QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
府中店長
府中店長
オーナーへメッセージ

2021年09月12日

♪ 三日遅れの便りを乗せて~

 若い方は知る由もない『アンコ椿は恋の花』、その葉書を手にした時、瞬時にこのメロディーが頭を過りました。

 6 月初め、幼馴染み全員へ来秋予定する北九州旅行の出欠確認を発送しました。期限は 7 月末としましたがその時点で返信者は 30 名、一方で無回答者が 19 名でございました。

 この 19 名の無回答には正直ガックリ来ました。4 択の何れかに〇を付け、名前と電話番号を記入するだけの葉書でしたので、多くの幼馴染みが返信してくれるだろうと思い込んでいたのです。

 子供の頃 中国山脈の山懐で一緒に育ち、中学卒業以来一度も会えないままのあの顔この顔。

 その懐かしさ故に期待値が勝手に上昇して行ったのか? でもなあ、返事を出さんのは精々 10 人位と思っとったけどなあ。

 そしたら昨日、「完全に忘れていました」の断り付きで、大阪の寝屋川に住む幼馴染みから返信葉書が届きました。恐らく彼とも卒業以来会ってないと思うんですよねえ。

 だからこそ嬉しかった。

 カズ、何時か、何時かきっと会おうな。face_02
  


Posted by 府中店長 at 09:09Comments(0)修学旅行

2021年08月07日

49 名中 19 名

 確かあれは 6 月 9 日、東京に住む姪の誕生日だったので覚えているのですが、幼馴染み全員へ来秋予定する北九州旅行の計画書を発送しました。その中に現時点での参加意思を問う返信葉書を同封し、『返信期限 7 月末。全く関心の無い方は返信不要、以後の案内は差し控えます。』と明記したのです。

 結果 49 名中 30 名から返信があり、その内の 19 名が参加意思を伝えて来ましたが、それと全く同数の 19 名からは葉書が帰って参りませんでした。

 事務局 2 名を加え、今の所 21 名が「行っても良いよ」と意思表示してくれました。予想外の多さ、理屈抜きに嬉しいです。

 一方で無返信者 19 名、これも予想外の多さ、少しく方を落とします。

 宛先も入れた返信葉書、出欠に○して名前と電話番号を書いて投函するだけなのになあ。

 もうね、今回の事で事務局としての役不足と力不足を痛感しましたわ。そう言えば、一枚の返信葉書の通信欄にこんな言葉があったなあ、『皆をまとめるって大変だろうね』って。

 T ちゃん、まとめる前に、19 人も返信が無かったわ。
  


Posted by 府中店長 at 08:17Comments(0)修学旅行

2021年07月28日

残り 4 日

 今 確認すると、その封書は 6 月 9 日に発送しておりました。

 事務局二名を除く幼馴染み全員、総勢 49 名へ向け発送した封書の内容は来年 10 月に予定する北九州旅行の計画書と、その旅への参加意思を問うものでした。

 7 月末を回答期限とした出欠アンケート、その返信葉書は昨日までに 27 枚が帰って参りました。

 今正に松江への郵便トラックに揺られている葉書もあるのかな?

 残り 4 日、その首尾や如何に?
  


Posted by 府中店長 at 08:04Comments(0)修学旅行

2021年06月13日

上々の滑り出し

 9 日水曜日に幼馴染み全員へ送った封書の中に、来秋のことではありますが、今現在で『北九州旅行への参加意思 有りや無しや』を問う返信ハガキを同封しておきました。

 1 ぜひ参加したい
 2 都合次第で参加しても良い
 3 余り参加しようとは思わない
 4 欠席

 県内はさすが早い、10 日には私の出した封書が届いたのでしょう、昨日早々に松江市内の男と故郷の女性から返事が届きました。

 男 /ぜひ参加したい
 女性/都合次第で参加しても良い

 更に兵庫県伊丹市に住む幼馴染みからは「 11 日に受け取った」とメールが届きました。伊丹だと中一日なのね、じゃあ、札幌へは今日くらいかな?

 記憶違いじゃなければ、君とは中学卒業以来一度も会っていないんだよね。島根の山里、寒村の女の子が一体どんな理由で札幌に移り住むことになったんだろう? 何か、それだけで一遍の小説が書けそうだね。

 みっちゃん、ぜひ 2 番に丸を付けて返信して下さいね。

 皆、待っとるけえね。
  


Posted by 府中店長 at 08:51Comments(0)修学旅行

2021年06月12日

返送された一通の封書

 9 日定休日、幼馴染み全員へ封書を発送しました。残念ながら女性一人の住所が不明ですが、残る 49 名へ来秋に予定する親睦旅行に関する文書を送ったのです。

 日程など、具体的な内容を記したものは初めてになります。A4 で 4 枚、とても意は尽くせませんが何とか書き上げて郵便局へ持ち込みました。料金が一通当たり 94 円、たったこれだけで北は札幌から南は熊本まで配達してくれるのですから有難い限り、郵便さんありがとう。

 で昨日、一通が返送されて来ました。



 今年の賀状は帰ってこなかったから、それ以降に郵便局さんの転送サービス期間が切れたってことかな? 確かあれ、一年間だったよな。

 仕方無いので彼の実家の近くに住む幼馴染みに電話して聞いてみました。

「おい、T は今、どこに住んどるんかい?」
「T ?、広島の方じゃなかったかな。でも、土日は帰って百姓しよるで」
「ほんなら、実家へ送れば良いかのぉ?」
「おお、それで世話無いと思うわ」

 ふ~ん、土日は百姓ねえ。T、頑張っとるじゃないか。

 息子さんが東大だか京大だかに入学したって聞いたよなあ。

 鳶が鷹って、ホント、あるんだなあ。
  


Posted by 府中店長 at 09:48Comments(0)修学旅行

2021年05月07日

一本の手旗から

 現在、約 50 年前に中学の修学旅行で訪れた長崎・熊本・別府を再訪する旅を計画中でございます。当時の少ない資料の内、長崎平和公園、熊本水前寺公園、そして別府十萬地獄での集合写真から、当時 私達がお世話になったのは『東九州バス』さんであることが知れました。

 そこで当時の旅程を解明する一助になればと、PC で『東九州バス』を検索しましたが僅かに宮崎県延岡市の『東九州交通』さんがヒットするだけでした。「もしかしたら社名が変更されたのでは?」の期待を込め問い合わせ致しましたが、担当の方からご丁寧な返信で違う旨を報せて頂きました。

 次の一手として考えたのは長崎市・熊本市・別府市の各観光協会さん、並びに各県のバス協会さん、そして畑違いとは存じましたが九州運輸局さんへ問い合わせのメールを送ってみたのです。

 皆さん本当にご親切でした。しかし次々と「該当無し」との回答で残るは九州運輸局さんのみとなり、最後の期待を掛けた返信が昨日届いたのです。以下、原文ママ。

『日頃より国土交通行政にご理解・ご協力いただきありがとうございます。

 お尋ねいただいた件について調査した結果、「東九州自動車株式会社」というバス会社ではないかと思われます。

 東九州自動車㈱は昭和37年~昭和46年まで、大分県の別府で活動をしていたバス会社となります。当時のことを知る方と連絡がとれ、ご提供頂いた写真を見てもらったところ、おぼろげではあるものの東九州自動車㈱の手旗ではないかということでした。

 東九州自動車㈱は、現在も大分県内で営業するバス会社である大分交通㈱や大分バス㈱等の複数の会社が共同して設立したバス事業者であり、それらのバス事業者のグループ会社という位置づけで運営されていたものの、昭和46年に事業廃止を行っており、残念ながら廃止後に事業を承継した会社はないようです。

 以上、今回お尋ねの件について調べさせていただいた内容を回答させていただきます。

 九州運輸局自動車交通部』

 以前、幼馴染みの一人からも「東九州自動車株式会社ではないか?」との情報を貰っていましたが、この返信メールで確信するに至りました。九州運輸局自動車交通部さん、誠にありがとうございました。

 来年の秋までにコロナが終息すれば、そんな僥倖に恵まれたら、皆で九州を旅することが出来るのになあ。
  


Posted by 府中店長 at 08:38Comments(0)修学旅行

2020年09月28日

骨子固める

 間もなく 10 月、来年秋に予定する同級生親睦旅行まで約一年、やっと事務局案の骨子が固まりました。中学生の時、修学旅行で訪れた長崎・熊本・別府へ約 50 年ぶりの再訪です。

 本来、今年のお盆に同窓会を開き旅行について討議する予定でしたが、慢性的なコロナ禍に加えお盆前に松江市で大規模なクラスターが発生したため開催には至りませんでした。

 幸い同窓会開催を危ぶんだ 6 月の末頃から予算や交通手段などを調べて居りましたし、言い出しっぺで事務局を拝命した経緯もございますのでコロナ収束云々は置き、計画だけでも早目に作成したいと考えておりました。

 さて計画案作成に当たり、一番気に掛かったのは「果たしてどれ位の費用であれば参加してくれるのか?」ということでございました。

 一体全体、妥当な参加費とは那辺に有りや?

 そう思い悩む私に僧侶で幼馴染みの K 氏が、「まあ高かろうが安かろうが、来る者は来るし来ん者は来んのよ」と説法の如く諭してくれましたので心安らかに立案出来た次第、そして事業案がこちらです。

 実施日:令和 3 年 11 月 15 日(月)~ 17 日(水)
 参加費:約 8 万円
 備 考:現地集合現地解散

 北から札幌のミッちゃん、続いて所沢のヒデさん、静岡のソノさん、三重のマッさん、ここら辺りまでが遠方か? まあそれを言ったら陸の孤島、山陰在住者がもっと移動に大変ではありますが。

 詳細を紙面にして故郷に住む世話人、これは私が勝手に指名して就任をお願いしたのですが同級生の誰が見ても納得の顔触れ、自称百姓のマー坊、随一の真面目男チーちゃん、公民館長で女性代表のシーちゃんの三人に送り承認を得るつもりです。

 11 月までに細部を決め 12 月中に募集要項作成、それを来年早々に発送して 2 月末までには出欠を取りまとめたいと思っています。出席人数が決ったら経費の再計算、特に貸切バスは利用者数で頭割りですから参加費の重要なポイントとなりますからね。

 今年も残り三カ月、あっという間とはこの事です。
  


Posted by 府中店長 at 09:44Comments(0)修学旅行