校3年生の松田美代子さんの『わがこころの山』、それに曲が付きデューク・エイセスさんが歌われ今日に至るそうです。

 これが中学3年生の女の子の詩か?、昭和48年時点で中学3年生なら私より二歳年少、豊かな表現力に只々驚くばかりです。

♪あなたがもしも 一人になって
 静かにこころを 見つめてみたい
 その時は 大山に行こう
 キャラボクの 緑葉が
 あなたの寂しさを 包んでくれる
 そう大山は 緑がいっぱいだから

 あなたがもしも 愛する人と
 明日の光を 夢みてみたい
 その時は 大山に行こう
 北壁の 厳しさが
 二人に人生を 教えてくれる
 そう大山は 光がいっぱいだから

 あなたがもしも 自然の中で
 親しい仲間と 話してみたい
 その時は 大山に行こう
 白銀の 頂で
 小鳥が憧れを 歌ってくれる
 そう大山は 小鳥がいっぱいだから♪

 私、人生で初めて詩集なるものを目にしたのは中学2年生の頃、学校の図書室で手に取った北原白秋先生のものでございました。

 山里の子供がそれを目にして何を感じたのか、全く覚えておりませんのでおそらくポケーと文字を追っていただけだったのでしょうね。

 翻って松田美代子さん、素晴らしいとしか言い様がございません。ご本人の素質に加えさすが霊峰大山、一人の女の子の感性をこれほどまでに高めるとは、霊験あらたかとはこのことでしょう。

 「それにしても中学3年生の女の子がなあ」と、改めて歌詞に見入る今朝でございます。
  


Posted by 府中店長 at 07:00Comments(0)店長日記

2018年06月01日

金曜日の11PM

 学生時代、金曜日の夜はバイトをしておりました。

 時間は大体9時半過ぎまで、バイトが終わると国電の中央線豊田駅までダッシュ、各駅停車で豊田→日野→立川→国立→西国分寺→国分寺→武蔵小金井、小金井に着くとアパートまでまたダッシュ、全ては11PMで小島武夫氏が出演される麻雀コーナーを観るためでございました。

 また競艇にも精通されSG・G1などのビッグレースでは解説者として登場されていましたが、穴狙いの氏の予想は余り当ることが無かったですね。

 青年期から壮年期にかけてはギラギラとした勝負師の顔付きも老年期に入り好々爺然とした風貌へ、その時々でファンに愛された方でした。

 訃報に接し、あの場面この場面を懐かしく思い出しております。合掌。
  


Posted by 府中店長 at 06:43Comments(0)店長日記

2018年05月31日

名古屋名物 味噌カツだがや

 昨日、亡き友の墓参の後、同行の幼馴染みと昼食を共にしました。伺った先は松江市学園南の『かつふじ』さん、前から気になっていたお店です。

 幼馴染みは「決めた、これ」とメニューを指差します、味噌カツ定食とでも言うのか?、そう言えばエビフリャー定食もあったぞなもし。



 「じゃあワシも」と、人生初味噌カツに挑戦しました。

 その時、私の頭は「味噌カツ」→「名古屋」→「名古屋弁」→「南利明さん」と水平思考、そう、「ハヤシもあるでよう」の南さんです。

 え、ご存じない?、じゃあ【これ】をどうぞ。

 南さんなら「味噌カツ、うみゃーていけんわ」と仰るでしょうし、「おみゃーさん、味噌カツ初体験を原稿用紙3枚以内にまとめてちょ」とも。

 その名古屋弁の問いに頓原弁でお答え致しましょう。

 カツも衣もうみゃー、じゃなくてまい(注:旨いの略)。仁多米か?、飯もまいのぉ。

 ほいだが味噌ダレが甘いけえなあ、ワシにはちょっと合わんよのぉ。

 今度来た時は普通のカツ定食、南さん、許してちょーよ。face_02
  


Posted by 府中店長 at 07:11Comments(0)店長日記

2018年05月29日

健康診断

 当社では毎年5月の末から6月の初めにかけて社内健康診断を行っています。毎日2~3人ずつ、同じ町内会のM医院でお世話になっていますので、6月1日健診予定の私も昨日義妹から予診票を受け取りました。

 昨年までは『喫煙』のところに丸印を付けるだけだった予診票、今年から『現在治療中の病気や飲んでいる薬がありますか?』の『薬』欄に○、実は3ヵ月ほど前からある薬を服用しています。

 これは私の主治医である同郷の先輩から「お前は血圧が高いけえこの薬を飲め、ワシも同じのを飲んどるけえな」と指示されたものなのですよ。

 あと二月余りで満62歳、いよいよ薬とのお付き合いが始まりましたとさ。face_02
  


Posted by 府中店長 at 08:43Comments(0)店長日記

2018年05月28日

命日

 今年も6月1日、亡き友の命日が巡って参ります。

 平成16年、48歳の若さで逝った渋谷茂樹君、入院から僅か一月余りで旅立ってしまいました。

 急性骨髄性白血病、何故彼がこんな病気に?と、亡くなってからもこの病魔を恨んだものでございました。

 毎年命日前後の定休日に墓参しておりますが、今年は30日に出掛けることに致します。

 亡くなってから14年、再来年には17回忌を迎えることになるんですね。

 安らかにと、改めて冥福を祈る今朝でございます。
  


Posted by 府中店長 at 09:35Comments(0)店長日記