QRコード
QRCODE

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
府中店長
府中店長
オーナーへメッセージ

2019年01月08日

不思議な縁

 昨日、亡き友人Sの二人の娘さんとの再会を記しました。葬儀の時の健気な姿が今でも目に残り、成長した彼女達に一度は会いたいとの思いはございましたが年頃の娘さん、その内に結婚されたらこのまま一生彼女達には会えないかもしれないと半ば諦めておりました。

 それだけにとても嬉しかった、カープ三連覇に勝るとも劣らない幸せな気分を味わったのです。

 すると昨日、午後2時頃でしたでしょうか、町内の居酒『いな葉』の大将I君がやって来ました。新年の挨拶を交わし「どうしたの?」と聞きますと、やおらオーバーのポケットから何やら取り出します。

「何と年末に大掃除をしたらこれが出てきました」
「ん?」
「免許証です」
「えっ、ワシの?」
「そうですそうです、岩門さんのです」
「ホントかね!?」

 彼の言によりますと昨年末の大掃除は徹底を極め普段しないような所も手を抜かずやったと、すると私の免許証が出て来たと、見ると『平成30年09月17日まで有効』の文字、「だったら再発行して貰ってるだろう」と、それで正月明けを待って持参した、こう説明してくれたのです。

 思えば昨年1月の大川出張時、探せど探せどいっかな見つからなかった免許証、それが何と『いな葉』さんにあったとは、そりゃあいくら探しても見つからんはずだわ。

 それにしても凡そ一年ぶりに手元に戻った免許証、一体何時の飲み会で落としたのかな?まあそれはいい、肝心なのはその免許証入れに保管していたある死亡広告です。

不思議な縁

 地元紙に載ったSのもの、私は免許証が見えなくなったことより彼の思い出として所持していたこの死亡広告を失ったことが非常なショックでした。

 奥さんと二人の娘さんのことをブログに綴った日にI君が届けてくれた死亡広告、何か不思議な縁を感じる昨日でございました。

不思議な縁
一年ぶりのご対面


同じカテゴリー(店長日記)の記事画像
祈!初星
訃報続く
田舎医師
松本清張氏と山陰
ふ~ん、館長さんかあ
62歳を一期に
同じカテゴリー(店長日記)の記事
 遂に来た? (2019-06-25 08:55)
 配達されなかった新聞 (2019-06-24 09:27)
 平均賃金と最低賃金 (2019-06-23 08:47)
 企業基金案 (2019-06-22 09:02)
 切り上げ? (2019-06-21 09:06)
 脈絡無し (2019-06-20 06:52)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。