QRコード
QRCODE

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
府中店長
府中店長
オーナーへメッセージ

2016年12月31日

今年はこれに尽きます

 まさかねえ、生きている内にもう一度カープの優勝が見れるとは思ってもおりませんでした。


 本年も拙い本ブログにお付き合い頂き、誠にありがとうございました。

 皆様のご多幸を祈念し、来る年も宜しくお願い申し上げます。

 平成28年大晦
  


Posted by 府中店長 at 09:43Comments(0)店長日記

2016年12月29日

赤松真人選手

 今朝の新聞記事に驚きました。


 赤松外野手はカープに欠かせぬ選手、走塁は元より安心して見ていられるあの堅守が魅力です。

 アスリートが癌で胃の摘出手術とは、本人の心中如何許りかと思い遣る今朝でございます。
  


Posted by 府中店長 at 09:53Comments(0)広島東洋カープ

2016年12月28日

電動式リクライニングマットレス 

 昨日お客様が来店され、グループホームに入所中のご家族が年末年始に一時帰宅されるので、久し振りの我が家で本人が快適に過すために何か適当なものはないかと相談を受けました。

 お客様のご希望は電動式のリクライニング座椅子、しかし座椅子の電動式は昇降タイプはありますがリクライニングする商品は見たことがございません。

 普段は施設でベッドに横になるか車椅子しか使われないのでご自分では動くことが困難な状態とか、しかし折角の正月だから楽な体勢で過ごさせてあげたいとの思いから家具屋へ足を運んだと仰います。

 そこで「少々お高いですが」とご紹介したのがフランスベッドさんの『ルーパームーブ』、このマットレスは内蔵する2つのモーターにより背上げと足上げをそれぞれ単独で行える機能を備えています。


 1モーターですと背と足の部分が連動するのですが、2モーターですから別々に動かすことが出来るので使用する方に合った体勢を保つことが出来るのです。

 税込128,000円、暫く迷われた後に「大晦日までに届くなら」とご注文頂きました。

 「本人が使うのは3日ほどだけど、まあその後は自分が使いますわ」との言葉を残されお帰りになりました。

 家族愛、そんな言葉が頭を過る昨日でございました。
  


Posted by 府中店長 at 08:56Comments(0)店長日記

2016年12月26日

漱石のお墓

 『親譲りの無鉄砲で小供の時から損ばかりしている』、皆様ご存知『坊っちゃん』の冒頭です。

 一昨日、甥と『永訣の朝』について色々話し新事実を知ることになりましたがその後に甥が重ねて申します。

「夏目漱石のお墓、何処にあるか知っとる?」
「漱石のお墓?」
「うん、現国の先生が今年の夏に行ったって」
「ふーん、そりゃあ小日向(こびなた)の養源寺(ようげんじ)じゃろ」
「何それ?」

 私、小説『坊っちゃん』の末尾の一節を子供の頃からずっと覚えております。小説好きだった父の影響かなと思うのですが、何故だか未だに分りません。

 さて、清は亡くなる前日に「死んだら坊っちゃんのお寺に埋めて下さい」と頼みます。そして結びの文章はこうなっています。

 『だから清の墓は小日向の養源寺にある』

 正にこの一節を覚えているのですが、『坊っちゃん』は漱石が愛媛県尋常中学校で教鞭をとった経験を元に書かれた言わば私小説でしょ。ですからねえ、坊っちゃんのお墓、即ち漱石のお墓があるのは小日向の養源寺、今までずっとそう信じて来た訳ですよ。

 然るに甥は「違う違う、雑司が谷(ぞうしがや)だよ」と申します。

 へ~そうなんだ、でも小日向も雑司が谷も似たようなもんじゃろ。

 閑話休題、雑司が谷とは懐かしや。

 今は所在不明となっている友人F、学生時代の彼のアパートが確か雑司が谷にあったっけ。

 最後に会ったのが大学OB会の所用で上京した一昨年の秋、高田馬場で飲み翌日は二人で靖国神社に参拝したことを思い出します。

 「都会の生活がしんどかったら島根に帰って来りゃあ良いがな。Fよ、お前どっかの空の下でちゃんと生きとるんだろうな」、心の中でそう呼び掛ける一昨日でございました。
  


Posted by 府中店長 at 08:52Comments(0)店長日記

2016年12月25日

永訣の朝

今日のうちに遠くへ行ってしまうわたくしの妹よ
みぞれが降って 表は変に明るいのだ
(あめゆじゅ とてちて けんじゃ)

 私と同年配の方なら、現国の教科書に載っていたこの詩を覚えている方も多いことでしょう。宮沢賢治の『永訣の朝』、妹とし子が亡くなった日のことを詠ったものですが、高校1年の時に授業で出会ったこの詩に感銘を受けた私は繰り返し繰り返し目を通し暗記する程になったことを思い出します。

 私はこの『永訣の朝』を知り、生まれて初めて詩集なるものを買い求めました。無論、『春と修羅』です。

 さて昨日、高2の甥がこう申します。

「おっちゃん、宮沢賢治の永訣の朝って知っとる?」
「おお、良う知っとるよ」
「何で?」
「何でって、高校の教科書に載っとったけえな」
「僕の教科書にも載っとるよ、見せてあげる」

 久し振りに目にする『永訣の朝』、記憶に残る詩を目で追って行く内、最後の方で「あれっ?」と思わず声を上げました。

 私の記憶にあるのは次のような一節です。

おまえが食べるこの二椀の雪に
わたくしは今、心から祈る
どうかこれが兜率の天の食に変わって
やがてはおまえとみんなとに聖い資糧をもたらすことを

わたくしのすべての幸いを懸けて願う

 しかし、甥の教科書ではこうなっています。

おまえが食べるこの二椀の雪に
わたくしは今、心から祈る
どうかこれが天上のアイスクリームになって
おまへとみんなとに聖い資糧をもたらすように

わたくしのすべての幸いを懸けて願う

 甥が直ぐにスマホで検索してくれましたらどうやら今の教科書の方が最初の詩、私達の時のものは作者が書き直したものらしいと判明致しました。

 還暦の年に、また一つ賢くなりました。face_02
  


Posted by 府中店長 at 08:15Comments(0)店長日記

2016年12月24日

本日夢対決

 戦前生まれ VS 21世紀生まれ、現役最年長 VS 現役最年少、中学2年生の藤井聡太四段(14)のデビュー戦が本日行われます。迎え撃つは加藤一二三(ひふみ)九段、1940年(昭和15年)生まれの76歳、将棋連盟さんも粋な計らいをしたものですね。

 藤井四段は今年10月1日付でプロ棋士になったのですが、14歳2か月という年齢は加藤九段の14歳7か月を62年ぶりに更新する最年少記録となりました。

 その時から加藤九段と藤井四段の対局を心待ちにしておりましたが、何とデビュー戦でそれが叶うとは思ってもおりませんでした。

 加藤九段は第40期名人(1982年)、十段三期、王位一期、棋王二期、王将一期、NHK杯戦優勝7回を誇り、対局数は2495局(歴代1位)で勝数1323勝(歴代3位)、敗数1171敗(歴代1位)と歴戦の勇士です。

 この猛者に藤井新四段が挑む対局は本日10時開始、ちょっと調べたら『将棋プレミアム』で視聴が可能のようです。


 1day会員なら500円とのこと、定休日なら間違いなく入会して見届けたことでありましょう。

 楽しみな一戦、将棋ファンには嬉しいクリスマスプレゼントとなりました。
  


Posted by 府中店長 at 09:19Comments(0)店長日記

2016年12月23日

灰燼に帰す

 年の瀬に大火、季節外れの強い南風に煽られ140棟以上が延焼とか、お気の毒としか言いようがございません。


 私は40歳まで地元の消防団に所属しておりましたので住宅火災を何度か経験しておりますが、昼間の火事はとても怖いものです。夜間は火の粉が見えますが昼間はそれが見えない、すると何処が燃えているのか判断に迷うのです。

 もう20年以上前になりますが、お昼頃に町内の畳屋さんの作業場から出火したことがございました。カーテンやカーペットも商われていましたので目がまともに開けられない物凄い煙の中、ホースの先端の筒先に居た私は後方の団員の指示に従い放水を続けておりました。

 しかし風下に陣取ったのも災いし、ともかく涙はどんどん流れるわガスを吸って喉は苦しいわで正直「こりゃあヤバいんじゃないか?」と思っておりました。すると危険を察知されたのでしょう、班長さんの「撤収!撤収!」の声に這う這うの体で退避したことを思い出します。

 撤収後、今度は延焼の恐れのあるお宅から大切なものを運び出す作業を致しましたがやはり何と言っても仏壇、これを真っ先に安全な場所へ移動したものでした。

 今回の糸魚川の火事は火の回りが早かったそうですので、皆さん大切なものを運び出す間も無かったことでございましょう。

 年の瀬というのに・・・。

 心よりお見舞い申し上げます。
  


Posted by 府中店長 at 09:17Comments(0)店長日記

2016年12月22日

残すところ10日

 昭和31年申年生まれ、還暦を迎えた一年でしたが何とか過すことが出来ました。これも偏に故郷頓原の由來八幡宮のお蔭、1月10日の『還暦を祝う会』でお祓いを受けましたが誠に霊験あらたか、正月帰省したらお礼を兼ね初詣をと思っております。

 さて、あと10日で平成28年も暮れようとしています。

 何と申しましょうか一年がとても早く過ぎて行く、これを痛感する日々を送っています。これから何年生きるか分かりませんが、おそらくその日まで「一年経つのは早いのぉ」と言い続ける事でございましょう。

 まあ一先ず、商売人としては「無事に年を越す」を念頭に残る10日を過ごすことに致します。face_02
  


Posted by 府中店長 at 08:53Comments(0)店長日記

2016年12月20日

今日送検

 島根女子大生死体遺棄事件、2009年に発生したこの凄惨な事件は容疑者死亡のまま本日書類送検とか、地元紙は被疑者死亡により不起訴となる見込みと報道しています。

 男は平岡さんを拉致した当日に殺害、自宅の風呂場で遺体を切断して広島県北広島町の臥龍山に遺棄したと報道は続けています。

 男の関係先で見つかったデジカメの画像が決め手となったとのことですが、何故この男が人非人の所業に及んだのかは闇に閉ざされたままの事件解決となりました。

 ともあれ、これで仏様も浮かばれるでしょう。改めて平岡さんのご冥福を祈る今朝でございます。
  


Posted by 府中店長 at 08:51Comments(0)平岡都さん殺害遺棄事件

2016年12月19日

松江沖転覆事故

 14日早朝に松江市の沖合で転覆した「大福丸」、海底40mに沈んだ船体から昨日新たに一人の方の遺体が収容されました。


 「何とか今年中に」と、残る5名の方々の一日も早い発見を祈っております。
  


Posted by 府中店長 at 08:35Comments(0)店長日記

2016年12月18日

多くの謎

 その1 容疑者の男の関係先でデジタルカメラに行方不明後の平岡さんの画像?7年経っても残ってた?

 その2 平岡さんが発見された2日後に事故死、過失?それとも故意?

 その3 男が当時住んでいた益田市の借家を家宅捜索?7年後に何が出た?

 一番の謎、何処で平岡さんを拉致し何処で殺害したのか?、動機を含めこれらは全て闇の中となりそうです。


 広島・島根両県警の尽力に敬意を表すと共に、出来る限りの解明を期待しております。
  


Posted by 府中店長 at 08:36Comments(0)平岡都さん殺害遺棄事件

2016年12月17日

事件に新展開か?

『島根県立大1年生の平岡都(みやこ)さん(当時19)の遺体が2009年11月に広島県北広島町の臥竜山(がりゅうざん)で見つかった事件で、発見直後に交通事故死した男が事件に関与した疑いがあることが捜査関係者への取材でわかった。広島、島根の両県警合同捜査本部は慎重に調べを進めている。

 捜査関係者によると、男は平岡さんの遺体が見つかった直後の09年11月に交通事故で死亡。男の周囲から事件後の平岡さんとみられる画像データが見つかり、捜査本部が関連を捜査していた。死体遺棄容疑は12年に公訴時効(3年)を迎えており、捜査本部は時効のない殺人事件として捜査を続けていた。』(朝日新聞デジタル12/17 1:22配信)

 島根県松江市沖の日本海で転覆した「大福丸」、3人の方が遺体で収容され、未だに6人の方が行方不明となっています。昨日はこの冬一番の寒気が入り込み、大荒れの天気が捜索活動を阻みました。海も落ち着いた今日からの捜索に期待が掛かりますが、一方で2009年に発生した『島根女子大生死体遺棄事件』が新たな局面を迎えそうです。

 この報道が事実とすれば、平岡さんの事件は7年ぶりに解決することになります。

 おそらく明日の地元紙は一面トップ、地元紙ならではの詳細な続報を待ちたいと思います。
  


2016年12月16日

冬季道路情報

 今朝、8時前に母から電話がございました。

「頓原はようけ雪が降りよるよ」
「庭はどれ位?」
「さあ、それでも15~16cmかねぇ」
「まだ降りそうかいね?」
「ああ、今日は一日降るげなわ」

 実は今日、取引先のS君に依頼し実家のレースのカーテンの採寸をして貰うことになっていました。しかし母は「こんな天気だけえ、頓原へは来んが良いよ」と申します。

 そこで毎度お馴染み島根県冬季道路情報で故郷頓原をチェック、画像からそれ程とは思えませんが降ると瞬く間に積もるのが頓原の雪、用心に越したことはございません。


 而してS君に、「今日の頓原行は中止にしたが宜しかろう」と電話を入れました。

「え、ご都合が悪くなりましたか?」
「雪よ雪、降っとるげなわ」
「頓原が?」
「今日は一日雪、予報はそう言うとると」
「止めます!」

 彼の父上の実家も同じ奥出雲、県境付近の雪の事は肝に銘じているのでしょう、即決でございました。

 斯くして、今年も故郷頓原に寒い冬がやって参りました。願わくば大晦日と元旦、そこでの大雪はご勘弁を。
  


Posted by 府中店長 at 09:10Comments(0)店長日記

2016年12月15日

師走に・・・



 言葉無し。

 奇跡の生還を祈るのみ。
  


Posted by 府中店長 at 08:53Comments(0)店長日記

2016年12月13日

第50回奨励会三段リーグ戦

 30名前後の精鋭が四段昇段をかけて戦う奨励会三段リーグ戦、半年単位で18局を指し、上位二名のみが四段に昇段し正式にプロ棋士となります。しかし年齢制限が厳しく、原則的に満26歳の誕生日を迎える三段リーグ終了までに四段に昇段できなかった人は退会となります。

 現在行われている第50回リーグ戦(2016年10月~2017年3月)には25歳が3名、そして24歳の方は6名いらっしゃいます。迫り来る満26歳の誕生日、わけても現在25歳の方は相当なプレッシャーと戦う日々と推測します。

 島根県期待の里見香奈三段、彼女は1992年3月生まれの24歳、2018年の3月に26歳を迎えますから里見さんに残されたチャンスは現行の第50回、次期第51回、そして2017年10月から2018年3月まで続く第52回の三期だけとなっています。


 以下は過去10回の昇段者(各2名)の成績です。

【第59回】13勝5敗・12勝6敗
【第58回】14勝4敗・12勝6敗
【第57回】13勝5敗で二人
【第56回】16勝2敗・13勝5敗
【第55回】13勝5敗で二人
【第54回】13勝5敗で二人
【第53回】15勝3敗・14勝4敗
【第52回】15勝3敗・13勝5敗
【第51回】14勝4敗・13勝5敗
【第53回】15勝3敗・14勝4敗

 成績別だとこうなります。

 16勝2敗: 1人
 15勝3敗: 3人
 14勝4敗: 4人
 13勝5敗:10人
 12勝6敗: 2人

 ご覧の様にその半分を占める13勝5敗がボーダーラインとなっており、6敗目で黄信号、7敗はほぼ可能性がありません。

 さて里見さんは12月10日に行われた7・8回戦で残念ながら連敗、通算成績は4勝4敗となり、データ上残り10戦を9勝1敗か8勝2敗で乗り切らないと今期の昇段は叶わない状況となりました。

 追い込まれた出雲のイナズマ、その底力に期待します。
  


Posted by 府中店長 at 08:36Comments(0)里見奨励会三段

2016年12月12日

最低温度3℃

 大雪に見舞われている北海道の方は大変でしょうが、当地も今朝は3℃の底冷えする寒さとなりました。

 而して妻と義母に「今度の水曜日にはワシの車、それとあんた達のもタイヤ交換するのでそのつもりで」と申し伝えました。

 週末には山間部への配達もありますので、当店の2tトラックも早く交換しなければと焦っております。出来れば年内は降って欲しくありませんが、自然界のことですからどうなるか分かりませんからね。

 今年は国内で災害続き、雪も多いのか?
  


Posted by 府中店長 at 09:10Comments(0)店長日記

2016年12月11日

一足早く

 ここ数年、あるところからカモ鍋セットを取り寄せています。極寒の時期に合わせ年2~3回、今年は12月29日と2月10日にお願いしておりました。

 ところが昨日、頼んでいないカモ鍋セットが届いたので電話してみました。名前を告げると事務員の方が私を覚えていたらしく「毎度ありがとうございます」と応じられます。

「あのですね、今年は12月29日と2月10日に送って頂くようにFAXしていたのですが今日届いたんですよ」
「あっそうですか。私が二つの日付けを混同して、うっかり12月10日と思い込んだんですね」
「これ、どうしましょう。クール便で送り返しましょうか?」
「いえ、うちのミスですから宜しければお召し上がり下さい」
「え?」
「まあ味見と言うことでどうぞ」

 以前、広島お好み焼きが注文の倍届いたことがございました。あの時も思ったのですよ、私にミスは無いけれど何となく心苦しいような。
  


Posted by 府中店長 at 08:56Comments(0)店長日記

2016年12月10日

混乱

 他人事とは言え、韓国の国会が大統領の弾劾案を可決したのには驚きました。

 国内的には経済が疲弊し、また対外的には北の脅威が増し防衛ミサイル(サード)配備による中国の韓国叩きが進む中、政治の空白を生む愚は犯さないだろうと思っておりました。

 然るに与党議員の多数が造反し予想を上回る大差での可決、この結果に「保守とは何か」を改めて感じています。

 保守を任ずる身であれば国民に国の現状を丁寧に説明し、大統領が受け入れた4月退陣までを挙国一致内閣で乗り切ることが今は一番賢明であると主張すべきであったろうと思います。

 国のトップが職務停止に追い込まれるのは申すまでも無く国家体制を損なう異常事態です。国民からどんな罵倒を受けようとも国益を優先するのが保守本流、左派とはそこが決定的に違うと考えます。

 しかし国民の目を窺う左派同様、世論に怯え、保守の役割を放棄した罪は重かろうと感じます。今は弾劾などすべきでは無い、これ以上の政治空白は何としても避けるべき、他国の人間でもそう思うのですが。
  


Posted by 府中店長 at 09:33Comments(0)店長日記

2016年12月09日

利権

『島根県奥出雲町役場の新庁舎整備に伴う備品購入の入札をめぐり、業者側に予定価格を漏らしたとして、県警捜査2課などは8日、官製談合防止法違反などの容疑で町総務課財産管理室長の中西剛容疑者(49)=同町上阿井=を逮捕した。

 また公契約関係競売入札妨害容疑で、事務用品卸売会社「フォーデック」(広島市)の山陰支社顧問、福間忠雄容疑者(78)=同県出雲市平田町=と社員2人を逮捕した。県警は4人の認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は6月、新庁舎で使用する備品の購入先を決める指名競争入札で、中西容疑者が同支社の営業担当社員に予定価格を漏えい。社員らと福間容疑者は、取引先の奥出雲町内にある文具店に予定価格を伝え、同店に落札させた疑い。落札率は98%だった。』(時事通信)

 落札価格は7398万円、確かに大きい金額ですが4人の手が後ろに回る結果となり、奥出雲町は大変な痛手を被ることになりました。仁多米(にたまい)や奥出雲和牛の販売に風評被害という形で差し障りが出ぬことを祈るのみです。

 それにしても49歳で懲戒免職は必至、ご家族の心中如何許りか。



  


Posted by 府中店長 at 09:04Comments(0)店長日記

2016年12月06日

背任容疑で住職逮捕

『大阪市の不動産会社が担保としていた黄檗(おうばく)宗の寺院「安城寺」(松山市)の土地建物を関係先に無断で寄付し、同社に損害を与えたとして、大阪地検特捜部は5日、背任の疑いで、安城寺の住職、片井徳久容疑者(56)=松山市=を逮捕した。

 逮捕容疑は、平成24年に同社から1億5千万円を借り入れる際、返済期限を過ぎた場合は土地建物で弁済する契約を結んだのに、26年7~8月、土地建物の所有権を別の法人に寄付する形で移転登記するなどし、同社に損害を負わせたとしている。

 片井容疑者は逮捕前、取材に「寺に債務はなく、何のことか全く分からない」と話していた。』(産經新聞)

 黄檗宗ですか、寡聞にしてそんな宗派があるとは全く存じませんでした。

 結局この住職さん、お寺の土地建物を担保にして融資を受け、返済が滞ったにも拘らず親族が運営する寺院に無断でそれを寄付し背任容疑で捕まったと、何とも子供じみた手口と映ります。

 またこの片井容疑者は『全日本仏教会』の元副会長さんとか、先日の日教組委員長のスキャンダルを思い出す記事でございました。
  


Posted by 府中店長 at 08:48Comments(0)店長日記