QRコード
QRCODE

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
府中店長
府中店長
オーナーへメッセージ

2016年08月30日

一枚のチラシ

 「秋じゃのぉ」、今朝の新聞に折り込まれた一枚のチラシが季節の移ろいを伝えています。


 昔、学生時代、夜になると国鉄武蔵小金井駅前のロータリーの片隅におでんの屋台が出ていました。小父さんが屋台を出すのは秋口から、それは春まで続いていました。

 今は亡き友人の渋谷茂樹君が必ず頼むのが大根と玉子、はんぺんなんておでん種があるのを知ったのもあの屋台でした。私はすじに豆腐、寒い夜などコップ酒が身に染み渡ったものでございました。

 屋台のコップ酒、それは『チャンチキおけさ』の世界、「懐かしいなあ」と思い思いチラシを眺めた今朝でございます。
  


Posted by 府中店長 at 09:15Comments(0)店長日記

2016年08月29日

無情の雨

 昨夜妻に確認しましたら私が結婚したのは24歳の5月1日、その時から当地に移り住みましたのであれから36年余り、つまりは37回目の氏神さんの夏祭りを迎えた昨日でございました。

 揖夜(いや)神社の穂掛祭(ほかけまつり)は夜祭り、真ん中に神社の御神輿を挟み町内13地区が整えた山車が並び、小学生の奏でるお囃子と共に提灯を掲げて町内を練り歩くお祭りです。

 普段は夜8時を過ぎると人通りも車もぱったりと姿を消す我が家の前の町道ですが、この日ばかりは夜遅くまで参拝の人が絶えず、浴衣に下駄履きの子供たちがお父さんお母さんの手を引っ張るように神社に急ぐ姿が見受けられます。一番のお目当ては夜店、これは時代が移ろっても子供達には大きな魅力なのでしょう。

 然るに昨日はお昼過ぎからバケツをひっくり返したような大雨、「こりゃあ今夜の行列は大変じゃのぉ」と独り言ちた次第です。


 夕方4時半に祭典斎行を告げる旗火の音、しかし雨はいよいよ激しさを増して来ました。そして夜7時、店を閉めて帰宅しますと当社の車庫に町内会で用意した陸船がシートに包まれてひっそりと佇んでおりました。

 例年であれば6時過ぎには大人も子供も集まり、行列の開始地点である西揖屋(にしいや)地区まで陸船を引き出掛けているはずなのに車庫に留め置かれたまま、ここに至り「今年の行列は中止」を確信致しました。

 行列の途中で雨が降り出し行列の速度が早まった経験はありますが、最初からの中止は37回目で初めてのことでございました。

 年に一度の晴れ舞台で着飾った陸船は空しく舳先を神社方向へ向けるのみ、また「ここで稼がんと何時稼ぐんかい!」と意気込んだ香具師の皆さんの心意気も空回り、誠に無情の雨でございました。
  


Posted by 府中店長 at 08:28Comments(0)店長日記

2016年08月28日

秋来ぬと

 昨夜、甥のカズがこう言いました。

「おっちゃん、何かねえ、秋が来たのを風で知るってのがあったじゃない。あれなんだっけ?」
「お前は高校2年生じゃろ、現役がワシに聞いてどうするんね」
「だってねえ、古語はあんまり好きじゃないんだわ」
「じゃあ何の教科が得意なんかい?」
「世界史」
「世界史?お前、変わっとるのお」

 私の周りにも高校の時に校内で一番になったと得意そうに話す世界史好きの男が居たっけなあ、あれ誰だっけ?さすがに還暦、どうも思い出せないなあ。

 閑話休題、甥が聞いたのは多分この歌のことでしょう。

 秋来ぬと目にはさやかに見えねども 風の音にぞおどろかれぬる

 古今和歌集、藤原敏行。

 私の幼馴染みに藤原敏夫という男が居ます。あれは何時だったか、「お前、一字違いでえらい違いじゃのお」と大変失礼なことを申し上げたことがございました。誠に汗顔の至り、敏よ、堪えてね。
  


Posted by 府中店長 at 09:03Comments(0)店長日記

2016年08月27日

秋到来?

 当地の気温、今日は最高28℃で最低が23℃、明日は最高26℃で最低24℃の予報となっています。朝夕はめっきりと涼しくなり、昨夜などエアコンを付けることを忘れたくらいでございました。このまま秋になりそうな、そんな過し易い日が続きそうです。

 さて明日は氏神様である『揖夜(いや)神社』の大祭、『穂掛祭(ほかけまつり)』が執り行われます。その名前の通り田の神様に感謝するお祭りですが、小学生の子供達が笛を吹き、鈴なり提灯を連ねて各地区から集まった舟行列が町内を練り歩く神事です。


 行列の準備は早い地区で今日夕方から、遅いところでも明日のお昼には舟の飾り付けを始め夜の舟行列に備えます。

 地名は揖屋(いや)ですが神社の名前は揖夜、本殿は出雲大社と同じ大社造となっています。


 この『穂掛祭』が過ぎると夏も終わり、当地は実りの秋を迎えます。
  


Posted by 府中店長 at 09:25Comments(0)店長日記

2016年08月26日

対巨人3連戦を振り返る

 <23日火曜日、延長10回0-1のサヨナラ負け>
 負け惜しみを言う訳ではありませんがこれが本物のプロ野球、息詰まる投手戦こそ野球の醍醐味、一昨年家族と観戦したマツダスタジアムでの中日戦を思い出しました。この試合も1-3でカープは敗れましたが両チームの投手が良く投げ、締まった好ゲームを堪能したものでございます。

 しかし敗戦は敗戦、見届けた時にこう思いました。

 『ふむ明日巨人は菅野が先発か、ちょっと勝てんだろうなあ。こりゃ3連敗を喰らうかもしれんのぉ』

 <24日水曜日、まさかの菅野打ち7-3で勝利>
 帰宅と同時に4回を終わって0-2との報、「菅野から3点取るのは難しいわなあ」と思いましたが敗戦を見届けるのもファンの役目とばかり、妻へは「他の番組を観ても良いけど8回位からはカープ戦を見るけえの」とチャンネルを譲りパソコンの前へ、暫くすると妻の甲高い声が聞こえました。

「ねえ、5-2になっとるよ」
「ほうか菅野から2点も取ったか、カープも頑張っとるじゃないか」
「違う違う、カープが勝っとるがね」
「何?」

 即行でテレビの前へ、確かにカープが5-2とリードしています。一体何が起こったのか?

 試合後にリプレイを観ましたが信じられないような展開、あの菅野投手が一体どうしたというのか?

 まあそれでも勝ちは勝ち、『助かった、これで3連敗が無くなった』と安堵した一昨夜でございました。

 <25日金曜日、またも信じられない展開6-4で逆転勝ち>
 3連敗が無くなった安心感から帰宅時に聞いた1-4の報にも動ぜず、「まあ1勝2敗で御の字よ」とばかり晩酌後にテレビの前へ。

 その気安さが幸いしたか7回と8回に1点ずつを返し3-4に、試合は9回表、カープ最後の攻撃に移りました。

 さてここからが信じられない展開、2死3塁から怒涛の3連打で6-4と逆転、試合後妻が「は~、カープ強いねえ」と申しましたが、それに応え「ホントになあ」と首肯した次第。

 <カープファンの皆様へ>
 こりゃ本当にひょっとするかもしれませんよ!face_02
  


Posted by 府中店長 at 09:30Comments(0)広島東洋カープ

2016年08月25日

出雲で一番小さい酒蔵

 昨定休日、妻から頼まれていたお酒を買いに町内の酒屋さんへ出掛けました。と申すも今度の28日は氏神さんの夏祭り、義妹夫婦がやって来るので「上等の物を」と言われていたのです。

 入店すると「何時ものタバコですね?」と聞かれましたので、「うん、それも貰うけどお祭り用のお酒をね」と答えました。

「何が良いですか?」
「う~ん、ワシは分からんけえケンちゃんに任せるわ」

 ケンちゃんとはこのお店、組嶽(くみたけ)本店の跡取りで洋酒通には評判の目利き人です。ワインやらスコッチやら、時には現地まで買い付けに行くほどの熱心さ、そんなお店ですからお任せが一番です。

「どうやって飲まれます?」
「そうよねえ、まだ暑いけえ冷やして飲みたいねえ」
「じゃあ生酒はどうです」
「うん、任せる」

 で、彼が冷蔵ケースから取り出したのが純米吟醸『出雲富士』、聞くと出雲市今市町のメーカー『富士酒造』さんの商品だそうです。


「へ~、今市に酒蔵があるの?」
「はい、出雲で一番小さな酒蔵です」
「せっかくだらかもう1本ね」
「じゃあこれ、近頃評判です」


 こちらは同じく出雲市は平田町の『酒持田本店』さんの『ヤマサン正宗』、「美味しいお酒です」とはケンちゃんの弁。 

 お値段何と2本で3,321円!

 まっ、お祭りだけえね。
  


Posted by 府中店長 at 09:41Comments(0)店長日記

2016年08月23日

大一番

 2位巨人に8ゲーム差の首位に立つとは言え今日からの巨人3連戦はカープにとり正念場、「三連敗だけは避けておくれ」、今のカープに望むは只その一点。

 昔の外木場さんのような絶対的エースの居ない広島カープ、全員野球で何とか1勝をと願うのみ。

 期待は菊池涼介内野手、あっけらかんとした性格そのままに普段通りのプレーをして貰いたいもの。

 この3連戦を何とか1勝2敗で乗り切れば夢が広がる。

 広島カープよ、耐えて勝て!
  


Posted by 府中店長 at 08:53Comments(0)広島東洋カープ

2016年08月22日

謎のレジェンドプレーヤー

 前から気に掛かっておりました。それはマツダスタジアムのオーロラビジョン、カープの投手が三振を奪った時に映し出されるのがこの方々です。


 右から外木場義郎さん、伝説の大投手長谷川良平さん、北別府学さん、安仁屋宗八さん、池谷公二郎さん、ここまでは分かります。しかし一番左の方が分からない、一体誰なのか?

 他のメンバーはそれぞれエースを張った名投手、ひょっとしてこの方は長谷川さんと共にカープ草創期に活躍された備前喜夫(旧姓大田垣)さんなのか?

 ご存知の方、ぜひともご教授を。
  


Posted by 府中店長 at 08:48Comments(0)広島東洋カープ

2016年08月21日

「ペア」について考える

 バドミントン「タカマツ」ペア、シンクロ「乾・三井」ペア、そして卓球「福原・伊藤」ペア、今回の五輪は女性ペアの活躍が目立ちますね。

 特に卓球の「福原・伊藤」ペア、アナ氏が何度も「12歳違い」を強調していましたが15歳で代表に選ばれた伊藤選手も立派なら27歳のベテランとなっても第一線で活躍する福原選手もまた立派、あれは私的にリオ五輪で最も興奮したゲームでございました。ともあれ女性選手の活躍で今大会のメダル獲得数は過去最多とか、残る試合も、そしてパラリンピックでも日本人選手の活躍に期待致します。

 閑話休題、ここで身近な「ペア」についての考察です。

 あれは一月ほど前、妻がデパートに行くと申しますので『五本指・夏用』の靴下、柄なんてどうでも良いからと買って来るように頼んだとお思い願います。

 忘れずに買って帰ってくれたのですが問題はその内のワンペア、これは果たして「ペア」なのか?

 私が二つに折って糸で留めてあるのをハサミで切り新品を下したのではっきりと覚えているのですが、これは間違いなくワンペアとして売られていた商品なのです。しかし、開いてみて驚きました。

 これ、本当に「ペア」なの?


 今朝、妻に「おい、これっておかしくないか?」と言いますと「う~ん」と唸るばかり、これが流行ということなら還暦の夫婦にはちと付いて行けませんねえ。face_02
  


Posted by 府中店長 at 08:44Comments(0)店長日記

2016年08月20日

見積り依頼

 『軽費老人ホームケアハウス』、職員の方に伺うとその名の通り高齢者の方が低料金で食事や生活サポートを受けられる施設とのことでした。こんな施設、もっと増えると良いですね。

 さて今般、松江市内にある軽費老人ホームケアハウス様より食堂のテーブルと椅子の更新に伴う商品の提案と見積り依頼を受けました。テーブルが13台、椅子が52脚とかなりのボリュームです。

 テーブルは天板の厚みが40mmの頑丈な商品で車椅子にも対応出来る継脚タイプ、椅子は立ち上がり易い肘付きのものを提案することに致しました。




 これは家具産地大川の商品、受注出来ればありがたいのですが。
  


Posted by 府中店長 at 09:16Comments(0)店長日記

2016年08月19日

秋近し

  今日の最高気温は33℃、最低気温が25℃の予報となっています。明日もそれぞれ32℃と26℃とのこと、朝夕はめっきりと涼しく感じるようになりました。

 吉田沙保里選手、残念でしたね。それでも銀メダル、「ごめんなさい」などと言わず胸を張って帰って来て下さいね。

 さてカープ戦以外のプロ野球を観ることなど滅多に無い私ですが、昨夜は中日対巨人戦にチャンネルを合わせました。

 稀に見る好試合は2-2の同点で迎えた9回表、巨人の攻撃は2死2塁で打者は長野選手、又吉投手の投じた球は狙った内角には行かず真中寄りへ、結果は決勝のタイムリーヒットとなりました。

 投手はどんな強打者に対しても内角を攻めないと勝負にならない、しかし時に甘くなって打たれる、野球ですからそれは仕方の無い事とは言え好調に見えた又吉投手としては誠に残念な一球となりました。

 今年は谷繁監督の解任、チームの低迷と中日ファンには何ともやるせないシーズンとなっています。贔屓チームの不振にカープファンは慣れっこでも中日ファンは不慣れ、そこで長年カープファンをやっている私からそんな時の極意をお伝え致しましょう。

 ここ2~3年は少し力を付けて来ましたがチームの歴史上圧倒的に弱い時期の多い広島東洋カープ、旧市民球場で何度も天を仰いで参りました。そんな時、今は亡き友人の渋谷茂樹君とこんな言葉を交わしたものでございます。

 『まあこの先負けっぱなしという訳じゃなし、たまにはカープだって勝つこともある。それになあ、カープが負けても命までは取られんけえの。』
  


Posted by 府中店長 at 10:00Comments(0)店長日記

2016年08月16日

お盆に旅立ち

 今、その着信を確認すると14日の9時22分となっています。

 それは故郷頓原へ向かう途中、タバコを買おうとコンビニに寄ったところでした。そして発信者を示す文字を見た時、何か不吉な予感が致しました。

 発信者は後輩の岸本君、今この時に彼が電話をして来るとすれば松谷君の病状についてに違いない、そう直感した次第です。

「岸本です」
「うん、どうした?」
「さっき、松谷が亡くなったと連絡がありました」
「・・・・・」
「今後の予定は分かり次第ご連絡します」
「ありがとう、お願いするよ」

 2013年11月14日に脳幹出血のため救急搬送され、その時ご家族は「命を取り留めても車椅子生活まで」とお医者さんには言われたそうです。私共も「脳幹出血は手術が出来ない」と聞かされ、暗澹とした心持ちになったものでございました。

 しかし懸命のリハビリで奇跡的に杖歩行にまで快復、身障者用の車をあやつり仕事をする姿に驚きと共に称賛をおくったのが昨日の様に思い出されます。

 再入院したとは聞いておりましたが、こんなに早く別れが来るとは思いませんでした。残された奥様、ご両親、そして未だ成人には間のある三人の子供さんを思うとさぞ無念であったろうと彼の心情を思いやるばかりでございます。

 54歳での旅立ち、松谷君安らかに。合掌。
  


Posted by 府中店長 at 11:14Comments(0)店長日記

2016年08月14日

鮎を求めて

 先程兄に電話をしましたら、たった今実家に帰ったところでこれからお墓掃除に向かうと申します。「お前の分は残しとくけえの」との言葉に、「そりゃあ長男の役目よ、ワシは食べるもんと酒を買うてかえるけえ」と応じた次第です。

 今年も鮎だけは何とかゲットしたい、頓原の盆に鮎の塩焼きは必須ですからねえ。それと焼きサバ、これも欠かせません。

 而して間もなく開店のスーパーを巡り鮎探し、そして雲南市三刀屋町の藤原鮮魚店に寄って焼きサバ購入、お昼頃に故郷頓原に到着予定です。

 何はともあれこれから二日間はお盆休み、いや~、天国ですねえ。face_02
  


Posted by 府中店長 at 08:32Comments(0)店長日記

2016年08月13日

名人逝く

 中央競馬史上屈指の名勝負と称えらる昭和52年(1977年)の有馬記念、他馬を全く無視したかのようなトウショウボーイとテンポイントの一騎打ち。『1-3』の馬券を手に、食い入るようにテレビを見つめた記憶がございます。(レース動画は【こちら】です)

 その時、『天馬』と呼ばれるトウショウボーイに騎乗していたのが武邦彦(たけ・くにひこ)騎手でございました。『名人』、あるいは『ターフの魔術師』の異名を取り、関西テレビの名物アナウンサーであった杉本清さんが昭和51年の菊花賞で「3000mの長丁場をうまく流れに乗って菊に迫るかフェアースポート、鞍上はおまかせ、誰もが怖がる名人です」と紹介したのも忘れられません。

 『タケクニ』の愛称で親しまれ、当時『天才』と称されていた福永洋一騎手と数々の名勝負を繰り広げた武邦彦さん、そのタケクニさんが逝かれました。


 昭和の灯また一つ、合掌。
  


Posted by 府中店長 at 07:41Comments(0)店長日記

2016年08月12日

お盆を前に

 一昨夜の同窓会、開会の後に一分間スピーチでそれぞれが近況報告を行いました。その中で遠路熊本から参加のT君が、「さっきスマホをチェックしていたら、阿蘇大橋で流された車が発見されご遺体も収容されたそうです」と報告してくれました。

 先祖さんのご加護か、お盆を前にご遺体が見つかりご本人も大和さんのご両親もホッと胸を撫で下ろされたことでございましょう。これでゆっくりとお休み頂けますね、合掌。
  


Posted by 府中店長 at 09:08Comments(0)店長日記

2016年08月11日

久々午前様

 昨日は松江市の玉造温泉で中学校の同窓会、総勢20名の出席、賑やかな一夜となりました。

 夕方6時30分から始まった宴会は9時過ぎにお開き、それからタクシーで松江市内の焼鳥屋さんへと向かいました。ここでは一人2千円の割り勘、店を出たのは11時頃だったのか?

 「これで皆宿へ帰るだろうな」と思ったら、M君が「ワシは行きつけのスナックへ行く」と意気軒昂。そこで私ともう一人がお供することになったのですが、ここの勘定がどうなったのか記憶にございません。ひょっとしてM君の奢りだったのか?

 これは今朝になって分かったのですが、旅館に帰りついたのは午前1時であったとM君から聞かされました。で、先に帰った連中は大人しく寝たんだろうなあと思いながら部屋に向ったとお思い願います。

 するとですねえ、隣の部屋では宴会の真っ最中だったのですよ。

 一次会で残った焼酎のボトルが2本、更にはビールを15本、おそらく7~8人が焼鳥屋から帰って来て「もうちょっと」と飲み始めたのでございましょう。「お前達も来い」と言われましたがそれに応えたのはM君のみ、あいつ等、一体何時まで飲んでいたのか?

 さて昨日、伊丹市から帰省した幼馴染みを出雲空港に出迎え、彼の希望により出雲市平田町にある『鰐淵寺(がくえんじ)』という名刹を訪れました。

 地元に居ながら私も初めてお参りさせて頂きましたが、このお寺は若き日の武蔵坊弁慶が修業した寺として有名です。頂いたパンフレットによりますと1151年に現在の松江市に生まれた弁慶は18歳から3年間このお寺で過し、その後京都の比叡山へと移り源義経と出合ったと伝えられているそうです。

 出雲大社への観光を思い立たれた時、是非この『鰐淵寺』もとお薦め致します。『パワースポット』、そんな言葉が浮かんだ名刹でございました。
  


Posted by 府中店長 at 11:43Comments(0)店長日記

2016年08月09日

重いお言葉

 今朝、新聞で昨日の天皇陛下のお言葉を拝読致しました。また合わせて、ネットでお気持ちを述べられる陛下のお姿も拝見致しました。

 淡々とご自身のお気持ちを述べられる中、私は陛下の『全身全霊』のお言葉に深く胸を打たれました。象徴天皇として邁進されるお姿に「そこまで国民のことを思って下さるのか」との思いと共に「日本国民に生まれて良かった」、只その感謝の一言しかございません。

 またこれはある新聞にも記してありましたが、冒頭の「二年後には、平成三十年を迎えます。」とのお言葉に「あと二年は何とか天皇としての仕事を全う出来るが、その後は?」との陛下の強い憂慮のお気持ちが透けて見えるように感じ、この問題は国民始め立法府が一丸となり二年以内の皇室典範の改正に取り組まなければならないと感じました。

 お言葉の中で、陛下は「私はこれまで天皇の務めとして、何よりもまず国民の安寧と幸せを祈ることを大切に考えて来ました」と仰っています。その陛下も82歳となられた今、国民として両陛下に穏やかな老後をお過ごし頂きたいという願うのは至極当然と考えます。

 幸い天皇制を否定する共産党も前向きの模様、与野党問わず前向きな議論を望みます。
  


Posted by 府中店長 at 09:27Comments(0)店長日記

2016年08月08日

熱闘甲子園

 昨日、大阪に住む友人からメールが届きました。彼とは高校1年の時からの付き合い、ある大手住宅メーカーに勤務しています。


 続けてこんな画像も。


 そこで返信しました。


 以下、現地特派員レポート。








 お疲れさんのメールを返信。


 彼は2012年の夏に食道癌を患い食道の全摘手術を受けました。それがこの炎天下に甲子園へ出掛けるまでに快復した、そのことを素直に喜びました。しかしお医者さんから「5年間再発しなければ全快」と言われている身、その5年間までもう1年、「あんまり無茶はするなよ」とメールに語り掛けた昨日でございました。
  


Posted by 府中店長 at 07:49Comments(0)店長日記

2016年08月07日

心に残るフェアプレー

 昨日の本ブログへ友人のカメラ小僧氏より「実は、ネットでは、出雲高校のキャッチャーがすごいと話題になっています。」との書き込みがございました。で、早速調べてみました。

 記事は【こちら】。

 さらに【動画】も。

 凄いですねえ、こんなシーンは初めて目にしました。

 立正大淞南高校のベンチへ向かう出雲高校捕手の林君、歓びを顔に出さず、敗者に対する敬意とも受け取れる厳粛な面持ちでございました。

 これで高校3年生、我が身を省み反省頻りの今朝でございます。

 本日第二試合、頑張れ出雲高校!
  


Posted by 府中店長 at 09:05Comments(0)店長日記

2016年08月06日

胸借りる

 第98回全国高校野球選手権大会は明日開幕、島根県代表の県立出雲高等学校は初日の第二試合に登場、今春選抜覇者の智弁学園と対戦します。


 この出雲高校のメンバーに、内野手でありリリーフピッチャーとしても活躍する加藤雅彦君(3年)が居ます。

 先日、町内の建設会社の会長さんが出雲高校への寄付を募るために来社されたそうですが、何とこの加藤選手がお孫さんにあたるそうです。そうか、出雲の娘さんのところの男の子、そう言えば会った事あるなあ。

 数年前、リフォームを終えた出雲市の加藤さん宅へ家具を納めたことがありますが、あの時はまだ中学生くらいであったと記憶しています。その加藤君が高校3年生となり甲子園出場、会長さんもおそらく明日は甲子園へと出掛けられることでありましょう。いや、もう今日には出発されるのかな?

 何れにしろ文武両道の出雲高校、智弁学園は相手にとって不足なし、島根県代表として最後まで全力プレーをと望みます。

 さて本日広島原爆の日、テレビ中継を見ながら鐘の音に合わせ黙祷致しました。

 原爆許すまじ、合掌。
  


Posted by 府中店長 at 08:47Comments(0)店長日記