QRコード
QRCODE

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
府中店長
府中店長
オーナーへメッセージ

2016年09月30日

コング、現役生活に幕

 昨29日、東北楽天の栗原健太選手の引退が報じられました。低迷していた時代のカープの四番打者だった栗原選手、野人のような風貌から『コング』の愛称で親しまれた彼がチームを去ったのは昨年のことでした。


 度重なる怪我から2軍生活を強いられた栗原選手は2015年限りでカープを退団、新天地を求めて東北楽天へと移籍して行きました。おそらくあの時、カープ球団の体質として「このまま引退してコーチへの就任を」との打診があったのではないかと思いますが、彼は現役続行の道を選んだのです。

 しかし楽天へ移籍して迎えた今シーズンも1軍での出場機会は無し、残念ながらバットを置く決意をした模様です。

 旧広島市民球場のラストゲーム、2008年9月28日の対ヤクルト21回戦は長く記憶に残るゲームとなりました。

 この記念すべき試合に若手のマエケンが先発、1回裏にアレックス選手の2点本塁打で先制したカープはその後も4回にマエケンのソロ、そして続く5回に栗原選手のツーランホームランで着々と加点、最後は抑えの永川投手が伝家の宝刀フォークボールを投げ込み6-3で勝利し有終の美を飾りました。

 この結果栗原選手は旧広島市民球場でホームランを打った最後の打者となったのですが、それはカープの四番打者にふさわしく、また若きエースマエケンの誕生と併せファンの心に残ったのです。

 あれから8年、苦労してカープを支えた栗原選手が引退との報に「お疲れ様、出来ればカープに帰ってコーチ業を」と願う今朝でございます。
  


Posted by 府中店長 at 09:27Comments(0)広島東洋カープ

2016年09月29日

7度目美酒

 東映フライヤーズとは懐かしや、昨夜の北海道日本ハムの優勝時に流れたアナ氏のコメントで東映時代から通算7度目の優勝と知りました。

 東映→日拓→日ハム、もっと優勝しているイメージがありますが7度目なんですね。

 それにしても大谷投手の素晴らしいこと、あれでは西武の選手もちょっと打てないでしょうね。

 天が二物を与えた大谷選手、圧巻のピッチングに酔いしれた昨夜の優勝決定試合でございました。
  


Posted by 府中店長 at 09:07Comments(0)店長日記

2016年09月27日

大切です!!

 昨朝、パソコンの調子が突然おかしくなりました。先ずヤフーが中々立ち上がらない、やっと立ち上がっても次のページへ行かない、「機械がめげたかな?」、そう思いました。

 自分で色々試しましたが一向に改善せず、夕方近くとなり「最早これまで」と購入させて頂いた文具屋さんへ電話をしてみました。状況を説明すると「今からお邪魔します」とのこと、「済まんねえ」と答えながらも一安心でございました。

 40分ほどで駆け付けてくれた彼に動作を交え再説明、すると「大体分りました」とパソコンに向かい何やらカチャカチャ、ものの1分で「ハイ、直りました」と言ってくれたのです。その時の彼の笑顔、いや~後光がさすとはこのことですねえ。

 説明によりますとヤフーのトップページには動画のCMなどが多数あり、最新の動画ソフトを入れていないと時にこういうトラブルが発生するとの事でございました。

 またグーグルの場合はトップページに広告が全く無いので直ぐに開けるものの、そこから他のページへ行こうとすると同じく画面が動かなくなるとの説明でございました。

 私は今までに『アップデート』で失敗することが度々ございました。アップデートした途端に今まで出来ていた作業が出来なくなる、これを度々経験して参りました。

 そこである時期から画面に現れる『○○のアップデートの準備が完了しました』などのコメントは全く無視、即座に×マークをクリックして難を逃れていたのでございます。

 然るに今回学習しました、中には重要なアップデートもあるんだと。而して、「これだけは今後もアップデートを続けて下さい」との彼の言葉に忠誠を誓った昨日でございました。

 『Adobe Flasy Player』、これ重要です。
  


Posted by 府中店長 at 07:57Comments(0)店長日記

2016年09月25日

薄氷踏む

 中日8日目を終え7勝1敗、あの時は私も「こりゃあ何ぼ何でも勝ち越すじゃろ」と思いましたし、実家のある隠岐の島のご老人方が「すわ優勝!」と色めき立たれたのも宜なるかなの感がございました。

 然るに9日目から人が違ったかの如く5連敗、13日目に7勝6敗となった時には『前代未聞!隠岐、2横綱3大関倒すも負け越し!!』との地元紙タイトルが目に浮かぶようでございました。おそらくこの間、北の富士さんの口から「この力士は稽古をしないからねぇ」とのお決まりのお小言が発せられたことと存じます。

 まあここら辺が隠岐の海たる所以、それでも昨日やっと勝ちました。


 今場所は「この力士もやっと少し強くなったねぇ」と北の富士さんに褒めて貰える、そんな千載一遇の好機だったのですがねえ。
  


Posted by 府中店長 at 08:22Comments(0)隠岐の海

2016年09月24日

蓮舫丸よどこへ行く

 昨日のブログは蓮舫民進党が「こんな方向へ進まないように」との願いを込めて綴りましたが、報道によれば民進・共産・生活・社民の野党4党は23日午前、国会内で党首会談を開き次の衆院選の野党共闘についてはできる限り協力することで一致したそうです。また衆院東京10区と福岡6区の両補欠選挙(10月23日投開票)への対応は、4党の幹事長・書記局長間で協議する方針を確認したとのこと。

 これに先立ち、産経新聞の高橋昌之氏はコラムでこう述べています。

 『共産党が次期衆院選で、民進党など野党の共闘に意欲を示すのは、共産党の候補者が単独で衆院選の選挙区で勝利できる可能性はほとんどなく、自前の候補は擁立しなくても他の野党候補との共闘によって勝利できれば、自らの影響力を拡大できると考えているからにほかなりません。』

 私も氏に同感です。このままで行けば民進党は共産党と共にただ政府自民党の施策に『反対するだけの党』になってしまい、それでは日本国に二大政党制は決して生まれないでしょう。

 例えば国防、「安保法案反対」を言い募る内に北の脅威が益々増大する中、自衛隊の解体を掲げる共産党と一体どんな立ち位置で共闘すると言うのでしょう?

 また経済においても然り、アベノミクスは失敗と叫び金融緩和策を批難するなら民進党はどんな方法で雇用を確保するつもりなのか?、国民の知りたいのは正にそこなのです。

 ともかく、国民が納得する対案を示さずにおいて『反対』ばかりすることは『政府自民党と対決する』ことにはなりません。自らの党是に沿い、綿密に検討を重ねた対案を国民に示して審判を仰ぐのが衆議院選挙なのです。

 私は健全な自由主義国家とは『保守』と『リベラル』が拮抗する社会だと思っています。ここで民進党にしっかりとした党運営をして貰わないと『リベラル』が消え『左翼』に取って代わられるのではないか、そう懸念します。

 党の再建に時間は掛かるでしょう。しかし今こそ日本の『リベラル』を守る時、蓮舫党首と野田幹事長の英断に期待します。
  


Posted by 府中店長 at 09:12Comments(0)店長日記

2016年09月23日

蓮舫丸船出

 二重国籍問題はどうなったのか?このままうやむやになってしまうのか?

 共産党の小池晃書記局長は民進党の蓮舫代表代行が日本国籍と台湾籍とのいわゆる「二重国籍」ではないかとの疑惑について「3回の参院選で国民の信任を得て公人として仕事をしている。どこに問題があるのか」と擁護し、あまつさえ「(台湾人の)父親が外国籍との理由で排除するのは極めて差別的だ」とも述べています。

 これは蓮舫体制となっても国政選挙で共闘したいという共産党の思惑が透けて見えるもので、野党第一党の党首の二重国籍問題を「極めて差別的」などと公言することは余りにも非常識であり、台湾国に対しても誠に無礼な発言と申せましょう。

 何故なら問題点は『日本国では国会議員の経歴詐称は公職選挙法違反である』という点、そして更に重要なのは『二重国籍を持つ国会議員が果たして日本国の国益を守れるか』、この二点に尽きるからです。

 素人の私でも分りますが、『帰化』を謳って立候補し、当選して国会議員となった時点で公職選挙法に抵触するのです。そして本ブログで何度も申し上げましたが国会議員とは国土を国民を、そして国益を守るのが彼らの仕事の全てなのです。

 従ってこの問題を解決しない限り蓮舫氏の党運営は極めて脆弱なものになり兼ねず、野党第一党の立ち位置さえも危ういものとなってしまいます。以上の理由から蓮舫氏には正面からこの問題に取り組み、国民が納得出来る説明を望み併せて野党第一党としての民進党を強固な組織にして頂きたいと思います。

 私がそれを望むのはやはり二大政党制が日本国にとって大切だと思うからですが、その上で蓮舫氏には次の点を考慮願いたいと考えます。

 申し上げるまでも無く衆議院選挙は政権選択選挙であり、10月23日には東京10区と福岡6区で衆院補選が行われます。

 申し上げたい事は先の参議院選の時と同じような共産党との共闘だけは避けて頂きたい、それは先に述べた衆院選は政権選択選挙だからです。

 共産党は綱領に社会主義、共産主義の実現を掲げ、安全保障では自衛隊の解消と日米安保条約の廃棄などをうたっています。これは民進党の基本政策と全く異なるもので、この二党が共闘することは国民の目に数合わせの野合としか映らず、「政権交代可能な政党に立て直す」と言う蓮舫氏の言葉も色あせてしまいます。

 共産党とはきっぱり縁を切る、蓮舫氏にはその強いリーダーシップを望みたいと思います。
  


Posted by 府中店長 at 08:57Comments(0)店長日記

2016年09月22日

夢、実現か?

 昭和50年頃まで、プロ野球セ・リーグの年間成績は上位3球団と下位3球団が大体決まっておりました。

 上位は中日・阪神・巨人、下位は大洋(現横浜)・国鉄(現ヤクルト)・広島、これはもう球団にお金があるか無いかの違いでございました。だからこそ、貧乏な贔屓チームが上位球団にたまに勝つことがファンの快感だったのございます。

 而して、私の場合未だにカープが横浜やヤクルトに負けても「うんうん、お互い頑張ろうね」とこの2チームに対しては寛容な態度をとりますが、これが中日・阪神・巨人相手に敗れようものなら「くそ、金持ちが弱い者いじめしやがって」と感情的にってしまうのです。

 従ってカープが試合に敗れた場合、対戦相手によって私の不機嫌さが以下の様に変わるのですが、これはもう『三つ子の魂百まで』と申し上げるほかございません。

 横浜<ヤクルト<中日<阪神<巨人

 閑話休題、19日行われた横浜-広島25回戦で横浜が3-1で勝利、初のクライマックスシリーズ進出を決めました。もし横浜がクライマックスシリーズのファーストステージで巨人を破ると誰も予想しなかった広島-横浜のファイナルステージの実現、広島と横浜が日本シリーズ進出を賭けて戦うのです!

 大洋時代からカープと共に長らくセ・リーグの最下位を争った横浜ベイスターズ、この2チームが日本シリーズへの進出を賭けて戦う、こんなシーンは想像することさえ出来ませんでした。

 横浜ファンの皆様、誠におめでとうございます。中には大洋時代からのファンの方も多くいらっしゃることでありましょうし、分けても下関を本拠地とした時代からのオールドファンはさぞお喜びの事と存じます。

 こんな事があるから世の中捨てた物じゃございません。

 今年はカープと横浜にとって千載一遇のチャンス、ぜひこの2チームからセ・リーグの日本シリーズ出場チームが出て貰いたいもの、従って私の願望は以下。

 広島>横浜>巨人

 横浜ファンの皆様、共に頑張りましょうぞ!
  


Posted by 府中店長 at 09:04Comments(0)広島東洋カープ

2016年09月18日

売り出し二日目

 昨日から決算売出し、明日までの三日間の予定ですが昨日の雨には泣かされました。

 当店の決算売出し、今年で26回目を迎えましたが初日の営業時間は午後1時から夜10時まで、これをずっと続けております。「晩ご飯を食べてからでもゆっくり見て頂くことが出来る」、その思いでこの日一日はこんな営業時間にしておりますが昨日はお昼過ぎから雨、夜に入り雨脚が一段と強くなって参りました。

 そんな中でもお客様にご来店頂きましたがやはり雨だと出足は鈍ります。寅さんの「テキヤ殺すにゃ刃物は要らぬ、雨の三日も降ればいい」の名文句が頭を過ぎりました。

 今日予定されていた町内体育大会も昨日の大雨でグランドコンディション不良のため中止とか、今朝もどんよりとした天気ながら今のところ雨は降っておりません。

 残り二日、気合を入れ直して臨みます。
  


Posted by 府中店長 at 09:11Comments(0)店長日記

2016年09月17日

カープ優勝の陰で その2

 この一週間、カープ優勝で浮かれた日々を過ごして参りました。その間、前頭筆頭の隠岐の海は11日の初日から大関稀勢の里関、二日目横綱鶴竜関、三日目横綱日馬富士関、四日目大関照ノ富士関と連破、あまり話題にはなりませんでしたが初日から平幕力士が横綱・大関に対して4連勝したのは昭和以降では初めての快挙と地元紙は称えておりました。

 迎えた15日の五日目、同じ平幕の松鳳山関との一戦を迎えた朝、妻の「もうそろそろ負けるのでは?」の言葉に大きく首肯したものでございました。

 しかし取り直しの一番を制して5連勝、そして昨日は大関琴奨菊関との一番を迎えました。


 確かに完勝は五日目の取り直しで松鳳山関を押し出した一番のみ、あとは本人の「何で勝てているのか?」の言葉通りですがそれでも6連勝は6連勝、地元では隠岐の海を子供の頃から知る近所のお年寄りが「優勝だ!」と大いに気勢を上げられているそうです。

 あと二番勝てば勝ち越し、そうなれば殊勲賞は確実でしょう。

 島根県民の希望の星、隠岐の海よ耐えて勝て!!
  


Posted by 府中店長 at 09:08Comments(0)隠岐の海

2016年09月16日

二重国籍の怪

 日本政府は「二重国籍」を認めていません。国籍法で『原則22歳までに自らの国籍を選択しなければならない』と定めています。つまり日本国では22歳以上での二重国籍は違法なのです。

 また蓮舫氏が自ら日本と台湾の「二重国籍」を事実として認めたのは、党員・サポーター・地方議員票の締め切り日である13日でした。つまり彼らは、蓮舫氏が「二重国籍」を認める前に投票していたことになります。

 実はこの13日の夜、出身大学のOB会島根支部の有志による『月見の宴』を催しておりました。その席上、島根県選出の参議院議員の地元秘書である後輩のM君から「今日、蓮舫氏が二重国籍を認めたそうです」と聞かされました。「そうかぁ、そしたら民進党の代表は前原さんだね」と申しますと、支部長のK先輩が私の言葉に否定的な考えを述べられました。

「だって支部長、二重国籍なんですよ。違法でしょう」
「民進党はそんなこと何とも思わんだろうで」
「そんな馬鹿な、じゃあ蓮舫氏が辞退するとかは?」
「それは絶対に無い」

 結果はK支部長のご指摘通りとなりました。

 野党第一党の党首は政権交代があれば内閣総理大臣になります。もしこの時日台間に有事が発生したとしたら、自衛隊最高司令官である蓮舫氏はどちらを守れと命じるのでしょうか?

 そんな事は有り得ないとは思いますが、国民にそんな危惧を抱かせる代表を選ぶ民進党に「国家統治権」に対する理解があるとは到底思えません。また現岡田代表を始め民進党の一部がこの問題を民族差別であるかのように発言する姿を見るにつけ、日本国民の一人として誠に残念でなりません。

 戦後日本国では二重国籍ながら日本国に住む人には被選挙権が認められて来ましたが、これは戦後占領下に置かれた日本政府がGHQ(連合国軍総司令部)の指示通りに公職選挙法を立法化したものであり、これはGHQによる『日本国の弱体化』を目指したものに他なりません。

 「この国を守るためには憲法改正しか無い」、その思いを強くする今朝でございます。
  


Posted by 府中店長 at 09:15Comments(0)店長日記

2016年09月15日

ターニングポイント

 カープ優勝の興奮もやっと少し落ち着きました。そこで今年のベストゲーム、「こりゃあカープが優勝するで!!」と私が確信した試合を振り返ります。

 それは8月7日、マツダスタジアムでの巨人戦です。

 この試合、カープは2回裏に3点を先制しますが巨人は3回表に3点を取り同点に、その後両チームが小刻みに加点し6-7とカープの1点ビハインドで9回裏の攻撃を迎えました。

 巨人 003|110|200|7
 広島 030|011|10 |6

 この日は3連戦の3試合目、5日の試合を4-5で落し、翌6日の試合も2-3で敗れたカープは巨人とのゲーム差が4.5にと縮まり、この日負けるとゲーム差3.5となり厳しい状態に追い込まれる大切なゲームでございました。

 祈るような気持ちで始まった9回裏、代打西川龍馬選手がセンターフライで一死、続く1番田中広輔選手も同じくセンターフライで二死、カープはツーアウトランナー無しの局面へと追い込まれました。

 続くは2番菊池涼介選手、正直この時には3連敗を覚悟しておりました。また父が生前、「まあカープの選手と巨人じゃあ給料が違うけえの」と達観したように口にしていた言葉を思い出しておりました。

 「まあ、3連敗したって命まで取られる訳じゃ無いけえの」と見続けた画面、このまま負けたら即刻スイッチを切ろうとテレビのリモコンを手にした正にその瞬間でございました。

 投げるは巨人のクローザー澤村投手、迎え撃つはこの日ここまで4打数4安打と絶好調の菊池涼介。

 投じられた1球目にバット一閃、球はあっと言う間にレフトスタンド上段へ飛び込む同点ホームランとなりました。普通なら「よっしゃ~!!」と飛び上がるところでございますが、何と申しましょうか鳥肌が立つような心持ちがして暫く茫然としておりました。

同点ホームランを放ち一塁へ向かう菊池選手

 巨人 003|110|200|7
 広島 030|011|101|7

 続く丸選手が粘って四球、ここら辺りで「丸が盗塁して新井がヒットを打てばサヨナラだがな」とやっと我に返りました。

 1ストライクからの2球目、新井選手が振り切った打球はレフトへ、一瞬レフトライナーかと思いましたがレフトの松本選手が後逸し1塁ランナーの丸選手が長駆ホームインしてサヨナラ勝ち、今度は「ウォ~!!」と吠えておりました。

サヨナラヒットを放ち雄叫びを上げる新井選手

 巨人 003|110|200|7
 広島 030|011|102|8

 信じられないような神懸かった逆転サヨナラ勝ち、緒方監督の言葉を借りれば『神ってる』試合、ゲーム差を再び5.5に広げたカープはその後優勝へとひた走ることになります。

 私にとって今年のベストゲーム、それはこの8月7日、広島-巨人18回戦でございました。
  


Posted by 府中店長 at 07:51Comments(0)広島東洋カープ

2016年09月13日

カープ優勝の陰で

 いや~、カープの優勝と昨日の休刊日で大相撲のことをコロッと忘れておりました。で、今朝の地元紙を開いてビックリ、「ありゃ、隠岐の海連勝だがな」と思わず声が出ました。

 それも何と大関・横綱を連破、本ブログで隠岐の海を取り上げると忽ち連敗街道を突っ走るジンクスはございますが、こんなこと二度と無いと思いますので敢えて書きます。何せ今場所は東前頭筆頭、白鳳の休場はありますが「おそらくは6勝9敗」と見込んでおりましたので。


 「懸賞32本で96万円!」と高笑いの隠岐、まあカープも優勝したし、たまにはこんなことあっても良いよねえ。face_02
  


Posted by 府中店長 at 09:01Comments(0)隠岐の海

2016年09月12日

余波

 世に『デイリースポーツ』と言うスポーツ新聞があります。本社神戸市、従って全国どこで販売されても阪神タイガースの記事が一面を飾ります。まっ、『スポーツ報知』がジャインツ一辺倒と同じなのですがね。

 ところが広島で発行される『デイリースポーツ』に関して言えば全国唯一タイガースの記事が一面じゃない、そうです、何時だって広島カープが一面となるのです。

 私がこの事を知ったのは昨年7月、マツダスタジアムでの中日戦を観戦した翌朝でした。

 早朝に平和公園を参拝したのですが、前夜のカープ勝利に気分を良くした私は『中国新聞』を求めようとホテルへ帰る途中にあったコンビニへ立ち寄ったとお思い願います。

 『中国新聞』とは、一般紙ながらカープの情報量についてはスポーツ紙を凌駕する広島の地元紙です。しかし島根のコンビニではほとんど手に入らない、そこで観戦試合の初勝利を祝って入手しようと思い立った次第です。

 コンビニで中国新聞を手に取り、ふとスポーツ新聞を見るとカープが一面を飾る紙面が目に入りました。手に取ると『デイリースポーツ』、「何でデイリースポーツの一面がカープ?」と思いながらそれも手にレジへ進みました。

「カープが一面、珍しいよね」
「え?」
「いや、デイリーって言えばタイガースでしょ」
「そうなんですか?」
「え?」
「だって、デイリーの一面は何時だってカープですよ」

 レジのお兄ちゃんに聞くと「当然でしょ」と言わんばかりの返答、ここに至り『広島は特別・カープ一面』を知ることになりました。

 前振りが長くなりました。

 今回の優勝に際し、この広島でしか手に入らない『デイリースポーツ』を手に入れたい、それを記念としたい、そう思い立ちました。

 そこで友人の一人に「優勝翌朝の中国新聞とデイリースポーツを送られたし」とメールをしましたら、昨日「宅急便にて発送」との返信が届きました。

 今日着くかな?、とても楽しみです。face_02
  


Posted by 府中店長 at 09:14Comments(0)広島東洋カープ

2016年09月11日

報告

 平成19年に満86歳で亡くなった父が生前よくこう申しておりました、「カープ、もう一回優勝せんかのぉ」と。

 ですから昨夜、心の中で呼びかけました。

 「お父ちゃんやったで、カープが優勝よ!」

 而して、本日二日酔い状態での勤務となっております。face_02

  


Posted by 府中店長 at 09:37Comments(0)広島東洋カープ

2016年09月10日

蘇る金山節

 昭和50年(1975年)のカープ初優勝、RCC中国放送は金山次郎さんの解説に上野隆紘アナの実況、擦り切れるほど聞いた優勝記念のカセットテープも何時の頃からか手元にありません。「あの名調子をもう一度聞きたい」、そう思っておりましたらつい先日RCCさんからこんな商品が販売されているのを知りました。

 【CD】蘇る歓喜の瞬間! カープ初優勝ラジオ実況放送

 税込1,000円、送料210円、合計1,210円。

 飛びつきました、そんで直ぐに申し込みました、そしたら一昨日届きました。


 CDだから擦り切れること無し、死んだら棺桶の中に入れて貰うお宝ゲットの顛末でございました。face_02
  


Posted by 府中店長 at 08:49Comments(0)広島東洋カープ

2016年09月09日

中日大明神

 この一週間、中日球団は対巨人戦に3連勝、そして6日からのカープ戦に3連敗とマジック減らしに大いに貢献して下さいました。J君始め中日ファンの皆様、誠にありがとうございました。お蔭様でマジック1、旨酒を飲む日が近付いて参りました。

 巨人が今日のヤクルト戦に負けるとカープの優勝、それがダメでも明日からの巨人2連戦で決着が付きそうです。しかし明10日は月に一度の頼母子講、事務局を担当する身ではございますが今日優勝が決まらなければお休みさせて頂き、眦決してテレビ観戦をと決めております。

 さて今朝の地元紙、一面トップで錦織君の快挙を称えています。期待膨らむ快勝、次戦もぜひ!

  


Posted by 府中店長 at 09:13Comments(0)広島東洋カープ

2016年09月08日

万端


  


Posted by 府中店長 at 09:07Comments(0)広島東洋カープ

2016年09月06日

200キロの意味

 5日、北朝鮮は日本のほぼ全域を射程に収める中距離の「ノドン」(射程1300キロ)とみられるミサイルを3発同時に発射、防衛省によるとミサイルは約千キロ飛行し北海道・奥尻島西方沖200~250キロの日本の排他的経済水域内のほぼ同じ海域に落下したとの報道です。

 私の住む島根県松江市から直線距離200キロと言えば愛媛県新居浜市辺りになるでしょうか、その近さに慄然とする思いです。皆さんもご自分のお住いの地域から200キロを想像してみて下さい、おそらく私と同じ危惧を抱かれることでありましょう。

 幸い今回も漁船などが被害に遭うことはありませんでしたが、これは『たまたま運が良かった』に過ぎません。また照準がずれ、日本国領土へ着弾することが無いとは言えないのです。

 戦前であればこれはもはや宣戦布告と同義、共産党志位委員長のように「北にリアルな危険は無い」などと戯けたことを言っている場合ではないのです。

 報道は『北朝鮮はミサイルを高く打ち上げることで落下速度を増加させ、迎撃の難易度を高める手法を既に試みている。今回の発射で複数のミサイルを同時に同じエリアに落下させる能力が判明し、自衛隊や米軍の弾道ミサイル防衛システムによる迎撃はさらに困難になる恐れが高まった』と続けています。

 「専守防衛だけでは防ぎきれない」、その思いを強くする今朝でございます。
  


Posted by 府中店長 at 09:26Comments(0)店長日記

2016年09月05日

直撃か

 台風12号の影響でしょうか、当地も先程から雨が降り出しました。7時45分現在台風は下関市の西約70kmを北北東に移動中とか、このままで行けば島根県は今日の午後から夜に掛けて台風の直撃を受けそうです。

 収穫期を迎えた20世紀梨、実って来た稲穂、農家の方は祈るような気持ちで台風の進路を注視されていることでしょう。また9月1日に解禁されたベニズワイガニ漁、帰港を余儀無くされた漁師の皆さんは地団駄を踏む思いとお察しします。

 一昨日、メールを確認した義妹が「5日、松江市内の小中学校は臨時休校だそうです」と教えてくれましたが、それだけ直撃の可能性が高いということなのでしょう。

 ともかく大きな被害が出ないように、それだけを祈り空を見上げる今朝でございます。
  


Posted by 府中店長 at 08:46Comments(0)店長日記

2016年09月04日

一期抜け

 将棋のプロ棋士への最終関門、第59回奨励会三段リーグ戦の最終戦が昨日行われ、藤井聡太三段が1勝1敗で通算成績を13勝5敗とし見事四段への昇段を決めました。


 藤井四段は14歳2カ月、これまでの最年少記録であった加藤一二三(かとう ひふみ)九段の14歳7カ月を62年ぶりに更新する大記録を達成しました。

 また藤井四段は今期から三段リーグに参戦、僅か一期で『地獄の』と言われる三段リーグを抜けることになりましたが、これは21歳2ヶ月の若さで横綱へ昇進した北の湖さんに匹敵する偉業、私はそう思います。

 今期の三段リーグ戦で注目したのが藤井聡太三段、西山朋佳三段、そして里見香奈三段でありましたが藤井三段は一期抜けで四段昇段へ、西山さんは10勝8敗、里見さんは7勝11敗で今期を終えました。

 女性初のプロ棋士を目指す西山さんと里見さん、10月から始まる第60回奨励会三段リーグ戦での活躍を今から楽しみにしております。
  


Posted by 府中店長 at 08:54Comments(0)店長日記