QRコード
QRCODE

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
府中店長
府中店長
オーナーへメッセージ

2016年10月29日

減少一途

 本ブログで何度か申し上げましたが、島根県民歌「薄紫の山脈(やまなみ)」の歌詞の中に『九十万の県民の』との一節がございます。この歌は昭和26年、サンフランシスコ講和条約の締結を記念して県民歌として制定されたのですがその頃は島根に90万の人々が暮していたのです。

 私が生まれたのは5年後の昭和31年(1956年)、それから僅か60年、島根県の人口が69万人を割ったとの報道です。
減少一途

 しかも5年間で2万3千人の減少とか、飯南町も5千人を切って4948人となりました。

 飯南町は平成の大合併により故郷頓原町と赤来町が合併して出来た町ですが、私が子供の頃、頓原だけでも6千人近い人が暮していたと記憶しています。

 飯南町のホームページで確認しますと、昭和35年の国勢調査では当時の頓原町と赤来町を合わせて1万3千人の人口と記されています。それが今ではたった4948人、8千人も減って県内でも有数の超過疎地となってしまいました。

 昭和38年のいわゆるサンパチ豪雪、高度成長期に伴う都会への人口流出など様々な要因があったのでしょうが、それにしてもこれほど人口が減少するとは思いもよりませんでした。

 あと20年、30年も経つと頓原は無くなってしまうのではないか?

 『故郷消滅』、そんな言葉が頭を過ぎる今朝でございます。


同じカテゴリー(店長日記)の記事画像
8強出揃う
手触りが・・・
太っ腹
一票の権利
『このサイトは安全ではありません』
故障?
同じカテゴリー(店長日記)の記事
 8強出揃う (2020-09-21 07:44)
 男たちの旅路 ”車輪の一歩” (2020-09-20 08:07)
 電子マネー決済 (2020-09-18 08:40)
 ネットワークに接続できません (2020-09-17 08:18)
 手触りが・・・ (2020-09-15 08:38)
 浜の真砂は尽きるとも (2020-09-14 08:48)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。